大阪白菜の食べ方

大阪白菜を食べる時には、何か下準備がいるのでしょうか。
大阪白菜は、白菜とチンゲンサイを合わせたような野菜なので、基本的に下準備は要りません。
大阪白菜を料理に使う場合には、茎と葉をまんべんなく水で洗い流すだけで、堅い茎も、調理法によっては、とてもおいしく食べられるため、捨てない方が良いでしょう。
大阪白菜は、煮物、漬け物だけでなく、チンゲンサイの代わりに炒め物に入れるだけでも、おいしいと言われています。
白菜だと芯が太すぎてしまい、あまり炒め物には向かないのですが、大阪白菜の場合には、芯も細めで火が通りやすいというのも、大きなポイントだと言えるでしょう。

大阪白菜の栽培

大阪白菜は、家庭菜園でも育てる事が出来るのでしょうか。
大阪白菜は、初めて家庭菜園をする方でも、簡単に育てられる野菜だと言われています。
種まきの時期は、8月の下旬から9月の下旬で、スペースが大きめの場合には、種をまく時期を1週間ぐらいずらすと、収穫時期もズレるため、消費しやすくなると言われています。
大阪白菜の種はホームセンターやネットなどでも販売されており、しっかりと、水をやって、草取りをしていれば、どんどん大きくなってくれると言われています。
また、大阪白菜は、種まきから収穫までが3ヶ月ほどなので、すぐに食べられるというのも、大阪白菜を育てる大きな魅力だと言えるでしょう。

大阪白菜の簡単な定番レシピ

大阪白菜は、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
大阪白菜は、白菜、チンゲンサイに似た野菜なので、スープにしてもおいしいですし、漬け物や炒め物でも、シャキシャキ感を楽しめると言われています。
例えば、にんじん、たまねぎ、ジャガイモ、トマト、大阪白菜を一口サイズに切って、一緒に煮込んでから鶏ガラスープで味付けすれば、簡単デトックススープの出来上がりです。
漬け物は、大阪白菜をざっくりと切って、ジップロックなどに塩と一緒にいれて少し揉んでから冷蔵庫で冷やすと、数時間でシャキシャキの大阪白菜の浅漬けになります。
炒め物に入れる場合には、葉と茎を入れる時間を少しずらすのがポイントです。

大阪白菜のカロリー

大阪白菜のカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
大阪白菜には、100gあたり、13カロリーが含まれています。
13カロリーというのは、野菜の中でも少ない方で、白菜とチンゲンサイを合わせた品種とも言われている為、水分が多いという特徴もあるでしょう。
しかし、大阪白菜には、豊富な葉酸、βカロテンなどが含まれています。
カロリーを上げずに、大阪白菜を食べるなら、やはり漬け物がオススメで、浅漬けなどにしても簡単でおいしく食べられるようです。
また、大阪白菜は、野菜スープの具材としてもおいしいと言われており、毒出しダイエット中の方にも、おいしくヘルシーに食べられる野菜だと言えるでしょう。

大阪白菜がわかる!その魅力とは

大阪白菜の魅力とは、なんでしょうか。
大阪白菜の魅力は、葉酸、カリウムなどの栄養分が高く、漬け物や、炒め物にも使いやすい事だと言われています。
白菜というと、水分が多く、栄養素がそこまで沢山含まれていないイメージがある方も多いのですが、大阪白菜の場合には、葉酸、カリウム、βカロテンなどが豊富に含まれています。
これらは、貧血予防、生活習慣病予防などに効果的で、少量を食べるだけでも、健康効果があると言えるでしょう。
また、大阪白菜は、白菜よりもチンゲンサイに似ている見た目なので、炒め物として使うと、シャキシャキ感を味わえるのも、大阪白菜の大きな魅力だと言われています。

大阪白菜の保存方法

大阪白菜は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
大阪白菜は、乾燥などに弱い葉もの野菜なので、購入後は、出来るだけ早く食べきった方が良いと言われています。
基本的に、大阪白菜の保存は、野菜室に入れておけば良いのですが、冷やしすぎると栄養素も落ちてしまうので、新聞紙に包んでから冷蔵庫に入れるだけで、冷やしすぎを防止出来ると言えるでしょう。
また、大阪白菜は、生のままよりも、加工した方が長く持つため、すぐに食べきれない場合には、漬け物にしたり、炒め物にしてから冷蔵庫で保存するのが良いそうです。
それでも、購入から1週間以内には、すべて食べきった方が良いでしょう。

大阪白菜の種類

大阪白菜には、どんな種類があるのでしょうか。
大阪白菜は、元々、奈良時代に中国から渡来したチンゲンサイと、白菜を合わせた品種だと言われています。
大阪白菜の茎は、白菜のようにみずみずしいのですが、全体は細長く、葉も大きいのが特徴だと言えるでしょう。
ただ、大阪白菜と言うのが、すでに白菜の種類のひとつである為、大阪白菜に似た種類と言うのは、少ないと言われています。
また、大阪白菜という名前からも分かるように、大阪白菜は、大阪や京都などの関西で集中的に栽培されていますから、その点でも、全国規模で沢山の種類を開発している所が少ないと言えるでしょう。

大阪白菜の有名産地

大阪白菜の産地と言えば、どこなのでしょうか。
大阪白菜の産地は、名前の通り、大阪です。
元々は、中国から入ってきた白菜と、チンゲンサイを掛け合わせた品種と言われています。
その後、大阪で集中的に育てられていた野菜の為、大阪の天満市場にちなんで、天満菜と呼ばれていたのですが、現在では、大阪白菜(おおさかしろな)と正式に呼ばれているそうです。
また、大阪白菜は、大阪だけでなく、京都でも栽培されている野菜ですが、出荷量からいくと、国内では、大阪府が一番だと言えるでしょう。
他の地域では、あまり知られていない大阪白菜ですが、漬け物だけでなく、炒め物にしてもおいしいと言われています。

大阪白菜の価格目安

大阪白菜の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、大阪白菜を購入する時期や、場所によっても異なりますが、大阪白菜1束は、大体150円~180円ほどだと言われています。
大阪白菜は、一般的な白菜と異なり、どちらかというと、チンゲンサイに似ている見た目になっており、一本一本が細いという特徴もあります。
また、大阪白菜を扱っているスーパーなども少ない分、普通の白菜と比べて、割高になるケースが多いと言えるでしょう。
ちなみに、大阪白菜は、1本1本が細い分、炒め物などに使われる事が多く、一部では、大阪白菜を使ったメニューを展開しているレストランも出てきているそうです。

大阪白菜の栄養と効能

大阪白菜には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
大阪白菜は、野菜の中でも、βカロテンが豊富に含まれていると言われています。
βカロテンは、体内に入ると、ビタミンAに変わるという特性を持っており、効能としては、がん予防に効果があるそうです。
また、大阪白菜には、葉酸も豊富に含んでいるため、生理中の女性や、妊娠中の女性、貧血症の方が多く摂取する事で、貧血予防にも効果が出ると言われています。
さらに、大阪白菜に含まれるカリウムは、余分なナトリウム(塩分)を体外に排出する効果があるため、高血圧の方が沢山摂る事で、症状が軽くなると言えるでしょう。

大阪白菜のおいしい見分け方

大阪白菜のおいしさは、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
大阪白菜は、普通の白菜よりも、細長く、葉が大きいという特徴のある野菜です。
そして、大阪白菜は乾燥に弱く、収穫から時間が経つと、派の部分がしおれてくるため、出来るだけ葉と茎の水分量が高鋳物を選ぶのが良いでしょう。
また、大阪白菜の葉の部分は、虫に食われている事もよくありますが、これは、そこまで害になるものではなく、むしろおいしさがつまっているという事だと言われています。
そして、大阪白菜の葉っぱの部分は、ムラのない緑色が鮮やかなものを選ぶと失敗がないため良いでしょう。