生プルーンがわかる!その魅力とは

生プルーンの魅力って何だと思いますか。
生プルーンの魅力は、まず加工プルーンに比べてクセが弱いため、どんな人にも食べやすいという事ではないでしょうか。
生プルーンの味は、プラムの甘さをもう少し柔らかくした感じで、売れているものだとプラムのような酸味はほとんどありません。
逆に、加工したプルーンのあのクセが良いと言う方もいらっしゃいますが、やはり大半は、あの加工プルーンのクセの強さが苦手という意見かもしれません。生プルーンは種も取りやすいので、小さな子供に食べさせる場合にも心配がいりません。
生プルーンには、鉄分や、葉酸なども含まれているため、整理中や妊娠中の女性は特に多めに摂取した方が良い食材として、広く知られています。

生プルーンの保存方法

実りの季節になったプルーンの木を見た事がありますか。
収穫時期になったプルーンの木って、上から下までプルーンの実で溢れかえっているんです。
プルーン畑として栽培しているなら、話しは別ですが、自宅の庭で個人的に生プルーンを育てている場合、1つの家庭で食べきる事はほぼ不可能です。
そうなると、ご近所に袋一杯のプルーンの実をお裾分け!なんて事もありますよね。
しかし、完熟したプルーンは日持ちしませんから、数日中に食べきるか、保存食のジャムなどに加工する必要があります。
生プルーンの状態なら、クセが弱くても、プルーンをジャムにすると、人に酔ってかなり好き嫌いが別れるので、注意が必要です。

生プルーンの種類

生プルーンにはいくつかの種類が有るのをご存知でしょうか。
国内で一番多く消費されているのが、シュガーと言う品種で、酸味が弱く、甘みが強い特徴を持っています。
生プルーン・シュガーの生産地は長野県が1番多く、家庭の庭でも簡単に栽培出来るので、人気がかなり高いようです。
さらに、生プルーンの中でも掛け合わせで作られた品種があり、その中でも特に有名なのがサンプルーンです。
サンプルーンは、シュガーと、スタンレイという品種のプルーンを掛け合わせたもので、比較的新しいため、まだ市場には多く出回っていないそうです。
海外では、プルーンの栽培が、さらに盛んなので、日本に輸入されてくるだけでも、10種類以上のプルーン品種があるそうです。

生プルーンの有名産地

プルーンの産地と言えば、長野県です。
長野県では、プルーン畑を持っている農家だけでなく、一般家庭の庭でもよく生プルーンを栽培しています。
生プルーン収穫の時期になると、各家庭で毎日沢山のプルーンが出るだけでなく、ご近所さんにも袋一杯のプルーンをお裾分けするのが、長野ではよくある事なのだとか。
海外では、アメリカや、オーストラリアなどでプルーンの栽培が行われています。
特に、フルーツの産地・アメリカのカリフォルニアでは、生プルーンの畑だけで東京ドーム何十個分というような広大な土地を使って、生プルーンの栽培を行っているのだとか。
スケールの大きな海外で栽培された生プルーンは、粒も国内産よりも大きめのものが多いようです。

生プルーンの価格目安

季節になると、スーパーでもよく見かける生プルーン。
生プルーンは、加工されたプルーンよりもクセが弱い為、食べやすく人気が高いのが特徴です。
そんな生プルーンの一般的な価格目安は、1パック500g入りで500円~700円ほど。
これは、購入する地方によって異なり、生プルーンの産地として有名な長野県で有れば、もっと安価で手に入りますし、首都圏の良いスーパーで購入すれば、700円より安く売っている事は、あまり有りません。
さらに、生プルーンをインターネットなどでお取り寄せする場合には、最低でも2キロ以上の単価になるので、生プルーンで約3000円ほどの料金と、送料が目安になります。

生プルーンの栄養と効能

生プルーンには、血液を作る栄養成分・葉酸が豊富に含まれています。
葉酸は、貧血症の人や、赤ちゃんに沢山栄養をあげる必要のある妊婦さんが沢山取る必要のある栄養成分です。
一般的に、「生プルーンには、鉄分が沢山含まれている!」と言われていますが、実は、よく研究を進めてみると、生プルーンに含まれる鉄分は、他の食材と比べると、そこまでずば抜けて多い!というわけではないようです。
しかし、生プルーンに含まれる葉酸が、鉄分以上に血を作る働きをしてくれるのだそうです。
他にも、生プルーンには、高血圧を予防する効果のあるカリウムや、便秘解消に有効な食物繊維が含まれているのが有名です。

生プルーンのおいしい見分け方

おいしい生プルーンの見分け方をご存知でしょうか。
生プルーンは、スーパーでパック売りされている事がほとんどで、購入前に生プルーンの状態をチェック出来るため、以下の事に注意して生プルーンを見分けてみましょう。
まずは、皮の状態。
おいしい生プルーンは、皮にハリとツヤが有ります。
皮の色は、濃い紫色になっているのが一番ですが、これは購入後に追熟すれば色が変わる事が多いため、購入時に薄紫色でも心配は要りません。
しかし、生プルーンの皮に傷がついていたり、シワがよっていたりするものは、既に傷んでいる可能性が高いため、購入を控えましょう。
ちなみに、生プルーンのヘタ部分も切りたてで、みずみずしいものは、おいしい生プルーンといえるでしょう。