プルーンがわかる!その魅力とは

プルーンの魅力は、調理法によって味のバリエーションが楽しめる事では無いでしょうか。
まず、生プルーンの甘みは、クセの強いプラムと言う感じで、加工したプルーンとは、全く違う風味を楽しむ事が出来ます。
そして、干しプルーンの場合は、小粒状になったプルーンをマメに摂取出来る為、朝食のヨーグルトなどに混ぜ込んでも美味しく頂けます。
さらに、プルーンジャムの場合、干しプルーンよりも味のクセが強い為、人によってかなり好き嫌いが別れます。
実際には、どんな食べ方をしても、プルーンに含まれる豊富な栄養は摂取する事が出来るため、必ずしもこう食べなくてはいけないと言う事は有りませんし、味のバリエーションを楽しみながら、毎日プルーンを摂取する事が大切です。

プルーンの保存方法

プルーンの木って、時期になると本当に沢山のプルーンが実を付けるんでスよね。
その量は、1つの家庭ではとても食べきれない量なので、ご近所にお裾分けしたりするのですが、プルーンを大量にもらった家庭の方も消費に困ってしまいます。
完熟したプルーンは傷みやすいため、早く食べてしまいたいのに、生の状態では、食べる方法もかなり限られている!なんて事も有ります。
そんな時には、プルーンをジャムにして保存するのが一番です。
プルーンを綺麗に洗って種を抜き、数時間お砂糖とお水でコトコトと煮るだけ。
プルーンジャムにすると、生プルーンとは風味がかなり異なりますが、冷凍したプルーンはおいしくないので、やはりジャムにするのが一番です。

プルーンの種類

プルーンにも沢山の種類が有り、種類によって色合いや大きさ、風味もかなり異なります。
日本で一番ポピュラーな種類のプルーンは「シュガー」という品種で、色は紅紫、大きさは50gほどで、かなり甘みが強いのが特徴です。
次に、アメリカ原産の「スタンレイ」という品種は、シュガーよりもやや小粒の40グォドで、濃い紫色をしています。
スタンレイも甘みが強いのですが、シュガーよりも汁気が多いのが特徴です。
さらに、長野県で発見された「サンプルーン」はスタンレイよりも、さらに小粒の30グォドで、黒っぽい紫色をしています。
ほかの種類のプルーンよりも食感が良く、甘みも強いのが特徴です。
普段はあまり気にしないようなプルーンの種類も、沢山有るものなのですね。

プルーンの有名産地

国内プルーンの一大産地と言えば、信州長野県。
長野県のプルーン生産率は、国内プルーンの約6割を占めているほどで、少し町から車を走らせると、多くの民家でプルーンの木を見つけることができます。
プルーンは、湿気の多い地域では上手く育たないため、雨が少ない長野県の気候が、プルーンの栽培には向いているのだとか。
ちなみに、長野県でプルーンの栽培が始まったのは大正時代の事で、実はとってもプルーンの歴史が深い地域こそ長野県なのです。
そんなプルーンは、アメリカのカリフォルニアでも栽培が盛んですが、海外で育てられているプルーンの種類と、国内産のプルーンの種類は異なるため、粒の大きさや、甘みもかなり異なるようです。

プルーンの価格目安

秋口に美味しい時期を迎えるプルーン。
プルーンの木が自宅に有れば、いくらでもプルーンを収穫する事が出来ますが、プルーンってスーパーや八百屋さんで買うと、結構高いんですよね。
例えば、生プルーンをスーパーで買うと、パック売り500g入りで500円から600円で、日常的に食べるには、ちょっと値が張りますよね。
しかし、加工されているプルーンはもう少し、安価で手に入ります。
干しプルーンであれば、500gで300円ほど。
鉄分の多いプルーンは、特に女性が日常的に食べる必要があるため、出来るだけ安価で沢山食べられる干しプルーンがオススメです。
しかし、干しプルーンやプルーンジャムは、生プルーンよりも味のクセが強いのが特徴です。

プルーンの栄養と効能

女性はプルーンを沢山摂取した方が良いのをご存知でしょうか。
プルーンには沢山の栄養が含まれていますが、その中でも多いのが食物繊維、ビタミンC、鉄分です
ご存知の通り、女性は男性に比べて、便秘になりやすい傾向が有りますから、お腹を整える為にもプルーンに大量に含まれる食物繊維は欠かせません。
そして、お肌を美白に保つ事が出来るビタミンCは、老化を防ぐだけでなく、疲れを取ってくれる作用まで有りますし、毎月の整理で不足しやすい鉄分をプルーンで補う事ができます。
もちろん、鉄分の王様と言えば、お肉のレバーですが、レバーは好き嫌いがかなり別れますし、コレステロールも高いので、毎日食べ続ける事は難しいでしょう。
毎日1つのプルーンが、女性の身体を綺麗に整えてくれるのです。

プルーンのおいしい見分け方

秋に季節を迎える生プルーン。
生プルーンはプルーンジャムや、干しプルーンと違って、プラムに似た味をしていて、加工したプルーンの味が好きじゃない方でも、「生プルーンなら食べられる」という方が沢山います。
そんなおいしい生プルーンの見分け方は、まず色です。
濃く綺麗な紫色が、皮全体に広がっている生プルーンは完熟している証拠です。
さらに、触ってみた時にしっかりと柔かくなっているかも確認した上で購入しましょう。
ちなみに、売り場に並んでいる生プルーンは、完熟する前に摘み取られているのが基本ですから、買ったときは少々固めでも、その後2日ほど常温で保存しておくと、完熟しておいしく食べられるようになります。