牛丼の歴史

牛丼には、どんな歴史があるのでしょうか。
牛丼は、さかのぼると明治時代には誕生していたと言われており、牛丼ではなく「牛めし」と呼ばれていたそうです。
牛丼は、すき焼き丼にも味が似ているため、お店によっては、牛丼に白滝が入っている事も多いと言えるでしょう。
そして、フランチャイズのチェーンとして牛丼屋が広まったのは、1970年代の吉野家が最初だと言われており、現在では、すき家、なか卯、松屋なども競合店として知られていると言われています。
また、牛丼チェーン店では、注文から数十秒で注文したメニューが出てくるほど、早くて安いと言うのが、売りになっていると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の食べ方

牛丼には、人によって、こだわりの食べ方があると言えるでしょう。
つゆだく、ネギ無しなど、好みは大きく異なりますが、やはり牛丼のコンビネーションとして人気が高いのは、卵だと言われています。
牛丼店でも、卵をトッピングに加える事が出来ますが、卵の量も人によって異なり、ノーマルでは1つですが、中には並盛りの牛丼に、卵を3つ以上入れる方もいると言えるでしょう。
また、卵だけでなく、そこにチーズを加えたり、少し胡椒をかけると言う方も居て、お店では難しくても、お持ち帰りで自分の味にアレンジすると言う方も多いようです。
牛丼チェーン店でも、色々なニーズに応えられるよう、沢山のメニューを用意していると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の簡単な定番レシピ

牛丼は自宅でも簡単に作る事が出来ます。
4人分の材料は、牛コマ肉250g、タマネギ1個、白滝1袋、醤油大5、三温糖大3、料理酒大2、冷凍グリンピース20g、ご飯はお好みで用意します。
まず、醤油大3、三温糖、料理酒を鍋に入れて沸騰させ、牛肉を加えます。
お肉の色が変わってから、タマネギ、白滝を加えてフタを少しずらし、蒸気が逃げるようにしてから、中火で7分加熱します。
その後、醤油の残り大2と、グリンピースを加え、さらに3分煮て、ご飯の上にかけたら出来上がりです。
醤油は2回に分ける事で、味が強くおいしい牛丼に仕上がると言われています。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼のカロリー

牛丼には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
これは、牛丼の量によっても異なりますが、牛丼は、色々なメニューの中でも高カロリーだと言われています。
牛丼並盛り1杯の平均的なカロリー数は、700カロリーほどで、お店によっては、700カロリーよりも少ない場合もありますが、ご飯とお肉の割合が多い分、カロリーは必然的に高くなると言えるでしょう。
そして、牛丼には、タマネギも使われていますが、栄養バランスの面で考えると、タマネギだけでは不十分ですし、出来るなら、お味噌汁やサラダを付けた方が良いと言われています。
牛丼は安く、早く食べられるメニューですが、食べすぎには注意が必要です。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼がわかる!その魅力とは

牛丼の魅力とは何でしょうか。
牛丼の魅力は、チェーン店を利用すれば24時間いつでも手軽に食べられますし、価格が安く、お腹にたまりやすい事だと言われています。
最近では、牛丼を家で作るよりも、牛丼チェーン店で購入した方が、安く済む事もよくありますし、何よりも手間がかからないため、早く沢山食べたいという方には、多く利用されていると言えるでしょう。
また、牛丼の価格は、並盛りで280円~380円ほどなので、ちょっとしたお昼ご飯として食べるのも、家計に優しいですし、何よりお肉とご飯、そしてタマネギのボリュームがあるため、お腹にたまりやすいというのが、大きな魅力です。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の保存方法

牛丼チェーン店で購入した牛丼は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
安くて早いのが魅力の牛丼チェーンでは、店内での飲食だけでなく、持ち帰りをする事も出来ますが、夜に食べようとしていたものを、次の日まで保存するのは不安を感じる方も多いと言われています。
もちろん、牛丼は早く食べた方がご飯もおいしいのですが、お店によっては、30円増しでご飯と牛皿を別に購入する事も出来るので、1日保存するのであれば、それが一番良いと言えるでしょう。
また、次の日であれば、冷蔵庫で保存してレンジで温めるのも良いですが、それ以降は冷凍した方が良いと言われています。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の種類

牛丼屋さんに行って、牛丼チケットの買い方に戸惑った事はないでしょうか。
牛丼は、チェーン店だと300円以下で食べる事が出来る為、手頃さが人気なのですが、細かい注文なども合わせると、その種類は70通り以上にもなるそうです。
例えば、並盛り、大盛り、特盛り、汁が多めの「ツユだく」などのポピュラーな注文方法だけでなく、ネギ多めの「ネギだく」ネギ少なめの「ネギ抜き、ネギ少なめ」、炊きあがり直後のご飯を使う「あつしろ」なども沢山あります。
さらに、お肉の脂身部分をのぞく「トロ抜き」や、冷たいご飯を使う「つめしろ」など、コアなものもあるので、その人の好みによって、バリエーションも楽しめると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の有名産地

牛丼に使われている食材の産地と言えば、どこなのでしょうか。
牛丼は、安い価格で牛丼を提供する為に、牛肉や米の仕入れ価格も抑えていると言われています。
牛丼チェーン店で使われる牛肉のほとんどはアメリカ産で、短期間で成長をさせる為に、ワクチンだけでなく、ホルモン注射などをして育てられているそうです。
中には、日本国内で禁止されているホルモン注射が、アメリカでは使われている場合もある為、その点でも、牛丼チェーン店のお肉は安全だとは言えないでしょう。
また、牛丼に使われる米は、オーストラリアや中国産などを使っている事が多く、国産の米を使う事は、かなり少ないと言われています。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の価格目安

牛丼の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
牛丼の価格は、有名な牛丼のチェーン店で、並盛り280円~380円ほどだと言われています。
牛丼のチェーン店は、すき家、吉野家、松屋など、全国各地に展開している為、料金に大きな差は無いと言えるでしょう。
ただ、牛丼の場合には、牛丼定食や、お味噌汁、卵のトッピングなどによっても、料金は異なりますし、牛丼だけなら安く済ませられますが、他の注文もすれば、その分、単価は高くなると言われています。
ちなみに、それぞれの牛丼専門店によって、味付けなども異なる為、好き嫌いが分かれると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼の栄養と効能

牛丼には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、牛丼には、牛肩肉が使われる事が多く、タンパク質とカルシウムなどが豊富に含まれています。
しかし、一種類の部位だけでなく、様々な部位のお肉が使われている事が多い為、筋肉や骨を作る上で欠かせないタンパク質、カルシウムなどが豊富だと言えるでしょう。
そして、牛丼の具材として使われるタマネギには、血液をサラサラにして、コレステロールを下げる効果があります。
また、タマネギを沢山食べる事で、新陳代謝も活性化される為、疲労回復や精神安定などの効果もあると言えるでしょう。
ただ、牛丼は具材が少ない分、毎日の食事としては、栄養が偏りやすくなると言われています。

投稿日: カテゴリー 牛丼

牛丼のおいしい見分け方

牛丼は、どこでおいしさを見分ければ良いのでしょうか。
牛丼は、お肉に味がしみ込むまでに時間がかかるため、自宅で作る場合には、お肉選びが重要になると言われています。
特に、牛丼をおいしく仕上げる為には、脂身があり、なるべくお肉が薄くカットされていた方がいいそうです。
また、人によって牛丼チェーン店の味の好みは異なりますし、吉野家風、松屋風など、簡単なレシピも、ネットなどで沢山紹介されていると言えるでしょう。
ちなみに、牛丼には、新タマネギを使うと言う方も多いのですが、牛丼には、砂糖も使用する為、普通のタマネギを使っても甘く感じると言われています。

投稿日: カテゴリー 牛丼