ワンタンミーがわかる!その魅力とは

ワンタンミーの魅力とは何でしょうか。
ワンタンミーの魅力は、日本で食べるワンタン麺とは異なり、ワンタンの麺にとろっとしたソースをかけて、麺と混ぜる物で、かけるソースの味も、お店によって異なる事だと言われています。
ワンタンミーのソースは、広東風と福建風の2種類があるのが特徴で、広東風のソースは、麺にかけるだけのとろっとしたタイプが一般的で、福建風は、ソースにワンタンミーの麺をよくからめて食べると言われています。
ワンタンミーのソースは、ピリ辛風に調理されている事が多いのですが、このソースの味わいも、お店によって異なる為、たくさんの違いを楽しめるのも、1つの魅力だと言えるでしょう。

ワンタンミーの保存方法

ワンタンミーは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ワンタンミーは、茹でた麺にからめる為のソースと、具材が乗って出てくる事が多く、調理後のワンタンミーを保存するのは難しいと言われています。
他の麺類もそうですが、一度茹でてしまった麺は、時間が経つとのびてしまいますし、ワンタンミーの場合には、ソースをからめるため、温め直しても麺が乾燥してしまうという特徴があるのです。
その為、ワンタンミーを調理した場合には、その場で食べきるのが基本です。
また、ゆでる前の麺なら、生麺の場合、冷蔵保存で1週間、冷凍保存で1ヶ月ほどの保存が可能だと言われています。

ワンタンミーの種類

ワンタンミーには、いくつかの種類があるのでしょうか。
ワンタンミーは、茹でた麺に甘辛いソースをかけ、麺とあえて食べる事が多いのですが、このソースには、大きくわけて2種類あると言われています。
まず、1つ目は、広東風のソースで、とろみが強いものの、麺にソースをかけるだけで、全体に味が広がるそうです。
そして、2つ目は、福建風のソースで、こちらはさらにとろみが強く、ソースをかけただけでは麺全体に行き渡らない為、麺をソースに和えてから食べるのが一般的です。
また、お店によっては、これらのソースの甘みや辛味にも違いがあり、人気のあるお店では、ソースが辛い事が多いようです。

ワンタンミーの有名産地

ワンタンミーの産地はどこなのでしょうか。
ワンタンミーの産地は、中国です。
日本では、ワンタン麺というと、ラーメンのようになっている事が多いのですが、中国国内では、茹でた麺に特性のソースをかけ、麺と和えてから食べるスタイルが主流だと言われています。
また、中国でワンタンミーを注文すると、ワンタンスープも合わせて出てくる事が多く、この2品だけでも、かなりお腹に溜まるのも魅力の1つだと言えるでしょう。
ちなみに、シンガポールや、マレーシアでは、中国系の出身者が多い為、ワンタンミーが食べられる中国系の屋台や、お店も多いと言われています。

ワンタンミーの価格目安

ワンタンミーの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ワンタンミーは、日本語だと、「ワンタン麺」と呼ばれる麺料理で、国内で食べる場合には、1人前1000円ほどが相場だと言われています。
普段の生活でワンタンを食べる事は少ないかもしれませんが、ラーメン屋さんなら、ワンタン麺を用意している事が多いので、比較的、ワンタンミーも身近な食べ物だと言えるでしょう。
また、中華料理店などで食べるワンタンミーの価格は、国内だと、こちらも1000円ほどですが、中国国内だと400円~500円ほどと、かなり安く、味もいいと言われています。

ワンタンミーの栄養と効能

ワンタンミーには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ワンタンミーには、豊富な炭水化物とタンパク質が含まれており、ワンタンミーに使われる甘辛ソースには、香辛料が沢山入っているため、胃腸への刺激は強いのですが、免疫力を上げたり、身体の代謝を良くする効果があると言われています。
また、ワンタンミーに添えられている豚肉は、カルシウム、ビタミンなどが豊富で、コレステロール値もそこまで高くない事から、健康にとても良いお肉だと言えるでしょう。
ちなみに、ワンタンミーには、ワンタンスープがついてくる事もあるのですが、スープを飲む事で、消化を良くしてくれるという効果があるそうです。

ワンタンミーのおいしい見分け方

ワンタンミーのおいしさは、どんな所で見分けたら良いのでしょうか。
ワンタンミーは、日本のワンタン麺と異なり、麺にソースをかけ、麺に混ぜてから食べるというタイプの麺料理なのですが、ワンタンミーのソースなどは、お店によっても異なるため、見た目だけで、おいしいワンタンミーかどうか判断するのはとても難しいと言えるでしょう。
もちろん、ワンタンミーは、中国国内の麺料理店で食べるのが一番で、店の内装や、ワンタンミーの見た目よりも、現地の口コミや、お店の行列で美味しさを判断した方が良いと言われています。
おいしいワンタンミーを見つける為には、現地情報が欠かせないのです。