桂うりの食べ方

桂うりの種は食べられるのでしょうか。
桂うりは、漬け物の具材に使われる事が多く、食感を良くする為に種を取り除く場合が多いのですが、種自体は食べる事が出来ます。
ズッキーニのように、種を取り除いて、他の野菜と炒め物にしてから、ズッキーニの器に炒め物を入れて、オーブンで温めるという調理法もありますが、桂うりの場合には、水分の量が多いため、火にかけるとベチョベチョしてしまう事もあります。
その為、桂うりを調理する場合には、スープなど、水分が出ても大丈夫な料理に使った方が、桂うりの素材の味をいかせると言われています。
ただ、桂うりは、肉厚なので、きゅうりのような野菜スティックには向いていないと言えるでしょう。

桂うりの栽培

桂うりは、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
桂うりは、ある程度の広さがないと栽培出来ない野菜なので、家庭菜園などで栽培するのは難しい種類だと言われています。
特に、桂うりは、普通のきゅうりと違って、実が大きく重いので、プランターではなく、地植えにするのが絶対ですし、肥料の量によっては、小さな実しか育たないと言えるでしょう。
また、桂うりは、京都の桂で育てられていた野菜ですが、現在は、桂うりの需要がほとんど無くなった分、桂うりを栽培している農家も減ってきていると言われています。
違う地域で栽培される桂うりの量の方が多い傾向があるため、京都の桂うりを購入するのも難しくなっていると言えるでしょう。

桂うりの簡単な定番レシピ

桂うりには、どんなレシピがあるのでしょうか。
桂うりは、昔から奈良漬けや浅漬けなどに使われる野菜なので、レシピも漬け物に関する物が多いようです。
桂うりを浅漬けにする場合には、桂うりを縦に切って、種子を取り除いて、ジップロックなどの袋に入れます。
塩加減は人によっても異なりますが、100gの桂うりに対して、3gの塩を揉みこめば十分だと言えるでしょう。
プロの作る浅漬けは、塩をふりかけてからから重しを乗せるのですが、家庭で作る場合には、ジップロックの中で漬け込んで、半日ほど冷やしておけば、桂うりの浅漬けが出来るので、初めての方でも、簡単に作れると言われています。

桂うりのカロリー

桂うりのカロリーはどのくらいなのでしょうか。
桂うりは、漬け物として食べられる事の多いうり科の野菜ですが、100gあたり18カロリーほどしかカロリーがないため、とてもヘルシーな野菜だと言われています。
桂うりのカロリーが低いのは、水分量が多いからという理由もありますが、きゅうりなどに比べると、桂うりに含まれるビタミンCや、ビタミンB1、カロチンなどは、とても多いため、夏場には多めに食べるといいそうです。
ちなみに、桂うりは、漬け物として使われる事が非常に多いため、調理後も、そこまでカロリーが高くならないのが、大きな魅力だと言えるでしょう。

桂うりがわかる!その魅力とは

桂うりの魅力とはなんでしょうか。
桂うりの魅力は、肉厚なのに歯切れが良く、漬け物にすれば、とても食べやすい事だと言われています。
桂うりは、太めのうりで、京野菜の一種として知られており、浅漬けや、奈良漬けの材料として使われる事が多いようです。
普通漬け物と言えば、細めのきゅうりや、カブなどが使われるのですが、桂うりは、身が厚いため食べごたえがあり、シャキシャキとした食感もあると言えるでしょう。
そして、桂うりは、ビタミンCを豊富に含んでいる為、美容や抗酸化作用などの効果も期待出来るのが魅力です。
関東ではあまり販売されていない桂うりですが、その魅力は奥深いと言えるでしょう。

桂うりの保存方法

桂うりは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
桂うりは、夏に食べごろを迎える野菜なので、ついつい冷やし過ぎてしまう傾向がありますが、冷やしすぎると、栄養価や風味が落ちてしまうことがあるので注意が必要です。
この桂うりは、漬け物として加工される場合が多く、購入後は、出来るだけ早く加工してしまった方がいいでしょう。
また、桂うりは、冷蔵庫に長い時間入れておくと、身が柔らかくなってしまうので、購入後は、3日以内に食べきる、または加工しておく必要があると言われています。
ちなみに、桂うりは、ビタミンCの量がとても多い為、生食か、熱を通す場合には、スープなど、流れ出た栄養分も取れる調理法がオススメです。

桂うりの種類

桂うりは、うり科の野菜です。
うり科と言えば、ほそ長いきゅうりを最初に思い浮かべる方も多いのですが、桂うりは、どちらかというと、「きゅうり」よりも「うり」に近い野菜なので、サイズも大きいと言われています。
また、桂うりは、昔から京野菜として認められており、肉厚な上、シャキシャキとした食感まであるので、浅漬けや奈良漬けなど、漬け物として食べられる事が多かった野菜です。
桂うりがおいしい季節は夏で、その時期には、ネット通販でも、桂うりの漬け物などが沢山販売されています。
関西や近畿地方以外では、あまり購入が出来ない桂うりですから、一度試してみるのもオススメです。

桂うりの有名産地

桂うりの産地と言えば、どこなのでしょうか。
桂うりの産地は、京都の桂だと言われています。
桂うりという名前がついたのも、その地名の影響で、京野菜のひとつとして認定されているそうです。
ただ、桂うりの栽培は、京都の桂よりも、静岡県の方が、桂うりの生産量が高いと言われています。
最近では、京都でも、桂うりを知らない人が増えて来ており、消費量自体も減ってきている傾向があるため、スーパーでも、桂うりを販売する所がかなり少ないと言えるでしょう。
ちなみに、桂うりは、元々アフリカ原産のうりが中国から伝わり、桂うりとして定着した品種だと言われています。

桂うりの価格目安

桂うりの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは販売先によっても異なりますが、桂うりの価格は、100gあたり500円ほどだと言われています。
桂うりは、京都を中心に栽培されている野菜なので、関西や近畿地方では、比較的購入しやすいのですが、それ以外の地域になると、ネット通販でも、漬け物に加工された桂うりが主流になると言えるでしょう。
桂うりの漬け物は、200gあたり1000円ほどするので、お土産物として購入されるケースが多いのですが、人によっては、桂うりを買ってきて、自分で、好みの漬け物に仕上げる場合もあると言われています。

桂うりの栄養と効能

桂うりには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
桂うりは、うり科の一種ですが、うり科の中でも、栄養素が高いと言われています。
特に、桂うりに含まれるビタミンCの量は、白いぼきゅうりの10倍ほどなので、美肌・美白効果も高いと言えるでしょう。
そして、桂うりには、豊富な水分が含まれており、この水分は体を冷やす効果がある為、夏場には、特に多く摂取した方が良い野菜だと言われています。
さらに、桂うりには、カロチンも豊富に含まれており、カロチンは体に溜まったナトリウムを体外に排出してくれる効果があるそうです。
その為、むくみの解消にも、桂うりは効果的だと言われています。

桂うりのおいしい見分け方

桂うりは、どこでおいしさを見分けるのが良いのでしょうか。
桂うりは、うり科の一種で、漬け物に使われる事の多い京野菜です。
この桂うりは、うりの中でも、人目の品種なので、太さがある程度均等な物を選びましょう。
桂うりは、下の部分にかけて少し太くなっていますが、その太さが極端でない物を選ぶのが良いと言われています。
そして、桂うりは、水分量の多い野菜なので、持った時にしっかりと重みがあるものを選ぶと良いそうです。
表面の皮も、傷や変色がないものは、状態も良いと言われているので、オススメです。
うり科の野菜は、物によって、色や形も大きく異なるので、しっかりとそれぞれの特徴を掴む事が大切だと言われています。