聖護院大根の食べ方

聖護院大根は、生食でも食べられるのでしょうか。
聖護院大根は、普通の大根と同じように、生食や、漬け物にする事が出来ます。
この聖護院大根には、独特の甘さがあるため、火を通さなくても、優しい甘みを感じられるので、オススメです。
もちろん、聖護院大根は煮崩れしない大根としても有名なので、煮物や焼き物に使ってもおいしさを楽しめるのですが、煮物の場合、味付けによって、聖護院大根本来の味を感じづらくなります。
その為、新鮮な聖護院大根が手に入った場合には、生食など、大根本来の味を楽しめるレシピで、購入から数日経った場合には、煮物などの保存食にするのが良いと言われています。

聖護院大根の栽培

聖護院大根は、自分で育てられるのでしょうか。
聖護院大根は、大きめの野菜なので、地植え出来る場合には、栽培も可能です。
聖護院大根の種まきは、寒冷地で7月中旬~八月の中旬で、温暖地で8月の下旬~9月の中旬に行います。
聖護院大根は種をまくと、1週間以内に発芽する事がほとんどで、種まきから3週間ほど立ったら、1カ所に1株ずつになるように、間引きする必要があります。
この聖護院大根を大きく育てる為には、肥料をあげる事が大切ですが、肥沃な土であれば、肥料無しで育つ場合もあるそうです。
収穫は、寒冷地で10月の中旬~11月の下旬、温暖地で、10月の下旬~1月まで出来ると言われています。

聖護院大根の簡単な定番レシピ

聖護院大根は、どんな風に調理するのがおいしいのでしょうか。
聖護院大根は、煮崩れしにくい大根として知られているので、煮物がオススメです。
材料は、聖護院大根2分の1玉、豚肉100g、しいたけ3枚、ネギ1本、だし汁300cc、油大さじ1で、その他に、砂糖とお酒を大さじ1ずつ、みりんを大さじ1、醤油大さじ3を混ぜ合わせておきます。
野菜類は食べやすい大きさにカットして、豚肉を鍋で炒めてから、大根、ネギ、しいたけの順番で、鍋に入れて炒めていきます。
その後、だし汁を加えて、大根が柔らかくなってから、先ほどの調味料を入れて、落としぶたをし、野菜に味がしみ込んだら聖護院大根の煮物の出来上がりです。

聖護院大根のカロリー

聖護院大根には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
聖護院大根には、100gあたり18カロリーが含まれています。
これは、大根の平均的なカロリー数で、聖護院大根は丸い大根ですが、元々細長い大根から改良された品種なので、栄養素やカロリーなどは変わらないと言えるでしょう。
聖護院大根は、甘みがある大根として知られていますが、これは、自然な甘みなので、カロリーにも直接影響しませんし、栄養の面でも、優れている野菜だと言われています。
ちなみに、聖護院大根は、ヘルシーな野菜ですが、ダイエットの場合には、バランス良く、他の野菜も合わせる事が大切です。

聖護院大根がわかる!その魅力とは

聖護院大根の魅力とはなんでしょうか。
聖護院大根の魅力は、甘みが強い事だと言われています。
普通大根と言えば、辛味が強く、しっかりと熱を通さないと食べにくい野菜ですが、聖護院大根の場合には、甘みが強い上、調理後も味が変わりにくいと言えるでしょう。
そして、聖護院大根は実がしまっている分、煮物などに使っても、煮崩れしにくいという特徴があり、漬け物にしても、シャキシャキ感があるため、おいしいと言われています。
ただ、聖護院大根は、あまり一般の八百屋さんなどでは扱われていないので、ネットなどを通さないと、購入が難しい貴重な野菜だと言えるでしょう。

聖護院大根の保存方法

聖護院大根は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず、聖護院大根は、葉っぱつきで販売されている事が多いのですが、購入後は、出来るだけ早く葉っぱを切り落とした方が良いと言われています。
葉っぱがついていると、葉っぱに実の水分が吸い取られてしまうため、すぐにカサカサになってしまいますし、栄養素も落ちてしまいます。
葉をカットしたら、乾燥を防ぐ為に、ラップに包んだり、袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存するのが良く、冬の間なら、冷蔵庫でなくても、涼しい場所で保管する事が出来ます。
ちなみに、聖護院大根の葉っぱは切るとすぐにしおれてしまうため、食べる場合には、その日の内に調理した方が良いでしょう。

聖護院大根の種類

聖護院大根は、どんな種類の大根なのでしょうか。
聖護院大根は、ボールのような球体をしている大根で、重みがあり、甘みが強い種類だと言われています。
大根というと、長くて太い野菜なのですが、聖護院大根の場合は、本当に形が丸くなったのみで、色合いも普通の大根と変わりありません。
しかし、聖護院大根は、ほんのりした甘さが特徴で、煮物にしても、煮崩れしにくいという特徴があります。
京料理にも、よく使われている品種で、京都の冬の煮物には、書かせない素材のひとつだと言えるでしょう。
ちなみに、聖護院大根は、ビタミンCや、カルシウムの量も多いので、とてもヘルシーな野菜だと言われています。

聖護院大根の有名産地

聖護院大根の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
聖護院大根は、元々、京都府の左京区聖護院の農家さんが、作り出した大根です。
丸くて大きい聖護院大根は、長細い大根から作られた品種なので、栄養分はそこまで大きく変わりませんが、独特の甘みが特徴的な品種だと言えるでしょう。
大根に男、様々な種類があり、聖護院大根と似たような丸い形をした種類には、桜島大根が挙げられます。
聖護院大根が1玉1キロ~2.5キロなのに比べて、桜島大根は1玉の重さが、10キロ~20キロほどになる、大型の品種だと言われています。
どちらも、購入する為には、ネットや業者さんを通さないといけないのですが、家庭の料理には、聖護院大根の方が使いやすいと言えるでしょう。

聖護院大根の価格目安

聖護院大根の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
聖護院大根は、まるっこい形をした大根で、サイズはカブよりも大きく、重みがあると言われています。
聖護院大根は、ネットなどでも販売されており、1玉(1、5kg~2kg)800円ほどするそうです。
しかし、ネットでは、家庭用に販売されていない事も多い為、箱単位で購入しないといけない場合も多く、あまり一般家庭では使われていない野菜だと言えるでしょう。
ただ、地方の直売所では、聖護院大根の少し小さいサイズが、1玉500円弱で販売されている事もよくあると言われています。
市場にはあまり出回らない聖護院大根ですから、機会があれば、試してみるのも良いでしょう。

聖護院大根の栄養と効能

聖護院大根には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
聖護院大根には、ビタミンCが豊富に含まれていると言われています。
ビタミンCは、ご存知の通り、美肌や美白に効果があり、日焼けした肌がボロボロにならないように、ケアをする効能があります。
そして、聖護院大根には、カルシウムも含まれており、その量は、ほうれん草の2倍以上だと言われています。
大根というと、水分が多く、栄養分が少ないというイメージの方も多いのですが、実際には、聖護院大根は、老化防止や、がん予防、イライラの解消にも効果がある、栄養豊富な野菜のひとつだと言えるでしょう。

聖護院大根のおいしい見分け方

聖護院大根は、どこでおいしさを見分ければ良いのでしょうか。
聖護院大根は、大根の一種ですが、実が丸いという特徴があります。
新鮮な聖護院大根の皮には、ハリがあり、葉っぱも切られた部分がみずみずしいといえるでしょう。
逆に、聖護院大根の表面が変色していたり、傷がついている場合には、早く使い切らないと、どんどん傷んでしまうので、すぐに使いきれる場合のみ購入した方が良いと言われています。
さらに、おいしい聖護院大根は、水分を豊富に含んでいるため、重みがあり、全体の形もキレイな球体になっている物の方が、栄養素に偏りがなく、おいしいと言えるでしょう。