ピックル形きゅうの食べ方

ピックル形きゅうは、生食も出来るのでしょうか。
ピックル形きゅうは、きゅうりの一種なので、生食でも問題はありませんが、元々ピクルスに使う為に改良されたきゅうりなので、他のきゅうりのようなシャキシャキ感は、あまり感じられないと言われています。
ピックル形きゅうは、内部が緻密になっており、身がつまっている分、生食にすると、堅くて食べづらいかもしれません。
また、きゅうりは炒め物として使われる事もありますが、その場合も、ピックル形きゅうだと、仕上がりが堅めになってしまうので、違う種類のきゅうりを使うのをオススメします。
ピックル形きゅうは、ピクルスのみに使うのが一番おいしいのです。

ピックル形きゅうの栽培

ピックル形きゅうは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
ピックル形きゅうは、きゅうりの一種なので、初めての方でも、比較的簡単に栽培が可能です。
ピックル形きゅうは、プランターで育てる事も出来、種まきのシーズンは、暖地であれば、4月~5月、中間地は5月~6月、冷涼地は6月~7月です。
大きなピックル形きゅうを育てる為には、十分な水と追肥が重要で、土の乾燥を防ぐ為に、敷きわらを敷くのもひとつのポイントだと言われています。
また、ツルが伸びてきたら支柱を立てておく事も重要で、それ以外に難しい事はありません。
最初は身が小さい場合が多いのですが、6月~9月までが収穫のシーズンです。

ピックル形きゅうの簡単な定番レシピ

ピックル形きゅうの定番レシピと言えば、ピクルスです。
ピックル形きゅうは、元々ピクルスに加工する為に改良されたきゅうりですから、定番レシピもピクルスです。
ピクルスの材料は、お酢500ml、砂糖150g、水150ml、ローリエ1枚、黒こしょう10粒、赤唐辛子1ホール、塩小さじ1、ピックル形きゅう5本です。
ピックル形きゅうは、5センチ弱に切って、堅めに茹でます。
鍋に、きゅうり以外の全ての材料を入れて、煮立たせてから、冷ましておきます。
熱湯消毒した瓶に、きゅうりを入れてから、先ほどの調味料を流し込んで、フタをして冷蔵庫に入れれば、翌日には、食べられるようになります。

ピックル形きゅうのカロリー

ピックル形きゅうのカロリーは、どのくらいなのでしょうか。
ピックル形きゅうは、100gあたり16カロリーを含んでいます。
きゅうりは、元々、水分がとても多い野菜なので、カロリーは野菜の中でも低く、その分、含まれている栄養分も限られてくると言えるでしょう。
そして、ピックル形きゅうは、ピクルスに加工する為に改良された品種なので、ピクルスに加工した場合にも、カロリーが急に高くなる事はありません。
むしろ、ピクルスは、血液をサラサラにするお酢と、利尿効果があるきゅうりが合わさっているので、とても健康的な食べ物だと言われています。

ピックル形きゅうがわかる!その魅力とは

ピックル形きゅうの魅力とはなんでしょうか。
ピックル形きゅうの魅力は、肉厚な分、ピクルスなどの長期保存食の加工に向いていて、味が馴染みやすいという事だと言われています。
ピックル形きゅうは、ピクルスに使う為に改良されたきゅうりの事で、実は太く短いのが特徴です。
ピクルスの種類によっても異なりますが、ピックル形きゅうのように太いきゅうりは、長期保存しても、細いきゅうりのように酸っぱくなりすぎないため、ピクルスにした時に、味が柔らかくなるのも魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、ピックル形きゅうは、細いタイプのきゅうりと比べると、水分が少なく、時間をかけて味がしみ込むという特徴があるそうです。

ピックル形きゅうの保存方法

ピックル形きゅうは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ピックル形きゅうは、ピクルス用に開発されたきゅうりの一種なので、保存する場合にも、ピクルスに加工してしまうのが良いでしょう。
ピクルスの作り方は、人によって異なりますが、ピックル形きゅうの他に、にんじんやブロッコリー、パプリカをいれる方もいますし、シンプルなピクルスが好きな方は、ピックル形きゅうだけで作るのもひとつの方法です。
ピクルスは、手際よくやれば、大体15分ほどで仕込みが終了しますし、使用するスパイスによっても、アレンジが楽しめるため、オススメです。

ピックル形きゅうの種類

ピックル形きゅうには、他にも種類があるのでしょうか。
ピックル形きゅうは、きゅうりの一種で、形が太く短いのが特徴です。
きゅうりというと、細長くていぼがあるのですが、このピックル形きゅうには、いぼもありません。
というのも、ピックル形きゅうは、ピクルスとして使う為に改良された品種で、いぼがない方がピクルスとして食べやすいのです。
また、ピックル形きゅうは、果肉が緻密で、水分量が他のきゅうりの種類に比べて、少し少ないと言われています。
ちなみに、私達が口にする事の多い、白いぼきゅうりをピクルスにすると、味がしみ込み過ぎて、酸っぱくなり過ぎてしまうと言えるでしょう。

ピックル形きゅうの有名産地

ピックル形きゅうの産地は、どこなのでしょうか。
元々、ピックル形きゅうは、ピクルス用に使われるきゅうりとして、ヨーロッパで開発されていたそうです。
アジアでは、お酢で漬けるピクルス自体は、ポピュラーじゃないため、ヨーロッパや、アメリカの方が、ピックル形きゅうの改良は進んでいると言えるでしょう。
最近では、日本国内でもピックル形きゅうが生産されている事もありますが、実際に海外ほどの需要はなく、マクドナルドなどで使われているピクルスの材料も、中国原産の物が多いと言われています。
日本では、ピックル形きゅうよりも、もろきゅうなどの方が、人気が高いようです。

ピックル形きゅうの価格目安

ピックル形きゅうの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
そもそも、ピックル形きゅうは、果実が短く、主にピクルスとして加工する為に改良されたきゅうりの品種です。
日本国内では、漬け物を作っても、あまりピクルスを作る文化がないため、ピックル形きゅうも、企業が大量に仕入れていることが多いと言われています。
ピックル形きゅうが生の状態で販売されている事は、ほぼないので、価格もピクルスに加工された状態で、500gあたり400円~800円ほどだと言えるでしょう。
また、ピックル形きゅうを自宅で栽培する際の種の価格は、150円~200円ほどだと言われています。

ピックル形きゅうの栄養と効能

ピックル形きゅうには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ピックル形きゅうは、形が太く短いきゅうりですが、栄養分は、他のきゅうりの種類とほとんど変わりません。
ピックル形きゅうには、90%以上の水分が含まれており、利尿作用が高いため、デトックス効果もあると言われています。
そして、ピックル形きゅうには、ビタミン、カリウムなどが含まれており、特にカリウムは、体の中にある余分なナトリウムを排出する効果が高いので、高血圧の方にもオススメです。
ちなみに、ピックル形きゅうは、ピクルスに加工する為に開発された品種で、ピクルスに加工した場合には、お酢の効果で、血液がサラサラになると言われています。

ピックル形きゅうのおいしい見分け方

ピックル形きゅうのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
ピックル形きゅうは、あまり生の状態で販売されていないので、生の状態でおいしさを見分ける機会自体が少ないと言われています。
しかし、ピックル形きゅうは、普通の級と比べると、皮の緑色が薄く、全体が太く短いという特徴があります。
また、栄養が行き渡っているピックル形きゅうは、太さが均等で、細長い楕円形の形をしていると言えるでしょう。
ちなみに、ピクルスに加工された状態のピックル形きゅうは、太さによって酸っぱさに違いがあるため、酸っぱいピクルスが好きな方は、細めのきゅうりが入っているピクルスを選ぶと良いそうです。