プロセスチーズがわかる!その魅力とは

プロセスチーズの魅力とは何でしょうか。
プロセスチーズの魅力は、長期の保存が利くため、加工が簡単で、小さなスーパーでも簡単に手に入る事だと言われています。
プロセスチーズは、チーズの中でも堅く、常温のまま長期で保存しても、風味が落ちる事が少ないため、そこまで食べきるのを急がなくて良いというメリットがあります。
そして、プロセスチーズは身が堅い分、細かく削ってパスタなどのトッピングに使ったり、薄く切ってお酒のおつまみにする事が出来、そのままでも、調理してもおいしく頂けるという魅力があると言われています。
ナチュラルチーズに比べると、比較的安く手に入るのも、プロセスチーズの魅力だと言えるでしょう。

プロセスチーズの保存方法

プロセスチーズは、どのように保存するのが良いのでしょうか。
これは、プロセスチーズの種類によって異なりますが、大きな丸形のチーズを1つ購入した場合には、常温保存すると、チーズがさらに醗酵してコクが深くなると言われています。
ただ、プロセスチーズを常温で保存する場合には、プロセスチーズに合った湿度が必要になるため、一般家庭では難しいと言えるでしょう。
プロセスチーズの為の特別な環境が無い場合には、冷蔵庫でそのまま保存するのがオススメで、カットした後には、乾燥を防ぐ為に、ラップしておくのもポイントだと言われています。
ちなみに、スーパーなどの冷蔵コーナーで販売されているプロセスチーズは、冷蔵保存が欠かせません。

プロセスチーズの種類

プロセスチーズは、チーズの工程を含めたチーズの総称で、このプロセスチーズには沢山の種類のチーズが含まれています。
基本的に、一般のスーパーなどで販売されているチーズのほとんどはプロセスチーズで、さけるチーズ、溶けるチーズ、給食用、おつまみ用チーズなども、このプロセスチーズの一種です。
逆に、青カビ、白カビ、モッツァレラチーズなど、柔らかいチーズは、ナチュラルチーズと呼ばれており、チーズの身が柔らかい分、保存が長く利かないと言われています。
プロセスチーズは、乾燥している分、パスタのトッピングなどには向いているとチーズで、価格もナチュラルチーズに比べると安いのが特徴です。

プロセスチーズの有名産地

プロセスチーズの産地では、どこが有名なのでしょうか。
プロセスチーズは、牛乳を原料として作られる堅いチーズなので、国内のメーカーでも沢山作られていると言われています。
もちろん、国内の牛乳の産地として有名な北海道では、プロセスチーズの生産量も多いようですが、プロセスチーズは、ナチュラルチーズよりも保存が利くため、北海道でないと加工が出来ないというわけではありません。
もちろん、プロセスチーズを作る為には、新鮮な牛乳が必要ですし、チーズ文化から言うと、フランスやオランダ、イタリアのチーズの方が、チーズ好きには好まれている傾向が強いと言われています。

プロセスチーズの価格目安

プロセスチーズの価格目安は、いくらぐらいなのでしょうか。
プロセスチーズは、日本国内でも市販されている事が多く、おつまみ用チーズ、給食用チーズ、とろけるチーズ、さけるチーズなどは、いずれも、このプロセスチーズに含まれています。
プロセスチーズは、国内でも広く普及しているため、ナチュラルチーズよりも安価で購入する事が出来、1キロ1500円ほどが相場だと言われています。(ナチュラルチーズの相場は、1キロ2500円~)
ただ、プロセスチーズでも、海外から輸入している物や、チーズの専門店などで販売されている物は、1キロ1700円~2500円ほどになるようです。

プロセスチーズの栄養と効能

プロセスチーズは、沢山の栄養分を含んでいる健康食品のひとつです。
プロセスチーズは、牛乳で作られている為、タンパク質やカルシウムが豊富に含まれていますが、プロセスチーズは、チーズ内に含まれている酸素が少ない分、保存性に優れているという特徴があります。
ただ、プロセスチーズの中には、脂肪分が多いチーズも含まれている為、ダイエット中の方や、血液の脂肪分が気になる方は、低タンパク、低脂肪のプロセスチーズを選んだ方が良いと言われています。
さらに、プロセスチーズは、日常的に食べる事で、崩れた栄養分をバランスよく整えてくれるため、普段あまり食事の栄養に気を使わない方にも、オススメの食品です。

プロセスチーズのおいしい見分け方

おいしいプロセスチーズを見分ける為には、いくつかのポイントを抑える事が大切です。
まず、プロセスチーズは身が堅いのが特徴で、チーズの専門店などでは、一部分が切られ、中が見える状態で販売されています。
その為、プロセスチーズを選ぶ際には、中のチーズの色が白く、中身が詰まった物を選ぶと良いでしょう。
そして、プロセスチーズの皮のそばに、変色した部分がないかも重要なポイントだと言われています。
ちなみに、プロセスチーズは、賞味期限内でも腐ってしまう場合がたまにあるため、購入前にはアンモニア臭のような、刺激臭がしないかどうかも確かめる必要があるでしょう。