牛タンの歴史

牛タンには、どんな歴史があるのでしょうか。
牛タンは、戦後から一般市民にも食べられるようになりましたが、牛タンの歴史が、特に古いのは仙台だと言われています。
仙台は牛タンの発祥地で、現在でも、部分的にタンを切り落とした後、1週間ほど牛タンを漬け込んでから、焼肉として食べるのが一般的なので、シンプルな塩タンとは、また違ったコクを楽しめると言えるでしょう。
また、仙台で牛タンが広まったのには、仙台の「太助」初代店主の佐野啓四郎氏が、牛タンのコクを引き出す為に試行錯誤した結果が、現在の仙台の「牛タン焼き」にも残っていると言われています。

牛タンの食べ方

牛タンにも、おいしい食べ方があるのでしょうか。
牛タンは焼肉料理店で、塩とかけて焼いてからレモンをかける場合が多いのですが、牛タンが有名な仙台では、牛タン定食に麦ご飯と、とろろが付いている事が多いようです。
初めて牛タンの麦とろ定食を出されると、戸惑ってしまう方も多いのですが、食べ方は単純に、とろろを麦とろご飯にかけて、牛タンをおかずにしたり、牛タンを味噌で味付けするのも良いでしょう。
また、麦とろ定食には野菜も付いている事が多く、牛タンで野菜を巻いて食べてもおいしいと言われています。
仙台の牛タンは、味噌などで仕込みをしてあるので、独特のうま味があると言えるでしょう。

牛タンの簡単な定番レシピ

牛タンを簡単に料理するには、どんなレシピがあるのでしょうか。
牛タンを簡単でヘルシーに調理するなら、牛タンのガーリック炒めがオススメです。
材料は4人分で、薄切り牛タン200g、みじん切りにんにく2分の1、タマネギ2分の1、白ネギ2分の1、赤パプリカ1個、もやし一袋と、調味料が酒小さじ2、塩小さじ2分の1、胡椒少々、サラダ油大さじ1.5です。
まずは、タマネギ、パプリカを保祖切りにして、白ネギを斜め切り、もやしを洗ってから水を切ります。
フライパンに脂を敷いて、野菜をいためてから、調味料を混ぜ込んで、別に牛タンだけ焼き、お皿に盛りつけたら出来上がりです。

牛タンのカロリー

牛タンには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
牛タンには、100gあたり269カロリーが含まれていると言われています。
100gで269カロリーと聞くと、かなり脂肪が多いように感じるかも居るのですが、牛タンは、他の牛肉の部位と比べると脂肪が少ない方で、霜降り牛タン出ない場合には、カロリーも、もう少し低くなると言えるでしょう。
そして、牛タンは、焼くと脂が出るため、カロリーも高くなるのですが、牛タンのシチューなど、煮込み料理の場合には、カロリーも低くなるため、ヘルシーだと言われています。
また、鉄分やタンパク質も多く含まれているので、ダイエット中の方にも、牛タンはオススメです。

牛タンがわかる!その魅力とは

牛タンの魅力とは何でしょうか。
牛タンの魅力は、歯ごたえが強く、食べごたえがあるだけでなく、仕込みの仕方によって味が大きく異なる事だと言われています。
牛タンと言えば、カルビなどに比べると歯ごたえが強い部位なのですが、高級な牛タンになると、柔らかい中にも歯ごたえがあり、食べていても疲れないですし、脂身も多くないため、さっぱりしていると言えるでしょう。
そして、牛タンは、大きな牛タンブロックをそのままカットして、塩タンにする事が多いのですが、仙台の牛タン焼きは、スライスした後に、数日かけて仕込みをして熟成されるため、味わいも普通の牛タンとは、大きく異なると言われています。

牛タンの保存方法

牛タンは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、冷蔵のすでにカットされた牛タンの場合には、真空パックに入って販売されている事が多いので、そのまま冷蔵保存して、開封後はその日の内に食べきった方が良いと言われています。
そして、牛タンは、こん棒のようなブロックのまま販売されている事もまれにあり、この場合には、冷凍された状態で販売されているので、冷蔵庫、または常温で解凍してから、大きめの包丁で皮を削り、お好みの薄さにスライスすると良いでしょう。
ちなみに、解凍した牛タンも、1週間以内には食べきった方が良いと言われているので、小さなブロックにしてから冷凍するのがオススメです。

牛タンの種類

牛タンは、牛肉の舌の部分ですが、牛タンの中にも、色々な部位があるのをご存知でしょうか。
牛タンは、本来タンの先の部分が細く、根元の部分が太くなっているため、全体で見ると、こん棒のような形をしています。
しかし、私達が普段牛タンとして食べているのは、牛タンの中でも、ミドルと呼ばれる中央の部分で、タン先やタン元に比べて、お肉が柔らかく食べやすいと言えるでしょう。
実際の1本のタンから取るのは、1.5キロほどで、タン全体の半分ほどは捨ててしまうと言われています。
また、タンを丸まる一本で購入すると、価格も安くなりますが、タン先やタン元は堅いので、調理方法を選んだ方が良いでしょう。

牛タンの有名産地

牛タンの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
牛タンの産地は牛肉の産地なのですが、特に有名なのは、米沢、仙台、神戸、熊野だと言われています。
それぞれの地域によって、牛の品種も異なるのですが、これらの地域では、柔らかく脂が乗っている牛タンとして定評がありますし、同じ牛の品種でも、グレードは分かれると言えるでしょう。
もちろん、牛タンは、アメリカやオーストラリアからもたくさん輸入されていますが、柔らかさや鮮度、脂の乗り具合でいうと、やはり国産の高級牛肉が優れていると言われています。
ちなみに、上質な牛タンでも、切り落としなどの場合には価格が安くなる事もあるようです。

牛タンの価格目安

牛タンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
牛タンの価格は、国産品、輸入品、牛の種類によっても異なりますが、安いものなら1キロ2000円程から販売されていると言われています。
しかし、国内産の質の高い牛タンになると、1キロで7000円程する事もありますから、牛タンの価格もビンきりだと言えるでしょう。
また、焼肉店での牛タンは、1人前600円~1000円ほどの場合が多く、数ある牛肉の部位の中でも、比較的値段が高い種類だと言われています。
ただ、海外では、日本ほど牛タンの価値が高くない地域も多く、牛タンが安く売っている事もあると言えるでしょう。

牛タンの栄養と効能

牛タンには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
牛タンには、豊富な鉄分、タンパク質などが含まれていると言われています。
牛タンに含まれるのは、消化しやすいタンパク質なので、食べた後にエネルギーになりやすいですし、鉄分は貧血予防に効果があるため、妊娠中の女性や、生理中の女性にオススメだと言えるでしょう。
また、牛タンは、他の牛肉の部位と比べると脂肪分が少ないため、ヘルシーに食べられますから、コレステロール値が高い方にもピッタリです。
もちろん、歯ごたえのある牛タンは、咀嚼回数が多くなるため、満腹感を感じやすくなるのも、1つの魅力だと言われています。

牛タンのおいしい見分け方

牛タンのおいしさは、どこで見分けられるのでしょうか。
牛タンのおいしさは、色、霜降り、産地などで選ぶのが一般的です。
まず、新鮮な牛タンは、綺麗な赤色、脂の部分は、薄いピンク色をしているものを選ぶのが良いと言われています。
逆に、部分的に黒ずんでいたり、灰色になっているものは鮮度が落ちていたり、酸化している場合が多いので、出来るだけ早く食べるか、腐敗臭がする時には、捨てた方が良いでしょう。
そして、牛タンの産地として有名な仙台、神戸、佐賀、米沢産の牛タンは、柔らかく、お肉の質が高いので、産地で選ぶと言うのも、大きなポイントだと言われています。