春雨スープがわかる!その魅力とは

春雨スープの魅力とは何でしょうか。
春雨スープの魅力は、スープのうまみが強く、カロリーが低いため、ダイエット中の方が沢山食べても問題ない事だと言われています。
まず、春雨スープのインスタント食品も、カロリーがとても少なく、健康的だと言えるでしょう。
もちろん、春雨スープはカロリーが少ない分、食物繊維以外の栄養素が少ないのですが、沢山食べても太らないというのは、ダイエット中の方にとって嬉しい食品だと言われています。
そして、春雨スープは、中華風だけでなく、和風、洋風など、どんな味でも作る事が出来るので、スープ自体のバリエーションが多いのも、大きな魅力だと言えるでしょう。

春雨スープの保存方法

春雨スープは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
自宅で春雨スープを作る場合には、中に入れる具材によって、保存出来る期間も異なります。
まず、中華風の春雨スープの場合には、春雨やワカメなど、脂分を含まない物が多いので、冷蔵保存なら1週間ほどの保存が可能です。
ただ、春雨スープにお肉を入れる場合や、脂分が強い場合には、出来るだけ早く使い切った方が良いと言われており、冷蔵保存なら3日ほどで食べきった方が良いでしょう。
一人暮らしの場合には、自宅で春雨スープを作っても、全てを食べきれない場合も多いので、インスタント食品を使うというのも、ひとつの方法だと言われています。

春雨スープの種類

春雨スープには、沢山の種類があると言われています。
まず、一般的な春雨スープと言えば、中華風の春雨スープで、鶏ガラだしを使っているだけでなく、ワカメや椎茸など、中国料理に使われている食材が多いそうです。
そして、レストランなどでも、よく出されているのが、洋風の春雨スープで、トマトスープに春雨スープを加えた物が多いと言われています。
また、最近では和風の春雨スープも人気を集めており、カツオダシやワカメダシをベースに醤油や塩で味付けをして、椎茸やワカメなど中華風の具材を使うのですが、味のベースが違うため、おいしいと言われています。
ちなみに、和風の春雨スープには、ネギや三つ葉などの薬味を入れるといいそうです。

春雨スープの有名産地

春雨スープの産地は、どこなのでしょうか。
春雨スープは、元々中華料理のひとつだと言われています。
中国の山東省では、春雨スープに使われる春雨が沢山採れる事もあり、春雨スープだけでなく、麻婆春雨なども良く食べられているそうです。
日本国内でも、春雨はよく料理に使われていますから、春雨スープも作られる事が多く、最近では、洋風の春雨スープや、和風の春雨スープも人気があると言われています。
海外でも、中華料理店だけでなく、その他のレストランで春雨スープが作られる事も増えて来ている為、春雨スープは、春雨が手に入る所なら、どこでも作れると言えるでしょう。

春雨スープの価格目安

春雨スープの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
春雨スープは、インスタント食品としても販売されている事が多いのですが、お湯を注ぐだけのインスタント春雨スープの価格は、一食150円ほどだと言われています。
さらに、安いメーカーだと、春雨スープ一食の価格も78円ほどと、かなりお得な値段で販売されているそうです。
ただ、春雨スープは、自宅でも簡単に作る事が出来、具材にもよりますが、材料費も家族4人分で300円ほどになるので、自宅で作った方が、経済的だと言えるでしょう。
ちなみに、レストランなどで食べる春雨スープは、500円~だと言われています。

春雨スープの栄養と効能

春雨スープには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、春雨スープに使われる春雨には、豊富な食物繊維が含まれています。
その為、日常的に摂取する事で、便秘や下痢の解消や、消化を良くするという効果もあると言えるでしょう。
ただ、一般に販売されている春雨スープのほとんどは、「低カロリー」をポイントにしていますから、春雨スープ自体には、あまりたくさんの栄養素が含まれていません。
タマゴなどが入っている場合には、ビタミンなども摂取する事が出来ますが、ダイエット食品と呼ばれる分、春雨スープは、あまり栄養分が豊富な食品ではないと言えるでしょう。

春雨スープのおいしい見分け方

春雨スープにも、おいしさを見分けるコツはあるのでしょうか。
春雨スープには、沢山の種類があると言われています。
一般的な春雨スープというと、中華風の物が多く、鶏ガラにワカメ等を加えた物が多いのですが、これは、調理自体が簡単でシンプルな分、どこで食べても失敗しないと言えるでしょう。
もちろん、春雨自体には味がありませんし、味付けの方法によって、おいしさも大きく異なりますが、和風の春雨スープや、洋風の春雨スープも、最近ではカフェなどで出されているそうです。
これはカフェによっても異なりますが、ダシやスープのベースが重要になる春雨スープだからこそ、スープにこだわりのあるレストランや、カフェで食べるのがオススメです。