堀川ごぼうの食べ方

堀川ごぼうの食べ方には、どんな種類があるのでしょうか。
堀川ごぼうは、ごぼうの中でも、身が柔らかく、アクが少ない種類なので、煮物だけでなく、肉詰めや、ポタージュとして食べられる事が多いようです。
もちろん、生でサラダにする事は出来ませんが、千切りにした堀川ごぼうを湯がいて、その後、サラダの上に乗せても、堀川ごぼうの香りが引き立っておいしいと言えるでしょう。
ちなみに、堀川ごぼうは、元々京野菜として知られているのですが、現在では、堀川ごぼうの生産量が少ない事もあり、一般家庭で堀川ごぼうを使う事が、かなり少なくなってきました。
価格も、普通のごぼうと比べるとかなり高いので、料理屋さんなどで出される事の方が多いでしょう。

堀川ごぼうの栽培

堀川ごぼうの栽培法をご存知でしょうか。
堀川ごぼうは、ごぼうの種類の中でも、変わった栽培方法で育てられています。
この堀川ごぼうには、春まきと秋まきがあるのですが、ごぼうが大きくなってきてから、一度ごぼうを掘り出して、横にした状態でもう一度埋めて育てます。
横にする事で、堀川ごぼうが太く成長すると言われており、実際に堀川ごぼうの太さは、6センチ~10センチになるものもあると言われています。
また、堀川ごぼうは、香りが強いため、肉詰めにして食べると、堀川ごぼう独特の香りを楽しめると言えるでしょう。
ちなみに、堀川ごぼうは、生産量がとても少ないため、一般には、ほとんど手に入らないそうです。

堀川ごぼうの簡単な定番レシピ

堀川ごぼうのオススメレシピとして、よく紹介されているのが、「堀川ごぼうの肉詰め」です。
材料は、堀川ごぼう2分の1本、にんじん2分の1本、ねぎ1本、牛挽肉200g、卵1個、だし汁2カップ、酒大さじ1、小麦粉大さじ2、お酢少々、そして、調味料として塩少々、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ2です。
作り方は、皮をむいた堀川ごぼうを10センチほどの長さに切り、お酢を入れたお湯でした茹でをします。
ねぎとにんじんは、みじん切りにして、挽肉と卵、塩を入れて混ぜます。
ごぼうの穴をそその得たら、穴の中に小麦粉をふりかけて、先ほどの肉類をごぼうにつめて、だし汁と調味料を煮立て、火が通るまで煮込めば出来上がりです。

堀川ごぼうのカロリー

堀川ごぼうのカロリーは、どれくらいなのでしょうか。
堀川ごぼうには、100gあたり65カロリーが含まれています。
ごぼうは根菜なので、普通の葉もの野菜などと比べて、栄養分が凝縮しており、その分、カロリーも他の野菜よりも、多めになっているそうです。
しかし、堀川ごぼうには、食物繊維、ビタミンC、カルシウムなども豊富に含まれていますから、その点では、かなりヘルシーな食材だと言われています。
また、堀川ごぼうは、他の野菜やお肉と一緒に煮物として食べられる事が多いため、1品の料理でも、バランス良く栄養を取れるのが大きな魅力でしょう。

堀川ごぼうがわかる!その魅力とは

堀川ごぼうの魅力とはなんでしょうか。
堀川ごぼうの魅力は、身が柔らかく、栄養価に優れている事だと言われています。
普通、ごぼうと言えば、かなりじっくり火を通さないと食べにくい、堅い野菜だと言われていますが、堀川ごぼうは、ごぼうの中でも、かなり柔らかいため、火を通す時間が短い分、ごぼう本来の味を残す事が出来ると言えるでしょう。
そして、堀川ごぼうは、アクが少ないため、調理の手間も少なくなると言うのは、大きな魅力だと言われています。
さらに、堀川ごぼうには、カルシウムやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれている為、健康への効果も高いと言えるでしょう。

堀川ごぼうの保存方法

堀川ごぼうは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
まず、土つきの堀川ごぼうの場合には、新聞紙にそのまま包んで冷蔵庫に立てかけて保存します。
立てかけて保存する事で、鮮度が保たれるため、栄養分も失いにくいと言われています。
また、夏の間は、高い気温でごぼうも傷みやすいので、その点でも、冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。
堀川ごぼうには、土つきの物と、そうでない物がありますが、土は乾燥からごぼうを守ってくれるため、食べる直前まで洗い流さない方が良いそうです。
ちなみに、保存は土つきの物で1週間ほど、土を洗った物で、3日ほどなので、すぐいつ買い切れない場合には、軽く茹でて水気を取ってから、袋に入れて冷凍するのが良いでしょう。

堀川ごぼうの種類

堀川ごぼうには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、堀川ごぼうは、京都の伝統野菜として知られており、長さは50センチ、太さが8センチほどになる事もある大型のごぼうです。
この堀川ごぼうは、栽培の段階で、一度土から出して横にした状態で、栽培を続けるという方法をとっており、そうする事によって、太いごぼうに育つと言われています。
また、その他に、太いごぼうと言えば、大浦ごぼうと言って、長さは60センチ、太さは10センチにもなるごぼうがあります。
しかし、この大浦ごぼうも、堀川ごぼうと同じように生産量が少ないため、一般家庭ではほとんど食べられていない、高級なごぼうだと言えるでしょう。

堀川ごぼうの有名産地

堀川ごぼうの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
堀川ごぼうは、元々京都の野菜として親しまれてきました。
その為、今でも、京野菜のひとつとして、知られていますが、生産量自体はとても少ないため、全国規模ではあまり知られていないと言われています。
堀川ごぼうの価格も普通のごぼうの2倍以上しますから、かなり高級な料理店でしか、堀川ごぼうを扱わないですし、1本が500gほどと多いため、その点でも、一般家庭では少し使いづらいかもしれません。
ちなみに、堀川ごぼうは、香りが良いだけでなく、身が柔らかく、アクが少ないという特徴があります。

堀川ごぼうの価格目安

堀川ごぼうの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
堀川ごぼうの価格は、500gあたり、1800円ほどだと言われています。
普通のごぼうの価格と比べると、堀川ごぼうの価格は、2倍以上になるのですが、堀川ごぼうは、1本が500gほどと大きく、身も柔らかく、栄養価が高いという特徴があるそうです。
そして、堀川ごぼうは、高価なごぼうなので、一般のスーパーでは販売されておらず、一部の野菜販売所や、ネットなどを通さないと、購入するのが難しい野菜だと言われています。
ちなみに、堀川ごぼうは肉詰めやボタージュなど、様々な料理に応用が利くと言えるでしょう。

堀川ごぼうの栄養と効能

堀川ごぼうには、どんな栄養分がふくまれているのでしょうか。
堀川ごぼうは、食物繊維だけでなく、カルシウムやビタミンCが豊富に含まれています。
堀川ごぼうは、ごぼうの種類の中でも、特別に栄養素が高い種類で、腸の具合を整える食物繊維も、普通のごぼうと比べると1、5倍になります。
そして、堀川ごぼうに含まれるカルシウムは、イライラを抑えて、骨を強くする効果があるため、気持ちが落ち着かない方にもオススメですし、骨粗しょう症の予防にも役立つと言えるでしょう。
さらに、堀川ごぼうに含まれるビタミンCは、肌をキレイにするだけでなく、若返りや、疲労回復の効果もあると言われています。

堀川ごぼうのおいしい見分け方

堀川ごぼうにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
堀川ごぼうは、太さがある程度均等で、弾力があるものが良いと言われています。
ごぼうというと、土がついているため、色などでおいしさを判断しづらいのですが、土がついている物の方が、ごぼうを外気の乾燥から守ってくれる効果があるので、鮮度も保たれると言えるでしょう。
また、ひげ根が少ない方が、栄養分も堀川ごぼうにギュッとつまっているため、意識して、ひげ根の少ない物を選ぶのがオススメです。
ちなみに、堀川ごぼうは、1本の重みが500gほどもある大型のごぼうですから、購入する場合も、重みがあるものがおいしいと言われています。