焼き鳥がわかる!その魅力とは

焼き鳥の魅力とは何でしょうか。
焼き鳥の魅力は、焼き鳥を購入する地域や、屋台、タレや塩などの味付けによって、そして、焼き鳥の種類によって、本当にたくさんの味の違いを知れる事だと言われています。
基本的に、焼き鳥のおいしい地域として知られているのは、地鶏がおいしい地域ですが、おいしい焼き鳥屋さんは、都心でも口コミで有名になるほどですし、安くてもおいしい焼き鳥を見つけられるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
そして、選ぶ焼き鳥の種類や、味付けによって、お酒のおつまみだけでなく、夕食などにも十分活用出来る焼き鳥は、お肉だけでなく、野菜もバランスよく摂取出来るのも魅力です。

焼き鳥の保存方法

焼き鳥と言えば、焼きたてのものを食べるのが1番おいしいのですが、たまに買い過ぎてしまうと、保存方法に困る事もあるようです。
基本的に、焼き鳥は調理済みでも、常温では保存しない方が良いと言われており、2日中に食べきれるなら冷蔵保存、まだいつ食べるか分からない場合には、冷凍保存もオススメです。
しかし、中には、焼き鳥を冷蔵庫で保存すると、レンジで温めても、タレが固まってしまう場合があるため、その場合には冷凍保存するのが良いでしょう。
ちなみに、調理前の焼き鳥は、串に指した状態で冷凍保存し、焼く数時間前から、自然解凍させるのが良いと言われています。

焼き鳥の種類

焼き鳥と一言でいっても、その種類は様々です。
焼き鳥と言えば、ももや、ねぎま、砂肝が人気の種類ですが、その他にも、皮や手羽、つくね、レバー、軟骨などの種類があります。
それぞれの部位によって、味わいや食感が異なるため、人によって好みは大きく異なりますが、一般的には、もも、ねぎまが人気のメニューだと言えるでしょう。
そして、焼き鳥の味付けにも、たれと塩の2種類があり、甘いタレは子供から大人まで幅広い世代に人気があり、塩は特に、お酒のおつまみとして焼き鳥を食べる場合に人気があるようです。
このように、焼き鳥1つとっても、その種類と楽しみ方は沢山有るのです。

焼き鳥の有名産地

焼き鳥の産地としては、どこが有名なのでしょうか。
焼き鳥には様々な種類があり、基本的に地鶏が有名な地域では、その分、焼き鳥屋さんの数も多いと言われています。
その為、地鶏で有名な鹿児島県、宮崎県、岩手県では、焼き鳥屋台も数百軒に渡っており、それぞれの屋台によって、味の違いを楽しめるそうです。
そして、大分県の中津市は、鶏肉の消費量が日本一ということもあり、おいしい焼き鳥屋台や専門店なども多いと言われています。
北の北海道・室蘭市でも、焼き鳥屋台が有名で、安くておいしい焼き鳥を食べるなら室蘭市がオススメだと言えるでしょう。
ちなみに、最近では、埼玉県の東松山市も焼き鳥タウンとして、人気を集めています。

焼き鳥の価格目安

焼き鳥の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、調理済みの焼き鳥か、調理前の焼き鳥かによっても異なります。
一般的に、焼き鳥といっても、様々な種類がありますから、調理済みの焼き鳥は1本80円~170円ほどだと言えるでしょう。
もちろん、屋台の焼き鳥は、居酒屋の焼き鳥よりも値段が安いのが一般的で、スーパーなどでパック売りされている調理前の焼き鳥は、1本50円~100円ほどが、価格の目安になると言われています。
どこで、どんな焼き鳥を食べるかによって、価格の目安は異なりますが、焼き鳥の場合は、「高ければ美味しい」というわけでもないようです。

焼き鳥の栄養と効能

焼き鳥には、どんな栄養が含まれているのでしょうか。
これは、食べる焼き鳥の種類によっても異なります。
焼き鳥のメニューとしては、もも、ねぎま、レバー、軟骨、砂肝、つくね、皮、手羽等がありますが、ももには、油分と栄養成分がバランスよく含まれていると言われています。
そして、レバーには多くの鉄分が含まれているため、生理中の女性や、妊婦の方、貧血気味の方にも効能があると言えるでしょう。
さらに、焼き鳥の皮は、コラーゲンが沢山含まれており、肌をプルプルにさせる効果がありますが、その反面、コレステロール値をあげる場合があるので、すでにコレステロールでお悩みの方には、あまりオススメ出来ないメニューです。

焼き鳥のおいしい見分け方

焼き鳥には、おいしさの見分け方法があるのでしょうか。
これは、場合によっても異なります。
まず、焼き鳥と言えば、焼き鳥屋台で購入する事が多いのですが、おいしい焼き鳥屋台には、カウンターがないことが多いと言われています。
もちろん、カウンターが早い時間から埋まっている焼き鳥屋台は、「人気があるだけ、おいしい」と判断出来ますが、特に都心の屋台ではカウンターがないことも多いのです。
おいしい焼き鳥屋台は、地元の人によく知られており、広告などを出さなくても、口コミで人気を集められると言えるでしょう。
ちなみに、地鶏がおいしい地域の焼き鳥屋さんは、素材が良い分、外れなくおいしいと言われています。