串かつがわかる!その魅力とは

串かつの魅力とは何でしょうか。
串かつの魅力は、少しずつ、沢山の種類を食べられるため、小食な女性でも、そのバリエーションを楽しめる事でしょう。
最近では、串揚げの専門店や、レストランも増えてきており、お酒のおつまみとして、夕食として幅広い世代に人気を集めています。
もちろん、串かつは油物なので、食べ過ぎると胃もたれしてしまう事もありますが、串かつに使われている豚肉は、コレステロールを分解する良い脂を含んでいるため、その点では揚げ物に向いていると言われています。
ちなみに、串かつの値段は70円~120円ほどで、お手頃に楽しめるもの、串かつの魅力だと言えるでしょう。

串かつの保存方法

串かつを保存する時には、何かポイントがあるのでしょうか。
串かつは、お肉と野菜を交互に串に刺した状態で揚げる事が多いため、下準備をした状態で長期保存するのは難しいと言われています。
特に、たまねぎや長ネギは、冷凍保存すると、歯ごたえが無くなってしまうため、あくまで食べる直前に串に刺した方が良いでしょう。
スーパーなどでも、串かつが販売されていますが、そのほとんどは、すでにした準備をした状態で販売されていますから、購入後すぐに調理するか、冷蔵庫で2日程度なら保存が利くと言われています。
串かつのお肉の柔らかさや、野菜のシャキシャキ感を味わいたいなら、食べる前に全て調理し、その後もすぐに食べきるのが一番なのです。

串かつの種類

串かつというと、お肉にたまねぎなどを刺して揚げるタイプが一般的ですが、串かつの中にも、様々な種類があると言われています。
特に、串かつが有名な大阪では、エビやイカ、骨付き鶏肉、ウズラのタマゴなどを使う事が多く、そこにあわせる野菜も、シイタケやししとう、ホテト、レンコンなど様々です。
そして、自宅で串かつを調理する場合には、はんぺんや、肉団子も人気があると言われています。
さらに、串かつに使うタレも、甘口タレ、辛口タレ、ポン酢、塩などを好みによって工夫が可能です。
串かつは、シンプルな料理だけあって、様々なバリエーションが楽しめるのが魅力なのです。

串かつの有名産地

串かつの産地と言えば、どこなのでしょうか。
串かつがおいしい地方は全国に広がっています。
串かつ屋が多い事で有名な大阪では、居酒屋のように夜遅くまで開いている串かつ屋も多いと言われていますが、福岡の博多や、東京の赤坂でも、沢山の串かつ屋を見つける事ができるそうです。
もちろん串かつは、料理名の1つですから、その地方で手に入る食材によって、様々な種類の串かつを楽しむ事が出来ますが、最近では、串揚げ料理を専門的に扱う串揚げ屋も増えてきているため、様々な地方で、その土地の串かつを楽しむ事が出来るでしょう。
ちなみに、最近では、1本100円串揚げ屋もオープンしているようです。

串かつの価格目安

様々な味や種類が楽しめる事で有名な串かつの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、串かつを食べる居酒屋などによって異なりますが、一般的な串かつの値段は70円~120円ほどだと言われています。
一般的な居酒屋では、串かつを3本~5本ほどに、まとめて出している事が多いので、一皿の値段は250円~600円ほどになりますが、串かつは、食べられる量に比べて、手間がかかる料理なので、その点で若干値段が高くなっていると言えるでしょう。
ちなみに、中には、串揚げを専門的に扱う、串揚げ100円ショップなどもあり、串かつ好きにはたまらないと言われています。

串かつの栄養と効能

串かつには、どんな栄養が含まれているのでしょうか。
これは串かつの種類によって異なりますが、串かつに使われる豚肉には、豊富なタンパク質や鉄分が含まれているため、虚弱体質を直したり、骨や血液、筋肉を作る上で、重要だと言われています。
そして、串かつは、お肉と野菜を交互に刺して作られるのが一般的で、その野菜として使われるたまねぎや長ネギには、血液をサラサラにする効果があるそうです。
油物を食べ過ぎると、血液がドロドロになってしまいがちですが、そこで、しっかりとたまねぎや、長ネギなどを食べる事で、血液を正常に保つ事が出来ると言われています。

串かつのおいしい見分け方

串かつのおいしい見分けはあるのでしょうか。
これは、串かつを扱っている居酒屋やレストランによって異なる為、地元の人に効いてみるのが1番ですが、特に大阪には、おいしい串かつ屋さんが沢山有ると言われています。
居酒屋も含んでいる串かつ屋さんだと、夜の11時頃まで開いている場合も多く、夕食としてだけでなく、お酒のおつまみとして楽しみたい方にはオススメです。
そして、一般の居酒屋でも、串かつをメニューの1つとして出している事が多いのですが、やはり串かつや、串揚げの専門店に比べると、こだわりが少ないため、値段はそこまで高くなくても、専門店の方がおいしい事が多いようです。