ハンバーグがわかる!その魅力とは

ハンバーグの魅力とは何でしょうか。
ハンバーグの魅力は、子供からお年寄りまで、様々な世代に人気があり、自家製のハンバーグを作る時には、親子一緒に作れる事だと言われています。
ハンバーグというと、子供に人気の料理と考える方が多いのですが、1品でご飯も、野菜も、お肉も一緒に食べられるハンバーグは、どんな世代からも幅広い人気がある代表的な料理です。
そして、ハンバーグ作りが、子供の初めて料理のお手伝いになる事もあり、調理から家族みんなで楽しめるのも、ハンバーグの魅力だと言えるでしょう。
さらに、ハンバーグは、使う牛肉の質によって、様々な味の種類を楽しめるのも魅力だと言われています。

ハンバーグの保存方法

自家製ハンバーグを保存する場合には、冷凍するのが一般的ですが、生のハンバーグを冷凍する派と、焼いてから冷凍する派に別れると言われています。
生のハンバーグを冷凍する方は、解凍してから焼いて食べる事が多いのですが、お弁当などに入れる場合には、焼いてから冷凍して、食べる前にレンジで温めるのがいいそうです。
そして、ハンバーグは、何度も焼くと、おいしい肉汁が乾燥してしまう事がよくあるため、焼いてから冷凍したら、その後は焼かない方がいいと言われています。
ハンバーグの使い方によっても異なりますが、冷凍保存すれば、2週間ほどは問題なく食べられるそうです。

ハンバーグの種類

ハンバーグには、どんな種類があるのでしょうか。
ハンバーグは、調理法や合わせるソース、ハンバーグに混ぜる材料によって、沢山の種類を楽しむ事が出来ます。
まず、ハンバーグの調理法は、挽肉やたまねぎをあわせて焼く事が多いのですが、ソースと一緒に煮込む、煮込みハンバーグも人気があるメニューです。
そして、ハンバーグに合わせるソースも、デミグラスソースや、トマトケチャップ、クリームソースなど、様々な種類を選ぶ事が出来ますから、ハンバーグを作る度に、ソースだけ工夫しても良いでしょう。
さらに、ハンバーグにはたまねぎ以外にも、ピーマンや人参などを細かく混ぜると、ヘルシーなハンバーグが楽しめると言われています。

ハンバーグの有名産地

ハンバーグの産地では、どこが有名なのでしょうか。
ハンバーグは、外国で食べられていた料理の1つなので、「国内の特定の地域がハンバーグの産地として有名」という事はありません。
しかし、ハンバーグには、牛肉、豚肉ともに使われているため、和牛や黒豚が有名な地域では、ハンバーグの通信販売なども行っている事が多いようです。
ハンバーグに使うお肉がおいしいと、それだけでハンバーグの肉汁や風味が増すと言われていますから、普段は高くて手が出せない和牛肉も、ハンバーグなら購入が可能な方も多いと言えるでしょう。
ハンバーグは、国民的な料理の1つですから、その土地のハンバーグを味わってみるのも良いかもしれません。

ハンバーグの価格目安

ハンバーグの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
外食でハンバーグを食べる場合の、価格目安は、定食屋ならハンバーグ定食で1000円ほどからあり、レストランになると、ハンバーグセットで3000円ほどになると言われています。
ただ、これもハンバーグに使われるお肉の種類によって、大きく異なる場合が多く、特に和牛を使ったハンバーグの値段は、通販などでも1つ350円~500円ほどするそうです。
もちろん、自宅での手作りハンバーグであれば、ご飯なども含めて1人前500円程でまかなえますが、外食時にはハンバーグを食べるお店によって、かなり価格目安も異なると言えるでしょう。

ハンバーグの栄養と効能

ハンバーグには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
ハンバーグは、見た目以上にたくさんの具材が含まれているため、野菜とあわせて食べる事で、かなり高い栄養素を1食で摂取出来ると言われています。
まず、ハンバーグには、豚肉と牛肉の挽肉があわせて使われており、いずれの挽肉もタンパク質、鉄分、カルシウム等が豊富に含まれています。
牛肉100%では、少し脂分が強すぎる場合があるのですが、豚肉と合わせる事で、コレステロール値も抑えられるようです。
そして、ハンバーグに含まれるたまねぎは、血液をサラサラにする効果があり、ほうれん草や、人参なども合わせる事で、さらにバランスよく栄養素を吸収出来ると言われています。

ハンバーグのおいしい見分け方

ハンバーグには、おいしい見分けポイントがあるのでしょうか。
おいしいハンバーグを自宅で作る時には、材料選びと調理法の2つのポイントがあります。
まず、材料を選ぶ時には、新鮮な挽肉を選ぶ必要がありますが、この場合には、牛肉7割:豚肉3割の割合であわせるのが良いと言われています。
挽肉は赤身が強い方が、鮮度が良いと言われているので、購入前に確認した方が良いでしょう。
そして、「ハンバーグは、肉汁が出た方がおいしい」というイメージがあるかもしれませんが、肉汁が出ると、ハンバーグのおいしさも一緒に出て行ってしまう為、ハンバーグを焼く場合にも、肉汁が出ないよう、弱火でじっくり焼くのが良いそうです。