ピュアホワイトの食べ方

ピュアホワイトは、他のとうもろこしと調理法が違うのでしょうか。
ピュアホワイトは、非常に糖度が高いとうもろこしの一種です。
生で食べられるほど、甘くて柔らかいのが特徴なので、あまり茹ですぎない方が良いと言われています。
特に一人暮らしの方は、ピュアホワイトの皮一枚を残して、ラップで包んでから、電子レンジで3分~5分温めるだけでも、調理が完了します。
皮を1枚残す事で、水分が保たれるため、粒もしぼみにくいと言えるでしょう。
また、生でも食べられるピュアホワイトですが、実際、軽く温めた方が、多くの人は食べやすいと感じるようで、温めてから、少し塩をふりかけると、さらに甘みが増すと言われています。

ピュアホワイトの栽培

ピュアホワイトは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
これは、栽培する地域、気候、面積によっても異なります。
ピュアホワイトは、北海道特産のとうもろこしで、気温差がある土地で育ちやすい種類だと言われています。
しかし、ピュアホワイトは、かなり背が高くなる野菜なので、少なくとも5m以上の畑は必要だと言えるでしょう。
小さなプランターでは、しっかりと根を張れないと言う事もあり、家庭菜園でピュアホワイトの栽培に挑戦する方は少なく、ある程度の土地と、栽培を行う気候などの条件が育たないと、栽培は難しいと言われています。
とうもろこしの中でも、ピュアホワイトは栽培が難しいのも、ピュアホワイトのブランド性だと言えるでしょう。

ピュアホワイトの簡単な定番レシピ

ピュアホワイトは、どんなレシピに使えるのでしょうか。
ピュアホワイトは、糖分が高く、そのまま茹でるだけでも、十分美味しいと言われています。
とうもろこしは、サラダのトッピングにしたり、スープにしたりと、様々な調理法がありますが、ピュアホワイトの場合には、素材のそのものの味を楽しむ事が一番だと言えるでしょう。
また、ピュアホワイトは、収穫した瞬間から、糖分が少しずつ減って行く為、購入後は出来るだけ早めに調理してしまった方が、栄養分も凝縮されていると言われています。
ピュアホワイトは、自然の甘みを活かした食べ方が一番なのです。

ピュアホワイトのカロリー

ピュアホワイトのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
ピュアホワイトは、栄養分が高いため、その分カロリーも高いと言われています。
とうもろこしは、基本的にカロリーが高めなのですが、ピュアホワイトのカロリーも1本180~200カロリーが含まれていると言えるでしょう。
糖分も高いため、お子様にも食べやすいのが、ピュアホワイトの大きな魅力です。
そして、ピュアホワイトには、動脈硬化や、むくみ解消に効果があるビタミン群が豊富に含まれている為、とてもヘルシーな食材だと言われています。
もちろん、食べすぎはよくありませんが、ピュアホワイトのシーズンである夏には、さらに栄養度も高まると言えるでしょう。

ピュアホワイトがわかる!その魅力とは

幻のとうもろこしと呼ばれるピュアホワイト。
ピュアホワイトの魅力は、やはりその甘さでは無いでしょうか。
一般的なピュアホワイトの糖度は約15度。
ぶどうでも13度有れば、かなり甘い方ですから、15度というと完熟メロンとほぼ同じ度数と言う事になります。
夏になると、茹で立ての甘いとうもろこしが本当に美味しいですよね。
しかし!ピュアホワイトの場合は、茹でる必要も無いと言う所がポイントなんです。
なんと、ピュアホワイトは生のまま食べる事の出来る柔らか~いとうもろこしでもあるのです。
さらにさらに、ピュアホワイトの真っ白なつぶが、まさに「幻」という言葉を連想させます。
ピュアホワイトの魅力は見て、聞いて、食べて感じられるものなのです。

ピュアホワイトの保存方法

ピュアホワイトを保存する場合には、皮を剥かないまま、新聞紙に包んで野菜室に保存します。
冷蔵庫の中では、ピュアホワイトを横にせず、縦に立てかけるように保存しましょう。
また、茹であげてから、冷凍保存するのも1つの手で、茹で立てのピュアホワイトの熱が冷めないうちにラップをかけて、冷凍庫に保存します。
解凍するときは、3分ほどレンジにかけるだけなので、最初にまとめて茹であげておいて、冷凍し、好きな時にすぐレンジでチンして食べられるのが魅力です。
しかし、早めに消費しないと、ピュアホワイトの魅力であるせっかくの甘みが弱くなってしまう為、出来るだけ早く食べきってしまうのが一番です。

ピュアホワイトの種類

真っ白な粒に、とっても甘い風味が特徴のピュアホワイト。
ピュアホワイトは、まだ品種が発明されてから年数が浅い為か、ほかの種類は無いようです。
というか、ピュアホワイトを交配して、新しい種類を作ろうとしても、ピュアホワイト独特の真っ白な色合いが黄色がかってしまい、カンタンに新種発明とはいかないのが現状のようです。
そもそも、とうもろこし言うのは、1つの畑で一緒に育てていれば、自然に交配が進む野菜なので、ピュアホワイトを育てている畑では、他の種類のとうもろこしを近くで栽培出来ないのだそうです。
貴重なとうもろこし・ピュアホワイトだからこそ、育てるのがとても大変なのです。

ピュアホワイトの有名産地

幻のとうもろこし・ピュアホワイトの産地と言えば、ご存知の通り北海道です。
北海道の広大で肥沃な土地は、様々な野菜を育てるのに向いています。
しかし、北海道にピュアホワイトの栽培が集中しているのは、なぜなのでしょう。
これは、北海道の気候に秘密が有ります。
「北海道と言えば、寒い所」と思っている方がいるのですが、北海道でも場所によっては夏場30度以上になります。
しかし、日が落ちると急激に冷え込み夜間は夏でも15度程度。
この寒暖の差から身を守る為に、ピュアホワイトは沢山の栄養を蓄えるので、甘く、食感の良い仕上がりになるのだとか。
首都圏や地方では、なかなか手に入らないピュアホワイトも、北海道からお取り寄せで入手が可能です。

ピュアホワイトの価格目安

最近、幻のとうもろこしとして話題になっている「ピュアホワイト」をご存知でしょうか。
ピュアホワイトの何がすごいって、その甘さ。
糖度15(メロンとほぼ同じ)とも言われる甘いとうもろこしであるピュアホワイトは粒が真っ白で、茹でなくても生で食べられるという、びっくり新種のとうもろこしなのです。
沢山のメディアにピュアホワイトが取り上げられてからは、どこでも入手困難になっているピュアホワイトですが、ネットでお取り寄せすると、5本入りで840円ほどが相場です。
と言う事は、ピュアホワイト1本168円ほど。
普通のとうもろこしと比べると、安いとは言えませんが、ちょっとお試し程度なら手が出る値段です。

ピュアホワイトの栄養と効能

ピュアホワイトの真っ白な色や、甘みはよく話題にあがりますが、ピュアホワイトには栄養が有るのでしょうか。
ピュアホワイトは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどを多く含んでいるため、むくみ解消や、動脈硬化予防にも有効です。
しかし同時に、ピュアホワイトのカロリーは思いのほか高いため、ダイエット中の女性には、あまり日常的な摂取は勧められません。
さらに、ピュアホワイトに限った事では有りませんが、とうもろこしの皮は消化に悪い為、あまり食べ過ぎると、胃腸に負担がかかるので辞めましょう。
幻のとうもろこしと言われるピュアホワイトも、美味しいからと言って食べ過ぎてしまわないよう要注意です。

ピュアホワイトのおいしい見分け方

入手困難でネットでしか手に入らないと言われているピュアホワイトですが、ピュアホワイトが沢山栽培されている北海道なら市場などで、ピュアホワイトを目にする事が出来ます。
おいしいピュアホワイトの見分け方は、まず皮付きの緑色の皮が付いている者を選ぶのが大前提です。
よく八百屋さんに行くと、皮がむかれた状態で置かれているとうもろこしがありますが、とうもろこしは、皮がむかれた瞬間から粒の乾燥が始まってしまいます。
ピュアホワイトの高い質を保つ為にも、皮有りのピュアホワイトを選びましょう。
しかし、どれもすでに皮が剥かれてしまっている場合は、粒の大きさが均等で、粒が柔らかいものを選ぶのが良いでしょう。