桃がわかる!その魅力とは

桃の魅力は、やはりあの甘くて柔らかい香りと、その甘みの強い風味と言えるでしょう。
桃の季節・秋になると、果物売り場からふんわりと香る桃の優しい香りにつられて、ついつい手が伸びてしまう桃ですが、あの桃の香りには気持ちをリラックスさせる効果もあるんだそうです。
ただ、桃は果物の中でもかなり水分が多いため、生の桃をキレイに食べるというのが、なかなか難しいんですよね。
一番良いのは、見た目など気にせずに、台所でそのままかぶりつく事ですが、食べ方は何にしろ、あの桃の甘みは沢山の人を魅了してやみません。
そんな桃は、白桃、黄桃、スモモ、ネクタリンなどの種類によって、風味や香りもかなり異なるので、それぞれの違いを楽しむ事が出来るでしょう。

投稿日: カテゴリー

桃の保存方法

桃の正しい保存方法をご存知でしょうか。
まず、桃は販売されている時点で、すでに完熟しているものと、そうでないものが有るので、完熟しているのを確かめてから、冷蔵庫で冷やします。
しかし、桃は冷やしすぎると、感じられる甘みが減ってしまう果物なので、冷やしすぎは禁物です。
ベストなのは、食べる3時間程前に冷蔵保存する事なんだそうです。
そして、皮を剥いた後の桃は、すぐに酸化してしまうため、保存には向きません。
「どうしてもその時には食べられない!」という時だけ、冷蔵庫で保存して、その日中か、次の日には食べきってしまうのが良いでしょう。
桃のおいしさを最大限に感じる為には、上手な保存方法が欠かせません。

投稿日: カテゴリー

桃の種類

桃の種類って、本当に沢山有るんです。
一般には、白桃、黄桃、スモモ、ネクタリンなどが知られていますが、今回は、あえて、「白桃の種類」にテーマを絞って紹介したいと思います。
国内産の桃の代表格と言えば白桃ですが、白桃と他の種類の桃を交配させた品種だけでも、かなりの種類があります。
まず、「白桃」と「白鳳」という品種を交配させて作られた「あかつき」は、糖度がかなり高く、実が柔らかすぎないのが特徴です。
そして、「白桃」と「橘早生」を交配させて作られた「白鳳」は、果汁が多く、柔らかい甘みが特徴で、現在の所、国内で一番人気のある桃の種類です。
その他にも、「一宮白桃」「加納岩白桃」「ゆうぞら」など、白桃の種類は様々です。

投稿日: カテゴリー

桃の有名産地

桃の産地と言えば、山梨県、福島県、長野県の3県が有名です。
全体の比率から言うと、山梨県の桃の収穫率は、国内産桃の約35%を占めています。
そこに続くのが、福島県の20%、長野県の13%です。
この3県の特徴は、やはり冷え込みがキツい地方と言う事もあり、寒い気候の中で育った桃は、甘みを沢山含んでいるのだそうです。
フルーツというと、海外から輸入されてくるものが多いのですが、桃場合はその逆で、日本から台湾や香港に輸出される事が多いようです。
日本の白桃は、その甘みと香りなどの質の高さから海外でも、高い人気を誇っているのだとか。
ちなみに、国内産の桃は他にも、シンガポールや、アラブ首長国連邦などに輸出されているそうです。

投稿日: カテゴリー

桃の価格目安

秋のフルーツとして有名な桃。
そんな桃の価格は、品種や産地によっても異なります。
まず、国内で一番ポピュラーな品種である白桃は、桃の中でもサイズが大きいため、一玉120円から150円ほどが一般的な価格です。
そして、黄桃はもう少し安めで、120円~130円ほど、スモモに近い品種のネクタリンは小ぶりと言う事もあり、2玉で120円ほどです。
これらの値段は、生の状態の桃の値段なので、桃の缶詰なら1缶200円ほどと量で比較すると、若干安い値段設定になっているのだとか。
ちなみに、桃は都内で購入するとかなり値が張りますが、桃の産地・山梨県などでは白桃一玉100円ほどで購入が可能なのだそうです。

投稿日: カテゴリー

桃の栄養と効能

桃の魅力は、その味や香りだけではありません。
桃には、腸内環境を整える食物繊維が沢山含まれているので、便秘気味の方には、とっても有効なのです。
桃には、他にも高血圧を防ぐ効果のある、カリウムという栄養分が豊富に含まれています。
このカリウムは、血液を浄化して、流れを良くしてくれる効果があるので、動脈硬化や、心筋梗塞、脳梗塞などの重病予防にも、大変有効なのです。
さらに、桃の皮には、老化防止や、がん予防に効果的なカテキン類が含まれているため、桃は良く洗ってから皮ごと食べるのがオススメです。
桃の魅力は、あのおいしさだけでは無いと言う事をお分かり頂けたでしょうか。
おいしい桃を食べて、キレイで健康な身体作りを目指しましょう。

投稿日: カテゴリー

桃のおいしい見分け方

赤ちゃんのお尻のような可愛い形が特徴の桃。
おいしい桃を見分ける時には、形や色などいくつかのポイントが有ります。
まず、桃の形は、全体にふっくらと丸みがあり、変形していないものが良いでしょう。
形のバランスが悪い桃は、栄養の行き渡りも悪い為、部分的に甘かったりそうでなかったりする事が多いので、きれいな丸い形をした桃の方がおいしいのです。
そして、桃の色合いは、全体にムラなくピンク色が広がっていて、色が濃いものを選びましょう。
ちなみに、桃は傷んで来ると、皮の色も若干くすんでくるので、「色の濃さ」と「桃の傷み」を混同しないように気をつけましょう。
いくつかのポイントを抑えて、おいしい桃を購入しましょう。

投稿日: カテゴリー