岩牡蠣がわかる!その魅力とは

岩牡蠣の魅力は、やはり滑らかな口当たりと、クリーミーな味わいにあります。
岩牡蠣は、他の牡蠣と違い夏がおいしい時期なので、夏休みは岩牡蠣の産地・鳥取などに旅行して、新鮮な岩牡蠣を頂くのも良いかもしれません。
岩牡蠣の調理法は、牡蠣フライが一番有名ですが、その他にも岩牡蠣鍋、岩牡蠣ご飯、岩牡蠣スープ、岩牡蠣カレーなど、たっぷりとうま味を含み込んでいる岩牡蠣だからこそ出来る調理法が沢山有ります。
ただいずれにせよ、岩牡蠣は食中毒の心配が有るので、十分に火を通してから食べるのが良いでしょう。
豊富な栄養分を含んだ岩牡蠣を食べて、夏の暑さで夏バテ気味な身体をサポートしてあげましょう。

岩牡蠣の保存方法

「岩牡蠣を購入したけれど、すぐには食べきれない」と言う場合には、どんな風に保存したら良いのでしょう。
まず岩牡蠣は、貝につけたままだと劣化が早くなってしまうので、購入したら出来るだけ早めに貝から取り外します。
岩牡蠣の殻をとったら、塩分濃度3%以上にした水に数秒くぐらせて、同じく塩水で濡らして湿らせた新聞紙で優しく包んで、冷蔵庫で保管しましょう。
岩牡蠣は鮮度が命ですから、その日のうちに食べてしまうのが一番ですが、おの方法で保存すると約1週間ほどは食べる事が出来ます。
もちろん、日にちの経った岩牡蠣は菌が繁殖している事があるので、よく火を通してから頂きましょう。
岩牡蠣にあたらない為にも、保存方法、調理方法は重要です。

岩牡蠣の種類

国内で流通している岩牡蠣は、天然の岩牡蠣と、養殖の岩牡蠣に分けられます。
まず天然の岩牡蠣は、大きさがまちまちな分、大きいサイズのものは本当に希少価値が高く、販売されている値段もかなり高くなります。
含まれている栄養成分は天然でも養殖でも変わりませんが、やはり天然の岩牡蠣は、荒い波に揉まれながら育っている分、身がしまっていておいしいのだそうです。
そして、養殖の岩牡蠣は、国内で流通している岩牡蠣のほとんどをしめています。
天然の岩牡蠣に比べると小ぶりのものが多いのですが、その分お値段が安いため、手が出しやすいと言えるでしょう。
ちなみに、岩牡蠣の水揚げで有名な鳥取の漁港なら、天然の岩牡蠣でも比較的安価で手に入るようです。

岩牡蠣の有名産地

岩牡蠣の水揚げで有名な産地は東北地方にかたまっているようです。
岩牡蠣は、他の牡蠣の種類と違って、夏に旬を迎える牡蠣ですから、夏でも比較的涼しく、冷たい水温を保てる日本海の岩牡蠣が、おいしいのだそうです。
まず、秋田県の象潟は岩牡蠣の産地としてとても有名です。
秋田は夏でも涼しい日が多いため、海で泳ぐのにはあまり向いていませんが、岩牡蠣を購入するにはうってつけの場所と言えるでしょう。
調理した岩牡蠣を、秋田産のあきたこまちにのせて、そのままガッツリ頂くのがオススメです。
さらに、岩手県の岩牡蠣もかなり人気が高いため、東北地方だけで岩牡蠣の食べ歩きが出来るほどです。
夏の東北地方に訪れたら、ぜひ新鮮な岩牡蠣を頂きましょう。

岩牡蠣の価格の目安

冬においしくなる岩牡蠣。
岩牡蠣は生で食べるだけでなく、牡蠣フライや、岩牡蠣の鍋としてもおいしく頂けます。
そんな岩牡蠣は、サイズによって、値段が大きく異なります。
まず、小ぶりの岩牡蠣(150g~220g)の場合、10ヶ入りで、3500円~6000円が一般的な価格になります。
中くらいのサイズの岩牡蠣(250g~400g)の場合は、5ヶ入りで、3500円~7000円ほど。
さらに、大きなサイズの岩牡蠣(500g~)になると、5ヶ入りで4000円~8000円ほどです。
中には特大サイズの岩牡蠣が3ヶ入りで7000円と言う事もあるので、岩牡蠣の値段はかなり差があると言えるでしょう。

岩牡蠣の栄養と効能

牡蠣と言えば、「海のミルク」と呼ばれるほど、豊富な栄養分を含んでいる食材として知られています。
岩牡蠣には、グリコーゲンという栄養成分がたっぷりと含まれています。
グリコーゲンを摂取すると、脳が活性化して、いわゆる「頭が冴えた状態」になります。
その為、勉強前や、大切な仕事の前に摂取する事で、集中力を高める効果があるのです。
そして、このグリコーゲンは、脂肪年種にも効果的なので、運動前に摂取するのもオススメです。
さらに、岩牡蠣を生で食べる時には、レモンをかけるのが普通ですが、これは岩牡蠣に含まれるタウリンが失われないようにする効果と、鉄分の吸収を良くする効果がある為だと言われています。

岩牡蠣のおいしい見分け方

おいしい岩牡蠣の見分け方をご存知でしょうか。
岩牡蠣のおいしさのカギとなるのが鮮度で、購入するときはこの鮮度をポイントに選びましょう。
まず、岩牡蠣が保存されている海水の塩分濃度は、3%以上である事が前提です。
塩分濃度が3%に満たないと、岩牡蠣が十分に呼吸出来ないため、鮮度が落ちるのがとても早くなってしまいます。
そして、岩牡蠣の鮮度を身のプリプリ感で計る方が居ますが、一見プリプリに見え手も、岩牡蠣の身の色が極端に白いものは古食っている証拠なので購入を控えましょう。
さらに、身に弾力が有るかと言うのも大切ですが、あまり強く押しすぎると、岩牡蠣がショックで死んでしまう事があるので注意が必要です。