米がわかる!その魅力とは

米の魅力とは何でしょうか。
米の魅力は、やはり沢山の料理にも合うだけでなく、シンプルで栄養も満点な事から、毎日、毎食食べても飽きない事だと言えるでしょう。
私達の食生活に米はかかせない主食になりますから、パスタなどの主食があるメニューでない限り、どんな料理にもよく合うのが、米の魅力です。
そして、米には、タンパク質、炭水化物、ビタミンなどが豊富に含まれていますから、おかずがたくさん無くても、栄養を取る事が出来ますし、何よりも毎食食べて飽きないというのは、米の大きな強みだと言えるでしょう。
また最近では、朝食にパンを食べる方が増えて来ていますが、米を使った朝食の方が、栄養素が高く、お腹がすきにくいというメリットもあるそうです。

投稿日: カテゴリー

米の保存方法

お米は5キロ、10キロなど、一人暮らしの場合でも多めに買う事が多いのですが、お米の保存は、意外と難しいと言われています。
まず、調理をしていない生のお米は、袋やお米用のケースなどに入れて、保存される事が多いのですが、頻繁にお米の袋を開けていると、そこに虫が入って、お米をかじってしまうという事もよくあります。
その為、生のお米に虫が入らないようにするには、生の赤唐辛子を1本、お米の袋に入れておくと良いと言われています。
また調理済みのお米は、時間が経つと乾燥しやすいので、すぐに食べきれない場合には、炊きあがりにラップをして冷凍保存し、食べる時にレンジで温めるのが良いそうです。

投稿日: カテゴリー

米の種類

お米には、どんな種類があるのでしょうか。
お米は、世界各地で食べられている主食の1つですが、その形や味わい、栄養素は大きく異なると言われています。
まず、日本国内で食べられているのは、ジャポニカ米と呼ばれる品種で、お米全体が丸く、炊き上げた時に、独特の弾力と粘り気があるのが特徴です。
このジャポニカ米には、うるち米やもち米なども含まれます。
そして、海外で食べられているお米の8割はインディカ米と言って、お米全体が細長い品種だと言えるでしょう。
こちらは、粘り気がほとんど無く、炊きあがりもパサパサしており、味もあまりない為、塩やコンソメ、香辛料などで味付けされる事が多いようです。

投稿日: カテゴリー

米の有名産地

お米の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
日本は、国内で作られているお米の量がとても多いため、多くの地域がお米の産地だと言えますが、特にお米の味わいが強く、おいしいと言われているお米の産地は、東北地方だと言われています。
日本の中でもトップブランドのお米であるコシヒカリも、新潟魚沼産の物が一番高級ですし、あきたこまちも秋田県で多く作られています。
もちろん、富山県など、東北以外の地方でも、コシヒカリなどが作られていますが、価格は魚沼産の物よりも安価になるそうです。
また、海外では、細長いお米が食べられる事が多く、特にインドやインドネシアでは、お米の収穫量も多いと言われています。

投稿日: カテゴリー

米の価格目安

米の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
米の価格は、毎年少しずつ上がって来ていますが、一般的な価格だと5キロ2000円と言うのが相場だと言われています。
ただ、これは一般的な米の価格で、こしひかりや、あきたこまちなどのブランド米になると、一般の価格に1000円~2000円プラスされると考えた方が良いでしょう。
また、同じコシヒカリでも、新潟の魚沼産のコシヒカリと、富山県産コシヒカリでは、かなり値段も異なっている事が多いそうです。
特に、「コシヒカリ」と表示がされていても、実際にはブレンド米である事も多いので、しっかりと確認する事が大切です。

投稿日: カテゴリー

米の栄養と効能

お米には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
お米は、私達の食生活にかかせない主食ですが、特に日本で食べられる事の多い丸いうるち米には、沢山の栄養素が含まれているそうです。
まず、お米には、タンパク質、亜鉛、カルシウム、ビタミンBなどが、豊富に含まれており、お肉や野菜、魚類と合わせて食べる事で、特に栄養の吸収を良くしてくれる効果があります。
お米は、カロリーが高いため、ダイエット中の方には避けられる事が多いのですが、お米に含まれるカロリーは、他の食材の栄養を吸収する為にかかせないエネルギーになります。
その為、ご飯を控える事よりも、お肉や油物を控える事の方がダイエットには効果的だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

米のおいしい見分け方

おいしいお米を、普段どんな風に見分けていますか。
お米というと、見た目での判断より、ブランドの名前で判断される事が多いのですが、やはり日本はお米を主食に食べているだけあって、おいしいお米が多いと言われています。
おいしいお米は、炊きあがりにツヤがあり、舌触りも柔らかく、噛んだ時に適度な弾力と甘みを感じられるそうです。
そして、コシヒカリなど、高級なブランドのお米は、おにぎりなどご飯が冷めてからも、お米本来のおいしさが残っていると言うのが、ポイントだと言われています。
お米には、本当にたくさんの種類がありますが、日本米のように丸みのあるお米の方が水分を吸収しやすいため、お腹にたまりやすく満腹感が得られるそうです。

投稿日: カテゴリー