寿司がわかる!その魅力とは

高級日本料理・寿司の魅力って何でしょう。
寿司の魅力は、やはり新鮮な魚介類を生のまま食べられる事です。
もちろん、生の魚介類なら刺身でも楽しめますが、やはり豊富な種類は寿司の大きな魅力です。
例えば、マグロのお刺身なら自宅でも楽しむ事が出来ますが、マグロ、エビ、いくら、コハダ、タマゴ、納豆などなど、お寿司の具材だけでは、揃えるのも大変ですし、食べ合わせもあまり良くない場合が有ります。
その点、寿司は好きな寿司ネタを注文するだけで、本当に沢山の味を楽しむ事が出来るため、「この魚は苦手だけど、この魚は好き」という個人の好き嫌いにも、十分に対応出来ます。
日本料理の代表的存在・寿司の魅力は語り尽くせません。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司の保存方法

出前やパック売りされているお寿司が一度で全て食べきれなかった時に、どんな方法で保存していますか。
残念ながら、既に加工された寿司は生魚を使った食材なので、全く日持ちしないと言って良いでしょう。
お寿司の保存方法は、どうしても食べきれない時に、タッパーやパックにつめて冷蔵庫で保存するのが普通ですが、それでも購入の当日もしくは、翌日までしか持ちません。
冷蔵庫で保存する事で、菌の繁殖はいくらか防ぐ事が出来ますが、寿司自体が乾燥してしまったりするため、やはり冷蔵庫で保存しても1日が限度です。
ちなみに、冷蔵庫で寿司を保存する時に、水で濡らしたペーパータオルをかぶせておくと、乾燥を防ぐ事が出来ます。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司の種類

寿司と言えば、にぎり寿司。
大きな魚のネタを乗せたにぎり寿司に、軍艦巻きなどの巻き物、細かく言えば本当にたくさんの寿司ネタが有るにぎり寿司ですが、「寿司」はにぎり寿司だけではありません。
例えば、押し寿司。
押し寿司と言えば、鯖の押し寿司が全国的にも有名ですが、押し寿司にもシャケなど他の種類があり、にぎり寿司よりも味のクセが強いのが特徴です。
そして、自宅で簡単な手巻き寿司も忘れてはいけません。
お寿司屋さんは高くていけないけど、マグロの赤身と、キュウリ、タマゴなどを合わせれば、家族で楽しくお寿司を楽しめます。
さらに、子供に人気なのがちらし寿司で、色の鮮やかさ、食べやすさなどが人気の理由なのだそうです。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司の有名産地

全国各地で食べられる寿司ですが、お寿司の産地として有名なのはどこなのでしょう。
まず、にぎり寿司の産地なら、やっぱり海の幸あふれる北海道。
北海道は、カニ、マグロ、シャケ、さんま、ホタテなどなど、にぎり寿司のネタには欠かせない魚介類がいっぱいです。
魚介類を水揚げする港も多い為、新鮮な魚介類を市場から仕入れて、お寿司屋さんで、そのネタを使ったお寿司を安い価格で提供出来るのは、やはり北海道ならではの魅力といえるのでは無いでしょうか。
さらに、北海道では、シャケの押し寿司も販売されていて、これも人気があるのだそうです。
おいしいお寿司の決め手となるのは、近くに港が有るかどうかですから、東京の築地市場もある意味、お寿司の産地と言えるかもしれません。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司の価格目安

世界に誇る日本食の王様といえば、「寿司」です。
外国でも「スシ」は、とっても有名で、アメリカやヨーロッパ、オセアニアなどでも、寿司レストランや寿司バーを沢山見つける事が出来ます。
もちろん、国内で食べる寿司が一番おいしいのですが、寿司は数ある日本食の中でも一番の高級料理といって過言では有りません。
そんな寿司の価格は、質と、寿司ネタの種類、食べる店によってピンキリで、回転寿しのカッパ巻きであれば一皿150円、安いマグロで1貫130円ほどです。
しかし高い寿司屋になると、大トロ一貫2万円なんて所も有る為、本当に寿司の値段はかなり差があると言って良いでしょう。
安くても1貫130円ですから、特別な時しか食べられないというのも、うなずけますね。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司の栄養と効能

寿司に含まれる栄養成分は、選ぶ寿司ネタによって大きく異なります。
例えば、マグロに含まれるDHAは、記憶力を上げる効果のある栄養成分として有名で、テストを控えた学生、物忘れが多くなったお年寄りにもオススメです。
魚類には、カルシウム、鉄分なども豊富に含まれているので、低カロリーのヘルシー食材なのです。
そして、寿司のシャリに含まれる米酢はミネラルが沢山含まれています。
米酢には、血液をサラサラにする効果だけでなく、新陳代謝を活性化させる効果があり、ダイエットにもオススメです。
ただ、寿司のシャリ、つまりお米には沢山の栄養分が含まれている分、カロリーも高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

投稿日: カテゴリー 寿司

寿司のおいしい見分け方

おいしい寿司は、食べる店によってかなり異なります。
寿司に使われる具材自体が生ものですから、どんなに安い寿司料理店でも、寿司ネタの品質にはかなりの注意を払っているのが普通です。
そして、どこで寿司を食べるか、というのもおいしい寿司を見つける大きなポイントになります。
やはり、港町や魚介類の市場で開店している寿司料理屋さんは、魚の仕入れから時間が経っていない分、新鮮さが魅力で、北海道の地方のみなとや、都内でも築地市場の中などで、沢山おいしいお寿司を食べる事が出来ます。
価格面で言うと、やはり北海道の方が割安ですが、都内のど真ん中で新鮮な寿司が食べられると言うのも、築地市場の大きな魅力と言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 寿司