粕汁がわかる!その魅力とは

粕汁の魅力とは何でしょうか。
粕汁の魅力は、栄養分が豊富で、1杯飲むだけで身体が温まる事だといわれています。
まず、粕汁の主な材料には、酒粕、味噌、にんじん、大根、魚、野菜の漬け物などが使われるのですが、特に粕汁の酒粕には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、炭水化物が豊富に含まれており、これだけでもかなり健康への効果が高いそうです。
そして、粕汁は、アルコール分が含まれている事もあり、1杯飲んだだけで身体が温まるのが特徴で、特に冬のお祭りなどでは、販売される事が多いと言われています。
特に寒くなる季節には、粕汁の栄養分、身体を温める効果が欠かせないと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁の保存方法

粕汁は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
粕汁は、空気に触れると傷みやすい食材のひとつなので、基本的には冷蔵保存で、開封から3日ほどで使い切った方が良いと言われています。
ネットなどでは、粕汁を1キロ単位で販売しているお店も多いのですが、粕汁に使う酒粕の量は比較的多いので、家族が比較的多い家庭なら、すぐに使い切れると言えるでしょう。
ただ、最近では、酒粕が様々な料理に使われる食材として、一般にも知られて来ている為、粕汁だけでなく、他の料理と合わせてみるのも良いと言われています。
粕汁は、まとめて買う量が多い分、使い方にも、工夫が必要なのです。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁の種類

粕汁にも種類があるのでしょうか。
粕汁というと、大根やにんじん、魚、野菜の漬け物などに、だし汁と味噌、酒粕を合わせた汁物として知られていますが、粕汁に使われる具材は、地方によって違いがあると言われています。
まず、粕汁に使われるやさいの漬け物は、地方によって違いがあり、大根などの古漬けを使う地域もあれば、野沢菜を刻んでいれる場合もあるそうです。
もちろん、粕汁は、酒粕と味噌がベースになっている分、味の違いは、そこまで無いのですが、漬け物の種類によっては、沢山のバリエーションを楽しめると言えるでしょう。
粕汁は、アイデア次第で、様々な味を楽しめる汁物料理だと言われています。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁の有名産地

粕汁の産地では、どこが有名なのでしょうか。
粕汁は、全国各地で食べられている汁物料理のひとつですが、酒どころの多い京都や奈良では、関東以上に粕汁を食べる機会が多いと言われています。
もちろん、粕汁に使われる酒粕は、新潟県や秋田県で販売されているケースが多いですし、粕汁に入れる野菜の漬け物も、地域によって種類がある事から、特定の産地というのは、無いと言えるでしょう。
ちなみに、完済では、粕汁に豚肉を入れる場合もあり、豚肉の脂によるコクが出る事で、さらに粕汁の味わいも変わると言われています。
様々な土地で、ご当地の粕汁を味わってみるのもいいかもしれません。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁の価格目安

粕汁の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
粕汁を外で食べる場合の価格は、1杯300円~600円ほどだと言われています。
しかし、これも、どこで食べるかによって異なり、定食屋では、セットメニューで1000円ほど、居酒屋なら単品で400円~600円という場合が多いと言えるでしょう。
また、ネットでは、粕汁に使う酒粕が1キロ段位で販売されている事も多く、価格は、1キロ800円~1000円ほどだと言われています。
自宅で粕汁を作る場合にも、酒粕の価格自体が、そこまで安くないので、家族4人分で600円~800円ほどだと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁の栄養と効能

粕汁には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
粕汁は、伝統的な汁物料理の中でも、かなり豊富な栄養分を含んでいると言われています。
まず、粕汁に使われる酒粕には、ビタミン、ミネラル,炭水化物などが豊富に含まれているそうです。
そして、粕汁の味付けとして使われる味噌も、ミネラル分が多く、タンパク質なども豊富に含まれている為、身体の骨や皮膚を再生する役割もあるそうです。
さらに、粕汁には、大根や魚、にんじん、野菜の漬け物などが使われており、少し塩分が強く、アルコール分が含まれているものの、粕汁に含まれる栄養分は、ほぼパーフェクトだと言われています。

投稿日: カテゴリー 粕汁

粕汁のおいしい見分け方

粕汁には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
すでに調理された粕汁は、見た目だけで、おいしさを判断する事が出来ませんが、自宅で粕汁を作るなら、おいしい酒粕を入手する事が欠かせません。
粕汁は、スーパーだけでなく、ネットなどでも販売されており、自宅からでも簡単に購入する事が出来ます。
酒粕に使う粕汁は、やはり日本酒が有名な地域の物を使うのが良いと言われており、特に、新潟産の酒粕は、香りもよく、コクがあると評判が高いそうです。
酒粕には、使われたお米の銘柄が分からない事が多いのですが、お酒作りが盛んな地域では、おいしい酒粕も手に入りやすいと言われています。

投稿日: カテゴリー 粕汁