フカヒレがわかる!その魅力とは

フカヒレの魅力とは何でしょうか。
フカヒレの魅力と言えば、なんと言っても、フカヒレに含まれるコラーゲンです。
フカヒレは、中国料理の中でも高級な食材として知られていますが、フカヒレスープを1杯飲むだけでも、エステに1回行くほどの美肌効果があると言われています。
また、コラーゲンは、肌だけでなく、体内の細胞を生成するのにも欠かせない栄養成分ですから、血管や細胞に問題がある方などにも、健康効果があると言えるでしょう。
もちろん、フカヒレは、高級な食材なので、滅多に食べる事は出来ませんが、日常では食べられない分、その魅力も大きいと言われています。

フカヒレの保存方法

フカヒレは、高級食材なので、一般家庭で料理に使われる事は、ほとんどありませんが、もしフカヒレを使う事になったら、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
フカヒレは、乾物のひとつとして販売されており、調理前に水に戻して、スープなどの調理に使われます。
ただ、フカヒレは、調理後すぐに食べた方が、フカヒレに含まれるコラーゲンなどの栄養分が破壊されていないため、出来れば保存は避けて、その時に食べてしまった方が良いでしょう。
また、保存が必要な場合には、冷蔵庫で3日ほどの保存が可能ですが、時間が経つとフカヒレ独特の風味や食感も落ちてしまうので、あまりオススメ出来ません。

フカヒレの種類

フカヒレにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
フカヒレは、大型のサメのヒレを乾燥された中華料理の食材で、ヒレの部分や大きさによって、大きくグレードが異なると言われています。
まず「サンチー」と呼ばれるフカヒレは、最初からヒレがほぐれているため、フカヒレの中でも、缶詰やレトルトなど、比較的安価で手に入ると言われています。
そして、手のひらサイズの「ユイチー」というグレードも、フカヒレスープとしてよく使われるそうです。
「パイチー」と呼ばれるフカヒレのグレードでは、大ぶりなフカヒレを指すため、フカヒレの姿煮などに使われています。
ちなみに一番グレードが高い「テンジュウチー」というフカヒレは、食用よりもディスプレーとして展示されている事が多いそうです。

フカヒレの有名産地

フカヒレの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
フカヒレは、中華料理の中でも、高級な食材として知られていますが、輸入のフカヒレだと、シンガポールやインドネシアが多いと言われています。
しかし、日本国内でもフカヒレは多く採られており、日本は世界有数のフカヒレ大国を言われる事もあるようです。
日本国内で有名なフカヒレの産地と言えば、気仙沼なのですが、気仙沼産のフカヒレは、非常に高価なため、中華料理店などでは、中国産の乾燥フカヒレなどを使っている事が多いと言われています。
また、海外では、フカヒレ採取の為のサメ漁を禁止している地域も多い為、今後、フカヒレの価格は、さらに上がると言えるでしょう。

フカヒレの価格目安

高級食材として知られているフカヒレですが、フカヒレスープの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
フカヒレは、中国産の乾燥フカヒレが、高級食材として知られており、高級な中華料理店では、フカヒレスープの価格もかなり高いと言われています。
フカヒレスープの価格は、1人前2000円~数万円と、お店によってかなり差があると言えるでしょう。
特に、フカヒレが1枚入っているスープは、スープだけでもかなりの予算が必要になります。
ちなみに、フカヒレは、スープになると身がほぐれて、春雨のように見える事から、かなりフカヒレスープが安く、フカヒレの形が見えない場合には、春雨が混ぜられている可能性もあるそうです。

フカヒレの栄養と効能

フカヒレには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ご存知の通り、フカヒレには、豊富なコラーゲンが含まれています。
普段、フカヒレを丸ごと食べるという事はないのですが、タンパク質の一種であるコラーゲンは、美肌を作るだけでなく、体内の血管や、細胞を強くする効果もあるそうです。
その為、1杯のフカヒレスープだけでも、かなりの健康効果があると言えるでしょう。
また、フカヒレスープには、フカヒレ以外に、ネギやほうれん草など、シンプルな具材しか含まれておらず、カロリーもほとんどありません。
その点で、フカヒレスープは、とてもヘルシーだと言われています。

フカヒレのおいしい見分け方

フカヒレは、普段食べる事の出来ない高級料理ですから、もし食べる機会があれば、おいしいフカヒレを食べたい物です。
しかし、フカヒレスープとなると、フカヒレが煮くずれて、フカヒレの原型が無くなっていたり、見た目が春雨のように見える事もしばしばです。
初めてフカヒレを食べる方には、フカヒレと春雨の味の違いは分かりませんから、今回はフカヒレと春雨の見分け方を紹介します。
煮くずれたフカヒレは、春雨と見た目がとても似ていますが、春雨の方が少し色に濁りがあり、食感もコシもないそうです。
本物のフカヒレは、張りがあるだけでなく、色も金色に近い透明で、コシがあるので、それでフカヒレを見分けると良いでしょう。