レバニラ炒めがわかる!その魅力とは

レバニラ炒めの魅力とは何でしょうか。
レバニラ炒めの魅力は、自宅で作るのも簡単で、材料費も比較的安く済む事だと言われています。
まず、レバニラ炒めは、牛や豚のレバーをニラやショウガと一緒に炒め、塩こしょうなどで味付けをした、簡単な料理の1つで、材料費もかなり安く上がる料理として知られています。
そして、レバニラ炒めには、鉄分や、ビタミンAなどが豊富に含まれており、安くて簡単な割に、必要な栄養を沢山取れる食材だと言えるでしょう。
ただ、レバニラ炒めは、レバーやニラのクセが強い分、人によって好き嫌いが大きく別れてしまう料理でもあるようです。

レバニラ炒めの保存方法

レバニラ炒めの保存方法には、なにかポイントがあるのでしょうか。
基本的に、レバニラ炒め食べきれなかった場合でも、冷蔵保存するのが良いと言われています。
レバニラ炒めを冷凍保存すると、解凍時に、ニラがシナッとしてしまう事が多く、新鮮なニラの歯ごたえを楽しみたい方には、冷凍保存はオススメ出来ません。
そして、レバニラ炒めに使うレバーも、あまり日にちが経つとよくないので、出来れば、調理から3日以内に食べきった方が良いでしょう。
もちろん、調理前のレバーなら冷凍保存もオススメですが、調理済みのレバニラ炒めは、冷凍保存がベストだと言われています。

レバニラ炒めの種類

レバニラ炒めにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
基本的に、レバニラ炒めは、レバーとニラを炒めた料理なので、調理法に代わりはありませんが、どのレバーを使うかによって、いくつかの種類があるようです。
一般的なレバニラ炒めは、牛のレバーが使われており、鉄分や、ビタミン類が多く、価格もそこまで高くないと言われています。
そして、豚のレバーを使う事で、牛のレバーよりもコレステロール値を抑える事が出来るだけでなく、価格も牛のレバーよりも安くなると言うメリットがあります。
さらに、鶏のレバーを使ったレバニラ炒めもありますが、これは、それなりの量が必要になるだけでなく、栄養素も牛や豚のレバーの方が高い事から、あまりポピュラーではないようです。

レバニラ炒めの有名産地

レバニラ炒めの産地では、どこが有名なのでしょうか。
レバニラ炒めは、中華料理の1つですが、日本国内では、ニラの産地として有名な栃木県で、特に沢山食べられています。
レバニラ炒めは、調理が簡単な分、新鮮な材料を使う事が求められていますから、採れたてのニラを使う事で、レバニラ炒め独特の強い臭いを抑える事が出来ると言われています。
もちろん、牛肉や豚肉が有名な産地でも、レバニラ炒めは食べられていますが、お肉の部位の中でも、レバーはあまり人気がないことから、レバニラ炒めをメインにしているお肉の産地は、ほとんど無いと言えるでしょう。

レバニラ炒めの価格目安

レバニラ炒めの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、レバニラ炒めを食べるお店によっても異なりますが、定食屋さんなどで、レバニラ炒めを食べる場合の価格は、1人前1000円~1300円ほどだと言われています。
もちろん、定食屋さんの場合には、ご飯やお味噌汁も付いてきますから、これだけでも、十分お腹いっぱいになるメニューだと言えるでしょう。
そして、レバニラ炒めを単品で出している場合の価格目安は、1人前500円ほどで、居酒屋や、ネットの通販などでは、このくらいの価格が相場だと言われています。
ちなみに、家庭でレバニラ炒めを作る場合には、4人前でも、1000円以内で済む事がほとんどです。

レバニラ炒めの栄養と効能

レバニラ炒めは、栄養分が豊富に含まれている料理として知られています。
まず、レバニラ炒めに使われているレバーには、鉄分が豊富に含まれており、貧血や、生理中の女性、妊婦の方は、特に沢山摂取した方が良いと言われています。
そして、レバニラ炒めに使われているニラには、βカロテンが豊富に含まれています。
このβカロテンは、身体の中に入ると、ビタミンAになり、身体の免疫力を高める効果が高いようです。
さらに、ニラには、硫化アリルという栄養分が含まれており、この硫化アリルは、豚肉や牛肉に含まれるビタミンB1の吸収を助け、血液をサラサラにする効果があると言われています。

レバニラ炒めのおいしい見分け方

レバニラ炒めにも、おいしさの見分け方法があるのでしょうか。
レバニラ炒めの調理は、炒めて味付けをするだけなので、お店によって調理法の違いが出る事は、ほとんどありません。
しかし、自宅でレバニラ炒めを作る場合には、やはり、レバーとニラが新鮮であると言う条件が欠かせないでしょう。
このレバニラ炒めに使うレバーは、表面のツヤがあるだけでなく、茶色の色が濃すぎ無いものを選ぶのが良いと言われています。
そして、レバニラ炒めに使うニラも、縦に持った時に、葉がしっかりと立っているものが新鮮なので、オススメです。
レバニラ炒めは、調理が簡単な分、素材の味が重要な料理なのです。