綿実油がわかる!その魅力とは

綿実油の魅力とは何でしょうか。
綿実油の魅力は、風味が良いため、どんな料理にも応用が効く事だと言えるでしょう。
綿実油は、綿花の種子から採れた油の事で、リノール酸やオレイン酸の量が多いだけでなく、綿実油独特の風味があると言われています。
この綿実油は、揚げ油としてだけでなく、サラダのドレッシングとして使え、なんとスープの隠し味として使用しても、おいしく仕上がるため、高級レストランでも、よく使われているそうです。
ちなみに、綿実油は、ある程度の量を摂取しても、リノール酸の影響で、油が身体に溜まりにくいという特徴もあるので、それも、綿実油の大きな魅力だと言えるでしょう。

綿実油の保存方法

綿実油は、どのように保存するのが良いのでしょうか。
基本的に、綿実油は、オイルの酸化や乳化を防ぐために、日光や熱が当たらず、湿気も少ない場所で保管するのが良いと言われています。
熱を防ぐ為に、冷蔵庫で綿実油を保管する方もいるのですが、これだと、冷蔵庫の湿気で、内部のオイルが乳化し、色が濁ってしまう事もあるので、綿実油は、常温で保存した方が良いでしょう。
また、綿実油の風味を保つ為にも、開封後は3ヶ月以内に全てを使い切った方が良いと言われています。
3ヶ月を過ぎても、油の質が大きく変わるという事はなくても、時間が経つに連れて、栄養分も変わってくるので、それも気に留めておいた方が良いでしょう。

綿実油の種類

綿実油にも、種類があるのでしょうか。
綿実油は、食用油として使われる事が多く、メーカーや原産国によって、価格も大きく異なりますが、綿実油そのものに沢山の種類があるわけではありません。
ただ、綿実油の原産国は、アメリカ、中国、オーストラリアなど様々で、どこの原産国の綿実油かによって、風味も異なる事が多いようです。
あまり知られていませんが、綿実油は、サラダ油の一種で、特に風味が良い事もあり、「綿実油は、サラダ油の王様」と言われる事もあると言われています。
その為、油を使う事の多いレストランでは、シェフが好んで綿実油を使う事もよくあるそうです。

綿実油の有名産地

綿実油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
綿実油は、海外から輸入される事が多いのですが、日本国内で販売されている綿実油のほとんどは、アメリカ産の綿実油だと言われています。
アメリカでは、木綿の原料になる綿花の生産量が多く、その綿花の種子を利用した綿実油の製造量も多いのです。
また、アメリカ以外でも、中国や、オーストラリア産の綿実油が販売されていますが、それぞれの原産国によって、風味も異なるので、機会があれば、試してみるのも良いでしょう。
ちなみに、綿実油には、リノール酸以外の栄養素があまり含まれていないため、他の国でも、健康サプリメントなどは販売されていないようです。

綿実油の価格目安

綿実油の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
綿実油は、沢山有るオイルの種類の中でも、比較的安価で販売されています。
この綿実油の価格は、400mlで450円~500円ほどで、オイルの中では、サラダ油と同じ位置づけになっているそうです。
もちろん、私達が普段使っているサラダ油は、なたね油や大豆油が多いのですが、サラダ油として区別されている綿実油の価格は、比較的安いと言えるでしょう。
綿実油は、一般のお店であまり見かける事がありませんが、ネットなどでは、沢山販売されていると言われています。
普段と少し違う油を試すなら、綿実油がオススメだと言えるでしょう。

綿実油の栄養と効能

綿実油には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
綿実油は、風味が良いサラダ油として知られており、栄養分の約50%は、油の分解を助けるリノール酸だと言われています。
リノール酸が多く含まれている綿実油は、ある程度の量を摂取しても、肥満などにつながりにくいと言われており、その点でも、食用には向いています。
しかし、綿実油には、それ以外の目立った栄養がないので、健康的なオイルと言うよりも、調理の風味付けに向いているオイルだと言えるでしょう。
その為、綿実油独特の風味が、高級レストランや、ホテルのシェフに愛用される一番の魅力だと言われています。

綿実油のおいしい見分け方

綿実油にも、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
綿実油は、サラダ油の王様と言われるほど、油の中でも質がいい物ですが、おいしい綿実油を選ぶなら、アメリカ産の物が良いと言われています。
中国産の綿実油も、よく出回っており、メーカーによっては、質がいい物もあるのですが、レストランなどで使われているのは、アメリカ産の綿実油が多いと言えるでしょう。
風味が良い綿実油は、通常の綿実油と比べると数倍価格が高いと言われていますが、料理の隠し味と使うだけで、風味が大きく変わるため、高級レストランでは、綿実油がよく使われていると言われています。