四葉きゅうりの食べ方

四葉きゅうりを食べる時には、何か下準備がいるのでしょうか。
四葉きゅうりは、生食も出来る野菜なので、下準備は必要ないと言われています。
きゅうりの皮が分厚いと、少し皮をむいてから食べる方もいるのですが、四葉きゅうりは、皮の薄い白いぼきゅうりの一種なので、皮をむかない方が、むしろシャキシャキ感を楽しめると言えるでしょう。
ただ、保存の段階で、鮮度を落とさない為に水分を拭き取っておく事が、大切だと言われています。
ちなみに、四葉きゅうりは、野菜スティックにしてもおいしいですし、漬け物にしたり、炒め物の具材として使ってもおいしいと言われているので、様々なレシピのバリエーションを試してみるのがオススメです。

四葉きゅうりの栽培

四葉きゅうりを家庭菜園で栽培する事は出来るのでしょうか。
答えは「出来ます」。
四葉きゅうりは、大きめのプランターでも、株観を40センチくらいに出来れば、一般家庭でも栽培が可能なのです。
種は、2、3粒ずつまき、水やりは基本的に午前中に行うのが良いでしょう。
四葉きゅうりの根は浅く広がる傾向があるため、プランターでも、水やりや温度調節に気を使えば、ツルも育ってくると言われています。
果実の長さが30センチ弱になれば、収穫出来るのですが、最初のうちは、そこまで大きく育たないので、いくつか間引きをして、育てる事も必要だと言われています。

四葉きゅうりの簡単な定番レシピ

四葉きゅうりには、どんなレシピがあるのでしょうか。
四葉きゅうりは、主に生食、漬け物として食べられる事が多いと言われています。
シャキシャキとした食感が魅力なので、浅漬けやピリ辛漬けなどのさっぱりした漬け物だと、とてもおいしく、市販の四葉きゅうりの漬け物も人気があると言えるでしょう。
自宅で四葉きゅうりの浅漬けを作る場合には、四葉きゅうり3本を乱切りにして、砂糖大さじ1、塩大さじ半分強、水大さじ3をポリ袋にきゅうりと一緒にいれて揉みこみます。
冷蔵庫で1時間から2時間ほど保存すれば、簡単に出来るので、ちょっとしたおかずに作ってみるのも良いでしょう。

四葉きゅうりのカロリー

四葉きゅうりには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
四葉きゅうりには、100gあたり、16カロリーが含まれています。
この四葉きゅうりの約96%は、水分で出来ている為、カロリーは低めですし、夏に食べる事で、体を冷やし、要らない水分を体外に排出してくれる分、ダイエットにも効果があると言われています。
しかし、四葉きゅうりをダイエットに利用するなら、夏の時期に限った方が良いと言われており、これは、四葉きゅうりに含まれる水分が体を冷やしてしまうだけでなく、旬でない時期のきゅうりは栄養価も低い為です。
健康的にダイエットをするなら、カロリーだけでなく、旬の食べ物の栄養価もしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。

四葉きゅうりがわかる!その魅力とは

四葉きゅうりの魅力とはなんでしょうか。
四葉きゅうりの魅力は、きゅうりの中でも、歯ごたえが良い事だと言われています。
きゅうりというと、定番の野菜なので、あまりこだわりを持って選ぶ方は少ないと言われていますが、四葉きゅうりは、漬け物に加工した時のシャキシャキ感が、普通のきゅうりよりも断然良いと言われており、高級なきゅうりだと言えるでしょう。
きゅうりの価格は、1本30円~50円ほどですが、四葉きゅうりの場合には、1本100円ほどするので、きゅうりにしては、少しお高いのですが、一度は食べ比べをしてみると、きゅうりに対する感覚も変わると言われています。

四葉きゅうりの保存方法

購入した四葉きゅうりは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、生の四葉きゅうりを購入した場合には、水分を拭き取って、ポリ袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室で保管します。
水分がついていると、四葉きゅうりの鮮度がどんどん落ちてしまいますから、軽く布で拭いてから保存する事が、とても大切なのです。
そして、四葉きゅうりのシャキシャキ感は、日数が立つごとに減ってくるので、数日使わないまま保存しておくよりも、早いうちに漬け物に加工してしまった方が良いと言われています。
あさ漬けや、ピリ辛漬けなどは、簡単に出来ますから、四葉きゅうりの鮮度が落ちる前に作ってしまった方が良いでしょう。

四葉きゅうりの種類

四葉きゅうりには、どんな種類があるのでしょうか。
四葉きゅうりは、その名の通り、きゅうりの一種なのですが、種類の中でも、白いぼきゅうりの部類に位置しています。
白いぼきゅうりというのは、生産量の9割を占めている人気のある種類で、皮についているいぼの先端が白く、皮が薄いという特徴があります。
中もシャキシャキとしているため、漬け物などに向いている種類だと言えるでしょう。
実際に、四葉きゅうりも浅漬けや、ピリ辛漬けなどに向いている品種で、特に歯切れが良いのが、四葉きゅうりの一番の魅力だと言われています。
漬け物の他にも、四葉きゅうりは、生食でも、炒め物でも、おいしく食べられるそうです。

四葉きゅうりの有名産地

四葉きゅうりの産地は、どこなのでしょうか。
四葉きゅうりの産地と言えば、岩手、福島、群馬県などが有名です。
しかし、最近では、セシウムを含んでいる四葉きゅうりが、検査に通らないという言う事もあり、中国からの輸入四葉きゅうりが販売されている事が多いようです。
もちろん、四葉きゅうりは、家庭菜園でも育てる事が出来るので、全国各地で栽培自体はされていますが、収穫量で言えば、東北がやはり多いと言われています。
ちなみに、漬け物メーカーでは、特に歯切れの良い四葉きゅうりを、中国で栽培・加工し、国内で販売している事がほとんどだと言えるでしょう。

四葉きゅうりの価格目安

四葉きゅうりの価格は、1袋2本入りで210円~だと言われています。
これは、販売先によっても異なるのですが、四葉きゅうりは、独特の歯ごたえが魅力的なきゅうりで、特に漬け物にすると、おいしくし上がると言えるでしょう。
そして、四葉きゅうりは、漬け物に加工された状態で販売されている事も多く、その価格は、1袋2本入りで500円ほどだと言われています。
もちろん、自分で浅漬けなどにした方が、価格としては安くなりますが、一度は、ブランドの漬け物の味を試してみるのも良いでしょう。
ちなみに、四葉きゅうりの漬け物は、デパ地下やネットを中心に販売されています。

四葉きゅうりの栄養と効能

四葉きゅうりには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
四葉きゅうり、シャキシャキとした食感が特徴的なきゅうりですが、栄養分としては、他のきゅうりとほとんど変わりません。
四葉きゅうりの96%は水分で出来ている為、栄養分よりも、水分をしっかり摂って、体を冷やす効能のある野菜だと言えるでしょう。
しかし、四葉きゅうりに含まれる水分は、ただの水ではなく、利尿作用のある水分ですから、体のむくみを取ってくれる効果もあると言われています。
もちろん、四葉きゅうりは、夏野菜ですから、夏バテしていても食べやすいですし、体を冷やしてくれる効果があるのですが、冬に食べると体が冷えてしまうので、注意した方が良いでしょう。

四葉きゅうりのおいしい見分け方

四葉きゅうりは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
四葉きゅうりは、皮表面に細かいトゲが沢山あるきゅうりです。
その為、表面を見た時に、しっかりトゲが立っている物の方が、鮮度が良くおいしいと言えるでしょう。
そして全体の太さも均一な方が、栄養分がまんべんなく行き渡っている証拠なので、おいしいと言われています。
ただ、四葉きゅうりは、あまりたくさんのスーパーで販売されていないので、その点でも、実物を見てから購入するのが難しくなってきていると言えるでしょう。
また、ネットで四葉きゅうりを購入する場合には、実績のある会社から購入する事も大切です。