フェンネルの食べ方

フェンネルには、どんな食べ方があるのでしょうか。
フェンネルは、茎、球根、種も食べる事が出来るハーブです。
フェンネルには、香りがあるので、人によっては好みが別れると言われていますが、サラダから煮物、スープなど、本当に様々な料理に使う事が出来ます。
特に、ヨーロッパでは、フェンネルをピクルスの風味付けに使う事が多く、インドでは、カレーを調理する時に、臭い消しとして、フェンネルを使う事もあるようです。
また、リキュールなどの香り付けにも、フェンネルが使われる事があるので、その点でも、フェンネルの食べ方は本当に幅広いと言えるでしょう。

フェンネルの栽培

フェンネルは、どんな風に栽培したら良いのでしょうか。
フェンネルの植え付けは、3月中旬~4月下旬、9月中旬~10月下旬と言われています。
フェンネルの苗は、ホームセンターなどで販売されているので、比較的簡単に手に入りますし、日当りの良い場所で育てる事で、成長が早くなると言えるでしょう。
土は、少し乾燥していた方が、栽培に適しているので、表面が乾いたら水を上げる程度で地植えなど、外で栽培する場合には、雨が降れば水をやる必要は無いと言われています。
フェンネルの収穫時期は、5月~10月と長く、茎から球根、種に至るまで食用、薬用などの使い道があるそうです。

フェンネルの簡単な定番レシピ

フェンネルのレイバンレシピとはなんでしょうか。
フェンネルの香りを活かしたレシピと言えば、フェンネルのマリネです。
まず用意する物は、フェンネルの球根2分の1、オリーブオイル大さじ1、白ワインビネガー小さじ1、グリーンペッパー少々、塩こしょう少々、ピンクペッパー少々です。
まず、フェンネルを洗ってから、縦に切ってから、くし形になるように切り、沸騰したお湯で3分ほど茹でます。
その間に、オリーブオイル、塩こしょう、ワインビネガーを混ぜておき、ゆであがったフェンネルの水気を切ってから、調味料と混ぜ合わせたら出来上がりです。
フェンネルの優しい香りが活かされて、ちょっとしたオードブルにもピッタリだと言えるでしょう。

フェンネルのカロリー

フェンネルには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
フェンネルには、100gあたり22カロリーが含まれていると言われています。
フェンネルには、茎の部分と球根の部分がありますが、基本的には、低カロリーな食材なので、そこまでカロリーを気にしなくても良いでしょう。
また、フェンネルは、サラダだけでなく、グリル、ソテー、煮込み料理など、本当に様々な料理に応用が利きますから、その点でも、レシピによって、カロリー数が大きく異なります。
ただ、料理にフェンネルの葉を添える程度であれば、カロリーはカウントする必要もないほど低いと言えるでしょう。

フェンネルがわかる!その魅力とは

フェンネルには、どんな魅力があるのでしょうか。
フェンネルの魅力は、香りと、調理バリエーションの多さだと言われています。
まず、フェンネルは、昔から薬用ハーブとして使われてきた植物で、甘い香りがあるので、香辛料の香りが好きな方は、フェンネルにハマってしまう事も多いと言えるでしょう。
そして、フェンネルは、その甘い香りが、お肉や野菜の臭い消しとしても使える為、主に、煮込み料理やスープにするのがおいしいと言われています。
さらに、フェンネルは、生のままサラダで食べる事も出来ますし、オーブン料理につかっても、香りが引き立つのも、フェンネルの魅力だと言えるでしょう。

フェンネルの保存方法

フェンネルは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、生のフェンネルは、収穫後あまり長持ちしないので、その点では、早めに使い切る必要があります。
その間の保存は、ビニール袋などに入れて密閉した状態で、野菜室で保存した方が良いと言われており、この状態で5日以内に食べきるのが良いと言われています。
フェンネルは、あまりポピュラーではないので、知られていない事が多いのですが、生のままサラダにしたり、ソテー、グリル、煮込み料理など、幅広い分野のレシピに対応出来ると言えるでしょう。
ちなみに、フェンネルは、セロリに近い強い香りがあるため、好き嫌いはかなり別れると言われています。

フェンネルの種類

フェンネルには、どんな種類があるのでしょうか。
フェンネルの中でも、代表的な品種は、スイートフェンネル、フローレンスフェンネル、ブロンズフェンネルの3種類です。
まず、スイートフェンネルは、一般にもよく知られている品種で、甘い香りがあるため、薬用だけでなく、食用にも使われています。
そして、フローレンスフェンネルは、株元が太い品種で、その部分は食用にも出来ると言えるでしょう。
さらに、ブロンズフェンネルは、食用にしても、あまりおいしくないので、あくまで観賞用として使われている品種だと言われています。
ちなみに、日本ではあまり人気がなくても、フランス料理では、フェンネルを使う事が多いと言えるでしょう。

フェンネルの有名産地

フェンネルの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
フェンネルの産地は、インドや中国が有名です。
フェンネルの原産もインドや中東だと言われており、インド料理でもフェンネルを使う事が多いため、栽培が盛んだと言われています。
また、日本国内では、岩手県、長野県、富山県で、フェンネルの栽培が盛んで、フェンネルの苗の販売も、これらの件からされている事が多いと言えるでしょう。
ちなみに、フェンネルはガーデニング用だけでなく、食用として販売もされていますし、フェンネルの種は、漢方薬としても使われているので、その点でも、幅広い分野での人気があると言われています。

フェンネルの価格目安

フェンネルの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
フェンネルの苗は、9センチくらいから販売されており、苗のサイズによって価格が異なります。
まず、9センチのポット苗の場合には、1株260円~300円ほどが一般的な価格だと言われています。
そして、10センチのポットになると、価格も1株550円~600円ほどで、業者さんによっては、半年の枯れ保証がついている事もあるようです。
ちなみに、食用のフェンネルは、業者さんの間でやりとりされる場合が多く、一般には、あまり販売されていないため、その価格も業者さんによって、大きく異なると言えるでしょう。

フェンネルの栄養と効能

フェンネルは、甘い香りが特徴的なハーブの一種で、実の部分はたまねぎにも見た目が似ています。
フェンネルは、煮込み料理、焼き物、オーブン料理、生食など、様々な食べ方がありますが、特に、香りに消臭効果があるため、お肉の臭い消しなどに使われているそうです。
また、フェンネルは、消化促進、整腸作用があると言われており、胃腸への負担を軽くしてくれると言えるでしょう。
特に、フェンネルの種は、薬用ハーブとして、昔から使われており、フェンネル原産のインドでは、口臭予防の為に、フェンネルを料理にいれる場合も多いそうです。
フェンネルの効能は、食べる部分によっても異なると言えるでしょう。

フェンネルのおいしい見分け方

フェンネルは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、フェンネルがおいしくなる時期は、10月の下旬~1月の上旬の冬の時期です。
この時期に出荷されるフェンネルは、甘みが強く、香りも良いと言われている為、フェンネルを育てている方も、この時期に合わせて収穫するのが良いでしょう。
そして、フェンネルは、たまねぎのような形に、緑の茎が出ています。
見た目では、表面が白く、茎の部分の緑色が鮮やかで、香りの良いものを選ぶのが、おいしいフェンネルを見分けるコツだと言えるでしょう。
ちなみに、日本国内では、食用のフェンネルの販売量が少ないため、スーパーなどで購入出来る機会は、なかなかないそうです。