梅の食べ方

梅というひとつの野菜だけでも、その食べ方は様々です。
まず、梅は、生の状態から、自分で梅酒や、梅シロップ、梅干などに加工する事が出来ますし、砂糖や塩の量を加減すれば、自分の好みの味に仕上げられるというメリットもあります。
梅は、幅広い世代に愛される野菜なので、干し梅やカリカリ梅も人気が高いですし、梅スカッシュなど、梅を使った飲料も定番商品として扱われています。
梅は、クエン酸など、疲労回復に効果のある栄養素だけでなく、殺菌効果も高い為、本当に様々な場面で重宝する食材なのです。
ドリンクからメインデッシュまで、幅広いレシピにも、応用が利くのが、人気の秘訣だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

梅の栽培

梅は、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
梅は、庭などがあれば、栽培出来る植物です。
梅の種類によっても異なりますが、苗木を植えてから梅の収穫が出来るようになるまでには、4年~5年かかると言われており、その地方の気候に合わせて梅の種類を選べば、栽培も簡単だと言われています。
ただ、南高梅など、香りが強く大振りの梅の場合には、実が取れても、市販のものよりも、香りが弱いという傾向もあるので、じっくりと時間をかけて栽培する事が大切です。
ちなみに、梅の花は、サクラより早い時期に開花して、香りも強くあるため、植物としての栽培だけでも、十分楽しめる植物だと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅の簡単な定番レシピ

梅を使った簡単なレシピには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、柔らかいタイプの梅干は、ドレッシングと混ぜて、サラダにかけたり、炒め物にポイントとしていれるのもおいしいと言われています。
カリカリ梅の場合には、ご飯に混ぜてもおいしいですし、キムチの中に細かく刻んでいれるのもオススメです。
特に、梅チャーハンなどにカリカリ梅を使うと、小さいお子様でも、食べやすくなりますし、必要な栄養分を取れるという面でも、良い調理法だと言えるでしょう。
また、梅ジュースにするという方法もありますが、梅シロップを使って作る為、カロリーが高めだと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅のカロリー

梅には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
梅は、野菜の中でも、カロリーがそこまで高くないと言われています。
100gあたり、28カロリーほどで、梅一粒につき6カロリーほどだと言えるでしょう。
ただ、梅自体にはカロリーがほとんど無くても、砂糖を沢山使う梅酒は、カロリーが高いアルコールですし、塩を沢山使う梅干は、塩分の摂取量に気をつけないといけません。
干し梅も、商品によっては、カロリーが高めなので、梅よりもどんな加工法の梅を食べるかどうかも重要です。
ちなみに、梅シロップも、かなりカロリーが高い為、ダイエット中の方は、摂取量を注意した方が良いと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅がわかる!その魅力とは

梅の魅力とは何でしょうか。
梅の魅力は、加工法によって、沢山の味が楽しめる事だと言われています。
まず、梅は、アクが強い野菜なので、加工されて販売されるのですが、梅干、梅酒、干し梅、カリカリ梅など、加工法によって、梅の酸味だけでなく、甘みも楽しめるのが大きな魅力だと言えるでしょう。
また、梅には、クエン酸やリンゴ酸などが豊富に含まれている為、疲労回復にも効果がありますし、体調不良の時には、梅を食べているだけで症状の悪化を防げると言われています。
子供から大人まで、幅広い世代に好かれている梅の魅力は、その食べやすさにあるのかも知れません。

投稿日: カテゴリー

梅の保存方法

生の梅は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
生の梅は、アクが強いため、そのまま食べてもおいしくありませんし、腹痛などの原因になります。
その為、生の梅は、鮮度が落ちる前に、梅酒や梅干などに加工するのが良いでしょう。
ただ、この加工作業もすぐに出来ない場合には、気温が10度くらいの場所に保管しておくのが良いのですが、冷蔵庫だと、温度が低すぎて、梅の風味が落ちてしまう事があるので、注意した方が良いそうです。
また、梅酒は加工後に常温保存でも大丈夫ですが、梅干として加工した後は、冷蔵庫などで保管した方が、カビが生える心配が無いと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

梅の種類

梅には、どんな種類があるのでしょうか。
国内の梅干の中で、最も代表的な梅の種類は「南高」です。
南高梅は、和歌山県で生産されており、25g~35gほどと大振りで、果肉も柔らかいのが特徴です。
和歌山の梅干のほとんどは、この南高梅を使って作られており、中には1粒200円と高級な梅干も販売されています。
そして、関東地方に流通している青梅は、白加賀という梅で、25g~30gと小ぶりですが、梅酒や梅シロップなどにも、良く使われているそうです。
また、1粒5gほどの小梅は、長野県で栽培されている竜峡小梅や、山梨県の甲州小梅が有名だと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅の有名産地

梅の産地としては、どこが有名なのでしょうか。
国内の梅の産地では、和歌山県が有名です。
和歌山県は、南高梅や古城などの梅を生産しており、国内では約80%の梅を出荷しているそうです。
そして、群馬県も梅の産地として知られていますが、全体の割合としては、8%ほどなので、やはり和歌山県の梅がダントツに多いと言えるでしょう。
また、海外では、中国での生産がとても多く、日本国内で安く販売されている梅の産地は中国である事が多いようです。
ちなみに、梅の消費量も、アジアが一番多いため、ヨーロッパや、アメリカでは、あまり梅を見かける事が少ないと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅の価格目安

梅の価格は、いくらぐらいが妥当なのでしょうか。
これは、梅の種類や、用途などによっても異なります。
まず、梅酒や梅干などに使われる梅は、一般のスーパーでも時期になると販売されており、その価格は、1キロ500円ほどだと言われています。
自宅でつくった梅よりも、市販の梅の方が、香りが良いというメリットがあると言えるでしょう。
そして、すでに梅干しとして加工された梅の場合には、安いものだと300g100円からありますが、高いものになると、梅干1粒200円というものまであるので、梅の銘柄などによっても、価格目安は、大きく異なると言われています。

投稿日: カテゴリー

梅の栄養と効能

梅には、どんな栄養成分があるのでしょうか。
梅は、豊富なクエン酸とリンゴ酸を含んでいる野菜です。
これらには、疲労の原因となる乳酸を分解し、疲労を回復させる効果があると言われています。
また、保存料などを使っていない、塩分が11%ほどの梅干は、殺菌効果が非常に高いため、風邪の引き始め、食中毒予防などに1粒食べるだけでも、症状の改善に効果があると言えるでしょう。
ただ、梅干の場合には、塩分も高い為、1日1粒程度なら健康にも良いのですが、この量が増えると、高血圧の原因になる事もあるので、適量を毎日少しずつ食べる事が重要だと言われています。

投稿日: カテゴリー

梅のおいしい見分け方

おいしい梅は、どんな所で見分けられるのでしょうか。
梅酒や梅干などに使われる梅は、生の状態で販売されていますが、その時には、丸みがあり、香りが強い梅を選ぶのが良いでしょう。
香りが強い梅は、加工後も、ほのかな香りが残るため、風味が増すと言われています。
そして、梅干として加工する場合には、青い梅よりも、少し黄色が買った梅の方が、柔らかい梅が出来やすく、カリカリ梅などには、青みのある小梅が良いと言えるでしょう。
また、梅の表面に斑点や傷があると、加工の途中で、カビなどの原因になりやすい為、出来るだけキレイな状態の梅を選ぶ事が、大切だと言われています。

投稿日: カテゴリー