ホルモンがわかる!その魅力とは

ホルモンの魅力とは何でしょうか。
ホルモンの魅力は、ホルモンの部位が内蔵部分の1つである為、ビタミンや鉄分など、様々な栄養素を含んでいる事だと言われています。
特に、ホルモンには、ビタミンAや、ビタミンB1など、若返り効果や、疲労回復効果がある栄養成分が多く含まれているため、ホルモンを食べる事で、すぐに身体にパワーが湧いてくるそうです。
そして、ホルモンは焼肉店でも、お手頃な値段で食べられる事が多いため、沢山食べても、お財布を心配しなくて良いというのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、ホルモンは調理が簡単なので、家庭料理にも応用が利きやすいと言われています。

ホルモンの保存方法

ネット通販や、スーパーなどで購入したホルモンは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ホルモンの保存方法は、お肉の部位の中でも比較的簡単です。
まず、すでに冷凍保存された状態で配送されるホルモンの場合には、到着時に箱から出して、そのまま冷凍庫に入れるのがいいそうです。
ホルモンは真空パックなどに入っている場合が多いので、ホルモンを酸化させない為にも、袋を開けない状態で冷凍保存しましょう。
スーパーなどでは、冷蔵保存されているホルモンですが、冷蔵保存だとお肉が劣化してしまうスピードが速いため、出来るだけ早めに食べきるか、冷凍庫に移すのが良いそうです。

ホルモンの種類

ホルモンにも種類があるのでしょうか。
焼肉屋さんで出されるホルモンは、牛肉が多いのですが、最近では、豚肉のホルモンを出すお店も増えてきています。
豚肉のホルモンは、脂分が牛肉のものと比べると、さらに少なく、コラーゲンが豊富にふくまれているため、美容に良いとされています。
そして、ホルモンの味付けには、塩とタレがあるのが一般的で、初めてホルモンを食べる方には幅広い世代に人気のタレ、ホルモン本来の味を楽しみたいなら、塩の味付けがオススメです。
ホルモンは部位の名前なので、種類がないように思われがちですが、どんな食べ方をするかによっても、沢山の違いがあるのです。

ホルモンの有名産地

ホルモンの産地と言えば、どこになるのでしょうか。
ホルモンは、牛や豚肉の部位の中でも、小腸に当たる部分を指すため、ホルモンの産地も牛肉や、豚肉がおいしい地域だと言われています。
お肉が沢山取れる地域では、その分、ホルモンも沢山取れますから、ホルモンの産地とも言えますが、ホルモンだけを販売しているわけではないので、その点であまり広告などを目にする事は少ないそうです。
神戸牛や松坂牛のホルモンという形で売り出している事も少なく、有名な「気仙沼ホルモン」というのも、気仙沼の甘辛い味噌と、ソース味のキャベツを添える気仙沼の味付けの事で、気仙沼産の豚のホルモンを使っているというわけではないのです。

ホルモンの価格目安

ホルモンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、牛肉のホルモンか、豚肉のホルモンかによっても異なりますが、基本的に、牛肉ホルモンの価格は、1人前400円ほどだと言われています。
もちろん、高級な焼肉屋さんで注文するホルモンは、質がいい分、値段も高いのですが、家庭でする焼肉用のホルモンは1人前400円、一般的な焼肉屋さんでは600円~800円ほどになるようです。
ただ、北海道のように、その土地で沢山のお肉が出荷される場合には、さらに値段が安くなる事が多いでしょう。
ちなみに、ホルモンを地方から取り寄せた場合、1キロ3000円~4000円ほどになるそうです。

ホルモンの栄養と効能

ホルモンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ホルモンは、内蔵肉の中でも、脂肪が少なく、コラーゲンが沢山含まれていると言われています。
焼肉というと、カロリーが高く、美容に悪いイメージがあるかもしれませんが、ホルモンは、お肉の部位の中でもカロリーが少なく、特に女性にはオススメです。
そして、ホルモンには、美肌効果や、疲労回復に効果のあるビタミンAが豊富に含まれている為、「最近、少し疲れている」という方も、ホルモン焼きで体力回復出来ると言われています。
ちなみに、ホルモンには、鉄分なども豊富に含まれているため、貧血気味の方にも摂取をオススメします。

ホルモンのおいしい見分け方

ホルモンがおいしいお店には、何か見分けるポイントがあるのでしょうか。
ホルモンを焼肉店で食べる場合には、塩ホルモンを注文してみるのが良いと言われています。
ホルモンの味付けには、一般的に塩とタレがありますが、タレは味が強い分、本来のホルモンの味をごまかせるため、シンプルな塩の方が、ホルモンの質がよくわかるのです。
そして、ホルモンをスーパーなどで購入する場合には、ホルモンの皮の部分がピンク色のものを選びましょう。
ホルモンの皮は、古くなると白くなってくる事が多いため、ピンク色のものの方が鮮度が良いと言われています。
そして、ホルモン自体が肉厚にカットされている事も、おいしさを見分ける上で重要です。