玉ひもの栄養と効能

玉ひもには、どんな栄養が含まれているのでしょうか。

玉ひものキンカンは卵黄の未熟な物なので、含まれている栄養分も卵黄とほぼ同じだと言えるでしょう。

キンカンの部分は、豊富なカルシウム、プロテイン、タンパク質などが含まれているエネルギー食材なのですが、カロリーとコレステロールが高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

また、玉ひものヒモの部分は、モツとして煮込むと、ビタミン、タンパク質などが煮汁に出てきますし、お腹にも優しいと言われています。

少し臭みのある玉ひもですが、栄養価は他の部位に比べても高めだと言えるでしょう。

玉ひもの保存方法

玉ひもは、どんな風に保存したらいいのでしょうか。

生の玉ひもは、冷蔵保存で1週間ほど持ちますが、時間が経つと色合いがくすんできて、臭いも強くなるので、出来れば購入から3日以内には調理した方が良いでしょう。

調理済みの玉ひもも冷蔵保存で1週間ほど持ち、煮物にした玉ひもを温め直す場合には、出汁に水を少し足して、鍋で温めるのが良いそうです。

冷凍した場合も、自然解凍をして風味を崩さないようにしましょう。

ちなみに、玉ひものキンカンの部分は、卵黄とほぼ同じなので、電子レンジで温めると爆発するので注意した方が良いそうです。

玉ひものおいしい見分け方

玉ひもは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。

玉ひもは、雌のニワトリの排卵前の玉子(キンカン)と卵管(ヒモ)がくっついた部位の事で、スーパーなどでも販売されている事が多いようです。

玉ひもは、時間が経つと臭みが強くなるので、出来るだけ新鮮でキンカンが明るいオレンジ色をしているものを選ぶのが良いでしょう。

キンカンは簡単に言うと、卵の卵黄部分になりますから、色が鮮やかでくすみのないものがオススメです。

また、ヒモの部分も、時間が経つと色合いがくすんでくるため、こちらも全体の色がおいしさを見分けるポイントになると言えるでしょう。

玉ひもの魅力

玉ひもの魅力とは何でしょうか。

玉ひもの魅力は、価格が安く、栄養も豊富な事です。

玉ひもは、スーパーでも販売されているキンカン(排卵前の玉子)とヒモ(卵管)がくっついた鶏肉の部位の事で、500gあたり300円~500円と比較的安いと言われています。

また、玉ひものキンカンの部分には、卵黄と同じような栄養素が含まれているため、タンパク質やエネルギーが豊富で、カロリーも高いのですが、硬い卵黄をそのまま食べているのとほぼ同じです。

さらに、玉ひもは、煮物、焼き物、炒め物と料理のレパートリーも幅広いので、様々な応用が利くという点でも魅力が多い食材だと言えるでしょう。

玉ひもの価格目安

玉ひもの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。

玉ひもの価格は、鶏肉の部位の中でも安く、500gあたり300円~500円ほどで購入できる事が多いと言われています。

玉ひもは、排卵前の玉子と卵管がくっついた部位の事で、オレンジっぽい玉に卵管のモツが付いている見た目は少しグロテスクですが、玉子の部分は、卵黄と同じように高い栄養素があるため、体に良いと言えるでしょう。

また、煮物料理の他にも、串焼きや炒め物にも応用でき、調理法も簡単なので、あまり玉ひもを食べた事がない人でも、使いやすい食材です。

独特の臭いがある玉ひもですが、慣れればその臭いもクセになると言えるでしょう。

玉ひもの食べ方

玉ひもには、どんな食べ方があるのでしょうか。

玉ひもは、キンカンと呼ばれる排卵前の玉子と、ヒモと呼ばれる卵管がくっついた鶏肉の部位で、独特の臭みがあるため、臭みが気にならない煮物にするのが一般的です。

ただ、玉ひもの臭みが気にならない場合には、串焼きにしたり、焼き物にする場合もあり、生の状態だと見た目に抵抗がある人でも、意外と味は悪くないと感じる事も多いと言えるでしょう。

また、玉ひものキンカンの部分は、硬い卵黄のような味をしているため、炒め物にしても相性が良いと言われています。

スーパーでも安く販売されている玉ひもなので、一度試してみるのがいいでしょう。

玉ひもの簡単な定番レシピ

玉ひもといえば、煮物料理が定番です。

材料は、玉ひも25g、ジャガイモ大2個、タマネギ大2分の1、調味料として、そばつゆ100cc、みりん50cc、料理酒50ccです。

まず、玉ひものキンカンとモツ部分を分けて水で洗い、熱湯で湯通ししておきます。
この下茹でをしないと玉ひもの臭みが残るので必ず行いましょう。

その後、ジャガイモは皮をむいて大きめに切り、タマネギはスライスして、圧力鍋に要れ、調味料を加えて、圧力中で15分ほど加熱します。

圧力が下がったら、火を止めて15分ほど蒸らしたら、玉ひもの煮物の完成です。

お皿に盛る時に、少し刻んだ細ネギを加えると色合いが増すのでオススメです。

玉ひものカロリー

玉ひものカロリーはどれくらいあるのでしょうか。

玉ひもの玉子の部分は、キンカンと言って、雌鳥の卵子で、それに含まれているカロリーは、100gあたり387カロリーです。

玉ひもの玉子は、1個あたり18gほどで、70カロリーほどで、基本的には卵黄と同じような栄養分が含まれているため、体にはとても良いパワー食材なのですが、その分カロリーも高いので、ダイエット中の方は、食べ過ぎに注意した方が良いでしょう。

ちなみに、玉ひもの卵管の部分には、ほとんどカロリーがないので、玉ひもの煮物でもひもの部分をたくさん食べる分には問題ないと言われています。

玉ひもの有名産地

玉ひもの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。

玉ひもは、鳥の部位の1つなので、玉ひも=鶏肉の産地ということになります。

鶏肉の産地と言えば、能登半島などが有名で、新鮮な地鶏の様々な部位を食べられる場所も多いと言えるでしょう。

そもそも玉ひもとは、雌鶏の排卵前の卵(キンカン)、つまり卵子と、卵管(ヒモ)がくっついた部位の事で、煮物にして食べられる事が多いようです。

新鮮な鶏肉から取れた玉ひもは、市販されている物に比べて柔らかく、臭みも少ないと言われています。

また、煮物以外にも、炒め物にするとさらに食べやすくなると言えるでしょう。

玉ひもの種類

玉ひもという食材をご存知でしょうか。

玉ひもとは、鶏肉の排卵前の玉子(キンカン)と卵管(ヒモ)がくっついた部位で、腸のような内蔵に卵黄のような黄色い玉が入っているような見た目をしています。

玉ひもは、鶏肉の部位の中でも、独特の臭いがあるので、煮物として食べるのが一般的です。

ただ、玉ひもを食べ慣れていないと、キンカンの部分が硬くて食べにくいと感じる人も多く、煮物よりも炒め物にした方が臭みも取れて食べやすいと言えるでしょう。

ちなみに、玉ひもは鳥の部位の中でも比較的安く購入できるため、見た目のインパクトに負けずに挑戦してみるのがオススメです。