生クリームの作り方

生クリームというと、ケーキ用、コーヒー用など使い道によって、種類が異なる物ですが、自宅にあるもので生クリームを代用する事も出来るのでしょうか。

ケーキ用の生クリームとなると、動物性の生クリームが必要で、生クリームは、生乳から乳脂肪分のみを取り出した物なので、自宅で作るのは難しいと言われています。

しかし、料理用のクリームなら、牛乳とバター、少量の小麦粉などで生クリーム代用が可能です。

グラタンやクリームソースは、温めた牛乳にバターを加えて、さらに少しずつ小麦粉をダマが出来ないように、よくかき混ぜるだけで作る事が出来ますし、バターの量によっては、生クリームよりもカロリーを抑えられるのがメリットだと言えるでしょう。

生クリームの使い方

市販されている生クリームの多くは、200mlカップなのですが、1つのレシピに使っても、クリームが余ってしまうという事がよくあります。

余った生クリームの使い方は様々で、スイーツとして使いたいなら、ホイップしてホットケーキや、ケーキのトッピングに使うのも良いですし、ホイップした状態で冷凍するのも1つの方法です。

ホイップした生クリームは、デコレーション用の絞り袋に入れた状態でも、製氷皿に入れた状態でも凍らせて保存する事が出来るそうです。

また、料理用に使うなら、クリーム系のスープに少し足したり、クリームソースや、オムレツなどに少量使うと、味が濃厚になるのでオススメです。

生クリームの定番レシピ

生クリームと言えば、ケーキのデコレーションとして使われる事が多いのですが、生クリームを上手に泡立てるのは、意外と難しいと言われています。

まず、デコレーション用として使われる事の多い、動物性生クリームの場合、脂肪分が多いので、生クリームをかき混ぜすぎると脂肪分が分離してしまいます。

その為、生クリームを泡立てる時には、生クリームを冷蔵庫で冷やすだけでなく、氷水でボウルを冷やしながら泡立てる必要があります。

電動ミキサーを使う場合には、生クリームをすくった時に、クリームのスジが立つ位までを電動ミキサーで、最後の仕上げは泡立て器を使うと、生クリームの泡立てすぎを防ぐ事が出来るそうです。

生クリームのカロリー

生クリームのカロリーは、どのくらいあるのでしょうか。

まず、生クリームには、動物性、植物性の二種類があり、動物性の生クリームの場合、100gあたり433カロリー、植物性の場合には、392カロリーほどだと言われています。

お茶碗一杯分のご飯が170カロリーほどですから、生クリームは、乳製品の中でも、かなりカロリーが高い食品だと言えるでしょう。

また、ケーキのデコレーションとして使われる場合には、生クリームのカロリーに砂糖のカロリーも加わるので、ダイエット中の方は食べる量を抑えた方が良いと言われています。

ケーキ類は、どの種類もカロリーが高めなのですが、生クリームを使ったケーキは、カロリーに注意が必要です。

生クリームの有名な製品

生クリームで作られている有名な製品とは何でしょうか。
生クリームと言えば、ショートケーキなど、ケーキのデコレーションとして使われる事が多いのですが、脂肪分の量によって、使い道が異なる場合もあるようです。
脂肪分の高い動物性生クリームの場合には、ケーキデコレーションに使うと、生クリームのうま味がいかされておいしいのですが、賞味期限は短いのですぐに食べきる事が重要です。
そして、脂肪分が30%以下の生クリームの場合には、プリンなどのお菓子の材料に使うのがオススメで、20%以下の場合には、コーヒーやココアのトッピングとして使うのがおいしいと言われています。

生クリームの保存方法

乳製品の1つである生クリームは、どんな風に保存するのがいいのでしょうか。
生クリームの賞味期限は、未開封・冷蔵保存の場合、2週間ほどで、この期間を過ぎると脂肪分とミルクが分離するので風味が落ちると言われています。
また、未開封の場合でも、開封時に酸っぱい臭いがする場合には、劣化している可能性が高いので、捨てた方が良いでしょう。
そして、泡立てた状態の生クリームは、冷凍保存する事も出来ますが、冷凍する事で、生クリーム独特のクリーム感やコクが落ちてしまうので、出来るなら泡立てたその日に食べきるのが一番です。
ちなみに、未開封の生クリームは、冷凍すると1ヶ月ほどの保存が可能なので、すぐに使い切れない場合には、冷凍するのも1つの方法だと言えるでしょう。

生クリームの種類

生クリームには、動物性生クリームと、植物性生クリームの2種類があります。
まず、動物性生クリームと言うのは、牛乳の乳脂肪を原料にしている製品の事で、脂肪分が35%~45%ほどと高いのが特徴です。
動物性生クリームは、脂肪分が多い分、ケーキのデコレーションなどにピッタリですが、泡立てすぎると食感が悪くなるというデメリットもあるようです。
そして、植物性生クリームと言うのは、菜種油などの植物性脂肪を加工した製品の事で、動物性生クリームに比べると、脂肪分が低いため、賞味期限が長く、臭みがないので食べやすいと言われています。
植物性の生クリームは、サッパリした味わいが魅力なので、ケーキよりもコーヒーのトッピングなどに合っていると言えるでしょう。

生クリームの魅力

ケーキなどの甘いお菓子に多く使われている生クリームですが、生クリームの魅力とは何でしょうか。

生クリームの魅力は、その濃厚な味わいにあります。
生クリームは、種類によって脂肪分が異なり、脂肪分が高くなる分、濃厚な味を楽しめます。

生クリームの使い方で一番ポピュラーなのが、ショートケーキのデコレーションですが、デコレーションに使われる生クリームは、脂肪分が多い方が、ケーキのおいしさを引き立てると言えるでしょう。

また、脂肪分が少ない生クリームなら、サッパリとしているので、ケーキ以外にも、コーヒーやココアのトッピングとして楽しめるのも、魅力の1つだと言われています。

生クリームの価格目安

生クリームの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、メーカーによって異なります。
動物性生クリームの場合には、200mlあたり、300円~450円ほどが一般的な価格で、産地や脂肪分によって価格が異なると言えるでしょう。
特に、脂肪分が高く、コクがあると言われているのは、北海道産の動物性生クリームで、価格は400円~になりますが、ケーキのデコレーションにはオススメです。
そして、植物性の生クリームの場合には、脂肪分が動物性生クリームよりも少ないため、口当たりがよく、価格も170円~300円ほどで購入できる場合が多いようです。

生クリームの栄養と効能

生クリームには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
生クリームは、乳製品の中でも、特に脂肪分が多い食品です。
動物性生クリームの場合には、乳脂肪分が35%~45%になりますから、100gあたりの生クリームでも、500カロリーほどになりますし、砂糖と一緒に泡立てた生クリームの場合には、さらにカロリーも高くなると言えるでしょう。
また、植物性の生クリームの場合には、なたね油などが使われており、牛乳から作られていない分、カロリーが低く、ヘルシーですが、その分、カルシウムなどの栄養分は獲りにくいと言われています。
ちなみに、ケーキやコーヒーなど、生クリームの脂肪分によって生クリームの種類も使い分けると良いでしょう。

生クリームのおいしい見分け方

生クリームは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
生クリームは、すでに加工されている製品なので、メーカーや産地によっておいしさを見分けるのが良いと言われています。
一般的に生クリームと呼ばれているのは、動物性のフレッシュクリームの事で、乳脂肪分が35%~45%と高いのが特徴です。
また、ケーキのデコレーションには、白い生クリームが使われる事が多いのですが、少し黄色が混じったクリーム色のクリームの方が、味は優れていると言えるでしょう。
さらに、生クリームの脂肪分が重いと感じる場合には、口当たりの良い植物性の生クリームがオススメです。