味噌汁がわかる!その魅力とは

味噌汁の魅力とは何でしょうか。
味噌汁の魅力は、具材の種類が多く、「味噌汁」というベーシックなスープでも、具材次第で、バリエーションを楽しめる事だと言われています。
まず、味噌汁のオーソドックスな具材と言えば、豆腐やワカメ、油揚げなどですが、アサリやシジミの味噌汁も人気があります。
小松菜や白菜などを味噌汁に入れる家庭もありますし、きのこ類なら、やはりなめこの味噌汁が人気だと言えるでしょう。
具材によって好き嫌いがあっても、味噌汁が嫌いという人はあまり居ませんし、バリエーションがある分、毎日飲んでも飽きないのが、味噌汁の魅力だと言われています。

味噌汁の保存方法

調理済みの味噌汁は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
これは具材によっても異なります。
まず、味噌汁の具材の中でも、傷みやすいのがアサリやシジミなどの貝類、なめこなどのきのこ類なので、これらの味噌汁は、調理の当日か、次の日までには食べきった方が良いでしょう。
そして、ネギや大根、小松菜などの野菜系の具材を使った味噌汁は、具材自体が悪くなる事はあまりないのですが、お味噌の風味が消えてしまう前に食べきるのがベストです。
その為、調理から3日以内には食べきった方が良いでしょう。
ちなみに、味噌汁の保存は冷蔵庫で行い、食べる前に暖めるのが一番です。

味噌汁の種類

味噌汁には、どんな種類があるのでしょうか。
味噌汁は、数あるスープ類の中でも、特に具材によるバリエーションが多いと言われています。
まず、味噌汁の具材として一般的なのが、豆腐や油揚げ、アサリなどです。
これらは、日本食ならどんな食事にも合いますし、栄養分が豊富なのも魅力だと言えるでしょう。
また、ワカメなどの海草類も、味噌汁の具材として人気がありますし、白菜や小松菜、ごぼうなどの野菜類だけを入れても、ヘルシーな味噌汁になります。
さらに、なめこや、しめじ、えのき、しいたけなどのきのこ類を入れても、食物繊維が豊富でオススメだと言えるでしょう。

味噌汁の有名産地

味噌汁の産地とは、どこなのでしょうか。
味噌汁は、昔から全国的に作られて来た伝統的なスープのひとつで、具材によって、沢山の種類がある事から、産地を限定するのは難しいと言われています。
味噌汁のダシも、カツオだし、昆布だしなど、家庭によって異なりますし、具材も海草類、貝類、きのこ類、野菜などによって、産地の指定が異なるでしょう。
ただ、味噌汁の魅力は、どんな具材でも、基本的に合う事が多いため、場所を選ばず、おいしい味噌汁を作れる事だと言われています。
おいしい貝類、新鮮なきのこ、野菜などが手に入った時にも、さっと味噌汁にして、食卓に並べる事が出来るのが、味噌汁の人気の秘密だと言えるでしょう。

味噌汁の価格目安

味噌汁の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
味噌汁は、日本の伝統的なスープと言う事もあり、定食屋や、牛丼屋でも、よく出されているメニューのひとつです。
外で味噌汁を頼んでも、その価格は150円~250円ほどで、具材によっても異なりますが、それほど高い物ではありません。
特に、定食屋では、「味噌汁付きで、定食がいくら」というのが一般的なので、その点でも、味噌汁の価格は安めだと言えるでしょう。
また、フリーズドライのインスタント味噌汁の価格も、1杯100円ほどですから、お手頃価格で飲みやすいスープのひとつだと言われています。

味噌汁の栄養と効能

味噌汁には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
これは、味噌汁に居れる具材にもよって異なりますが、味噌汁に使われる味噌には、タンパク質、イソフラボン、大豆ペプチドなどが豊富に含まれており、血流を良くしたり、基礎代謝を上げてくれる効果があるそうです。
そして、味噌汁の具材になる海草類には、身体のバランスを整える為の、豊富なミネラルが含まれており、きのこ類なら、お腹の調子を良くする食物繊維が多いと言われています。
また、味噌汁を飲む事で、消化を助ける効果がある為、1日に何回か食事と合わせて味噌汁を飲む事で、肥満を防止する効果もあるそうです。

味噌汁のおいしい見分け方

味噌汁のおいしさは、どこで見分けるのが良いのでしょうか。
味噌汁のおいしさは、具材によっても異なりますが、良い味噌を使った味噌汁は、やはりおいしいと言われています。
では、どうやって、おいしい味噌を見分けたら良いのでしょうか。
まず、味噌汁で使われる事の多い赤みそですが、赤みそは、全体的に色が行き渡っており、くすみや、部分によって色合いの違いがない味噌を選ぶのが良いと言われています。
そして、離水が起きている味噌は、照りがあまりないことが多いので、色合いだけでも、おいしい味噌を見分けられるでしょう。
白みそも、小さなツブツブが見え、色の映えが良いものを選ぶと良いそうです。