中華冷麺がわかる!その魅力とは

中華冷麺の魅力とは何でしょうか。
中華冷麺の魅力は、夏場でもサラッと食べる事が出来、夏場の麺類の中でも、お腹に溜まりやすい事だと言われています。
まず、中華冷麺は、一般に冷やし中華と呼ばれる事の方が多く、夏場の麺類としても非常に人気のある料理だと言えるでしょう。
夏場の麺類と言えば、そうめんやそばなどが挙げられますが、その中でも、中華冷麺は、お腹に溜まりやすく、夏バテをしている時期でも、サラッと沢山食べられるのが魅力です。
また、自宅で作れば、中華冷麺一食で150円ほどなので、家計にも、とても経済的なのが、中華冷麺の大きな魅力だと言われています。

中華冷麺の保存方法

中華冷麺は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
中華冷麺は、すでに調理してある状態だと、麺がのびてしまうため、保存が出来ません。
しかし、麺をゆでる前には冷蔵庫で保存が可能で、市販の中華冷麺なら1ヶ月ほど、手打ちの場合には、1週間ほどで食べきった方が良いでしょう。
そして、中華冷麺に使う醤油ダレ、ゴマダレは、保存出来る期間が異なります。
醤油ダレの場合には、調理から1週間ほど保存が可能ですが、ゴマダレの場合には、悪くなってしまうのが早いので、調理の当日か翌日には、食べきった方が良いでしょう。
中華冷麺は、茹で立ての麺と、出来立てのタレで、すぐに食べきってしまうのが一番なのです。

中華冷麺の種類

中華冷麺には、いくつかの種類があるのでしょうか。
私達が普段食べている中華冷麺は、冷やし中華と同じ麺料理の事で、種類自体は沢山有りませんが、醤油ダレとゴマダレの2種類が用意されている事が多いと言われています。
醤油ダレの中華冷麺は、味全体がさっぱりしていて、麺のほのかな甘みも感じやすいというメリットがあり、ゴマダレの場合には、栄養分が多く、コクが深いという特徴があります。
また、一般に冷麺と言われているのは、韓国・朝鮮風冷麺で、スープ付き冷麺、スープ無し混ぜ冷麺に別れるそうです。
焼肉店で出されている冷麺は、冷やし中華よりも、朝鮮風冷麺が多いと言えるでしょう。

中華冷麺の有名産地

中華冷麺の産地とは、どこなのでしょうか。
中華冷麺というと、中国発祥の料理だと思う方も居るかもしれませんが、中華冷麺は、一般に冷やし中華と呼ばれている麺料理の事で、中華麺を使った日本の麺料理だと言われています。
そして、現在では全国各地に広がっていますが、中華冷麺は、西日本で食べられる事が多いため、西日本の麺料理と言われる事もあるようです。
また、一般に「冷麺」と呼ばれているのは、焼肉屋さんなどでよく出されている朝鮮風の麺料理の事で、こちらは朝鮮地方から伝わって来た朝鮮料理と言われており、基本的には、中華冷麺と関係がありません。

中華冷麺の価格目安

中華冷麺の価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
中華冷麺は、「冷やし中華」としてメニューに載っている事が多いのですが、一般的な定食屋や、レストランで食べる場合の価格は、1人前850円~1000円ほどだと言われています。
ただ、中華冷麺の量は、お店によって異なり、一般的な定食屋でも中華冷麺だけだと、お腹いっぱいにならないと言う事もあるので、自宅で作る方が、お買い得で量もかなり出来ると言えるでしょう。
自宅で作るタイプの中華冷麺は、1人前150円程度で、そこに生野菜を添えるだけだと考えると、かなりお買い得です。
夏場にはかかせない中華冷麺ですから、安く、おいしく食べられるお店を探すのも良いでしょう。

中華冷麺の栄養と効能

中華冷麺には、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
中華冷麺は、冷やし中華の別名で、中華冷麺には、たまご麺が使われているのが基本なので、炭水化物、ビタミンなどを豊富に含んでいると言われています。
もちろん、中華冷麺は、すでに加工されている麺なので、その麺だけで十分な栄養分を取るのは難しいようです。
そして、中華冷麺には、キュウリやトマトなどの生野菜が添えられている事も多く、特にトマトには、豊富なビタミンCが含まれているので、夏バテで疲れ気味の方には、特にオススメの麺料理だと言えるでしょう。
ちなみに、中華冷麺は、醤油ダレよりも、ゴマダレの方が栄養分は多いと言われています。

中華冷麺のおいしい見分け方

中華冷麺には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
中華冷麺は、別名で「冷やし中華」と呼ばれる麺料理の1つですが、おいしさを見分けるポイントとしては、麺の質が関係していると言われています。
中華冷麺は、主に定食屋、焼肉屋など、夏場限定で出される場合が多いのですが、特に麺類にこだわっているお店では、中華冷麺もおいしいそうです。
ラーメン屋では、中華冷麺よりも、つけ麺などの方が、人気があるようですが、麺の質から言っても、ラーメン屋など、麺類を沢山扱っている所の方が、おいしい麺を使っていると言われています。
また、中華冷麺は、ゴマダレより醤油ダレの方が、麺本来のおいしさを味わえるそうです。