米ぬか油がわかる!その魅力とは

米ぬか油の魅力とは何でしょうか。
米ぬか油の魅力は、加熱しても酸化が起きにくいため、揚げ物用の油として適している事だと言えるでしょう。
一般のサラダ油は、一度揚げ物用に使っただけで、色が濁ったり、酸化して質が落ちてしまいますが、米ぬか油の場合には、加熱しても、酸化しにくい油なので、その点では、繰り返し揚げ物用として使うのに優れています。
そして、米ぬか油は、老化防止に効果が高いビタミンEを豊富に含んでおり、血中コレステロールを防ぐ効果も高いので、その点でも利用価値が高いと言えるでしょう。
揚げ物をする事が多い料理店では、普通の油よりも米ぬか油の方がオススメです。

米ぬか油の保存方法

米ぬか油は、どんな風に保存した方が良いのでしょうか。
「米ぬか」という言葉を聞くと、かなり保存には注意しないといけないように感じる方も多いのですが、米ぬか油は、すでに油に加工されているので、保存方法も、普通の油と同じように常温で保存が可能です。
米ぬか油は、熱に当たっても、油が酸化しにくいという特徴があるため、むしろ他の油よりも、長持ちすると言われていますが、基本的には、日光、熱の当たらない戸棚などにしまっておくのが一番だと言われています。
ただ、米ぬか油は、小さなボトルで販売されている事が、ほとんど無いため、その点では、サラダ油のような小分けボトルに入れて、炒め物用、揚げ物用と分けるのも良いでしょう。

米ぬか油の種類

米ぬか油には、どんな種類があるのでしょうか。
米ぬか油は、「こめ油」と呼ばれる事もある油の一種で、特に揚げ物などの食用油、肌に使うキャリアオイルとして、使われる事が多いと言われています。
そして、米ぬか油に使われる米ぬかは、国内産の物が多く、一般のスーパーなどではあまり販売されていませんが、ネットなどでは、比較的、お買い得な価格でも販売されているので、試してみるのもオススメです。
米ぬか油を使ったキャリアオイルは、オイル専門店などでも販売されていますが、食用の米ぬか油に比べると、価格が高めなので、まずは少量試して、肌との相性を見る事が大切だと言われています。

米ぬか油の有名産地

米ぬか油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
米ぬか油は、国内外で幅広く製造されていますが、国内で販売されている米ぬか油のほとんどは、国内産の米ぬかが使われていると言われています。
米ぬか油の製造は、北海道から沖縄まで、様々な地域で行われていますが、お米の産地という面では、新潟や秋田などの米ぬか油に人気が集まっているそうです。
海外の米ぬかでは、東南アジアや、アメリカからの輸入も行われていますが、日本自体がお米の生産量、消費量が多いので、その点では、輸入品の米ぬかは、全体のごく一部だと言えるでしょう。
最近では、米ぬかに対する関心が集まっているので、今後は、米ぬか油の知名度も上がって行くと言われています。

米ぬか油の価格目安

米ぬか油の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
米ぬか油の価格は、メーカーによっても異なりますが、肌に使われるキャリアオイルなら、500mlで2000円ほどが、価格の目安だと言われています。
ただ、米ぬか油は、食用の場合だと、1リットル1000円~1500円ほどで、一般の油に比べると割高ですが、まだ手が出せる値段だと言えるでしょう。
もちろん、米ぬか油を販売しているお店によって、この価格も異なるので、ネットなどで調べてみると、お手頃な価格から、高級な米ぬか油まで、幅広い情報が見つかると言われています。
健康を目指すなら、米ぬか油を試してみるのも、良いかもしれません。

米ぬか油の栄養と効能

米ぬか油には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
「米ぬか」というと、沢山の栄養素が含まれている食材として知られていますが、この米ぬか油も、栄養豊富な油のひとつです。
特に、米ぬか油には、老化防止に効果のあるビタミンEが豊富に含まれているそうです。
このビタミンEは、老化防止の他に、肌荒れや、ホルモンバランスを整える効果がある為、女性には特にオススメだと言えるでしょう。
そして、米ぬか油は、コレステロール値を抑え、動脈硬化を防止する効果がある為、「油は、コレステロール値が上がってしまうから、控えないといけない」という方にもオススメです。

米ぬか油のおいしい見分け方

米ぬか油には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
基本的に、米ぬか油は、メーカーによって、大きな違いがないと言われています。
米ぬか油の中には、価格が大きく異なる商品もあるのですが、これは品質と言うよりも、使い道の違いによる価格の差で、実際に、食用油の米ぬか油の方が、キャリアオイルとして使う米ぬか油よりも、安いと言われています。
もちろん、米ぬか油に使われているお米の種類によっては、栄養素も異なる為、なかなか市場には出回っていませんが、コシヒカリや、あきたこまちなど、有名なお米のぬかを原料にした米ぬか油を選ぶのも、ひとつのポイントだと言えるでしょう。