大豆油がわかる!その魅力とは

大豆油の魅力とは何でしょうか。
大豆油の魅力は、揚げ油やサラダのドレッシングとして使う事で、大豆に含まれる豊富な栄養分を摂取出来るだけでなく、価格が比較的安い事だと言われています。
まず、大豆油の原料は、その名の通り大豆で、大豆油を摂取すると、大豆の栄養分も十分に摂取出来るそうです。
大豆には、イソフラボンやタンパク質などが豊富に含まれていますから、健康への効果は非常に高いと言えるでしょう。
そして、大豆油の国内消費量は、菜種油の次に多い為、一般にも多く出回っている分、価格が安いのも、大豆油の大きな魅力です。
健康的で安価な油を探しているなら、大豆油がオススメだと言えるでしょう。

大豆油の保存方法

大豆油は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
大豆油の保存方法は、他の油の保存方法と変わりが無く、常温で保存するのが良いと言われています。
ただ、大豆油は、湿気と熱に弱いという特徴があるため、出来るだけ、日の光が当たりそうな場所での保存は避け、戸棚などに保存するのが良いでしょう。
そして、大豆油は、油の質を保つ為にも、開封から3ヶ月以内には使い切った方が良いと言われています。
大豆油は、そこまで香りが強い油ではないので、3ヶ月を過ぎても、そこまで大きな違いは感じないかもしれませんが、長い間、空気に触れていると、油自体が酸化して、含まれている栄養素が崩れてしまうので注意しましょう。

大豆油の種類

大豆油にも、種類があるのでしょうか。
大豆油は、大豆の種子から絞った油の事で、大豆の種類による商品の差はないため、他の油のように、たくさんの種類があるというわけではないようです。
ただ、大豆油の一部は、マーガリンの加工用原料として使われる事もあり、食用の油としてだけでなく、マーガリンとしても、日常的に口にしていると言われています。
中には、国内産の大豆を使った大豆油と、海外から輸入した大豆を使った大豆油で、商品が別れている事もあり、国内産の大豆は、香りも強く、質が高いため、海外産の大豆を使った大豆油よりも、割高で販売される事が多いようです。

大豆油の有名産地

大豆油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
まず、国内の大豆の産地としては、北海道、秋田県、宮城県など、北部が有名だと言われています。
特に、北海道産の大豆は、気候の影響も合って、味が濃く、香りも強いため、醤油だけでなく、大豆油にされる事もあるようです。
しかし、大豆油の原料として使われている大豆のほとんどは、海外から輸入した物で、アメリカやブラジル、カナダ、中国からの輸入が特に多いと言われています。
日本国内では、大豆を醤油にするだけでなく、味噌や納豆などに加工する事が多いため、大豆そのものではなく、大豆の種子から採られる大豆油も、人気が高いと言えるでしょう。

大豆油の価格目安

大豆油は、いくらぐらいが、価格の目安になるのでしょうか。
これは、販売メーカーによっても異なりますが、大豆油は、国内でも消費量が多いため、比較的安価で手に入ると言われています。
大豆油の価格は、1リットル700円ほどで、菜種油ともほとんど変わりありません。
国内での大豆油消費量も、菜種油に続く第二位で、全体の約40%を閉めていると言われています。
日本は、特に大豆を使った製品が多いので、大豆油も海外よりも一般的で手に入りやすいのが、大豆油の安価を実現している秘密だと言えるでしょう。
ちなみに、大豆油は、香りがそこまで強くないので、天ぷらの油や、サラダのドレッシングにするのが合うそうです。

大豆油の栄養と効能

大豆油には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
大豆油は、その名の通り、大豆を原料に作られている油なので、健康的な栄養素も多く含まれていると言われています。
例えば、大豆に含まれているレチシンは、体内でのコレステロールを下げたり、油の分解を助ける効果があるそうです。
そして、多くの油にも含まれていますが、特に大豆油には、肩こりやホルモンのバランスを整えるのに効果のある、ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEを日常的に摂取する事で、身体の筋肉をほぐし、体全体に栄養が行き渡るようにしてくれるという効果もあるそうです。
ただ、大豆油も油の一種なので、摂りすぎには注意しましょう。

大豆油のおいしい見分け方

大豆油にも、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
基本的に、大豆油は、揚げ油やサラダに使われる事が多く、油に味があるわけではないので、おいしさと言うのは、判断しにくいと言われています。
しかし、どこの産地の大豆を使っているかによって、大豆油の価格は異なり、特に国内産の大豆を使って作られた大豆油は、海外産の大豆を使った物よりも香りが強く、コクがあるそうです。
もちろん、国内産の大豆は、そこまで量がありませんが、栄養素、味なども総合して考えるなら、国内産の大豆を使った大豆油を選んだ方が良いでしょう。
大豆油は、元々価格が安いので、国内産の大豆油でも、そこまで驚くような値段になる事はないようです。