肉団子がわかる!その魅力とは

肉団子の魅力とは何でしょうか。
肉団子の魅力は、どんなお肉の素材を使っても、沢山の料理に応用が利く事だと言われています。
例えば、牛肉や豚肉の肉団子は、ミートボールとしてソースに絡めるだけでも料理の1品になりますし、油で揚げればメンチカツとしても応用が利きます。
さらに、ヘルシーに肉団子を楽しみたいと言う方は、お鍋の具材として牛肉、豚肉、鶏つくねとして食べてもおいしいでしょう。
そして、肉団子は、比較的安価で購入出来、大きさによってはボリュームも出る為、経済的な家庭料理の材料としても、重宝すると言われています。
肉団子は、幅広い世代に人気があり、色々な料理に使っても飽きが来ないのが魅力です。

肉団子の保存方法

肉団子は、どうやって保存したら良いのでしょうか。
肉団子の材料になるのは挽肉ですが、挽肉は空気に触れている部分が多い分、酸化して悪くなりやすいので、購入した日に調理するか、冷凍保存するのが良いと言われています。
そして、肉団子が食べきれなかった場合には、1度肉団子に火を通してから冷凍する事で、お弁当などに入れる事も出来るので、重宝するそうです。
もちろん、肉団子を調理する前に冷凍するという方法もありますが、この場合には、その後の調理が自宅での調理に限られるのが、デメリットになるでしょう。
ちなみに、調理済みの肉団子を冷蔵保存する場合には、3日以内に食べきった方が良いそうです。

肉団子の種類

肉団子には、どんな種類があるのでしょうか。
肉団子は、大きくわけて牛肉、豚肉、鶏肉の種類があり、お肉の種類によって合わせる野菜や、調理方法が異なると言われています。
牛肉の肉団子と言えば、ミートボールとしてケチャップや、ソースで食べる事も出来るので、肉団子の中でも、1番ポピュラーな種類だと言えるでしょう。
そして、豚肉の肉団子は、お鍋に入れたり、メンチカツとして揚げてもおいしいと言われています。
鶏肉になると、他の肉団子に比べて脂が少ない分、鍋やスープなど、茹でて食べるメニューにオススメです。
肉団子と一言で言っても、使う具材によって、調理方法は大きく異なるのです。

肉団子の有名産地

肉団子の産地では、どこが有名なのでしょうか。
肉団子は、世界中で沢山の食べ方がされている世界的な料理の1つです。
日本では、牛肉の肉団子をミートソースや、ケチャップなどに付けて食べたり、鶏肉や豚肉などの肉団子をつくねをして、鍋に入れる事も多いのですが、中国では、肉団子をスープに入れたり、中華あんをかけて食べられる事がよくあります。
そして、アメリカでは、肉団子をトマトソースと一緒に煮込んで、スパゲティと一緒に食べる事が多いですし、オランダでは、合い挽き肉を揚げてからトマトソースと合わせて食べられています。
肉団子は、シンプルで作りやすい分、どんな料理にも合うと言えるでしょう。

肉団子の価格目安

肉団子の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
肉団子に使われるお肉は、切り落とし肉などが多いため、価格も安いものが多いと言われています。
一般的なスーパーでは、牛肉の肉団子が100g100円~120円ほどで販売されている事が多く、豚肉になると、100g80円~100円、100g鶏肉は60円~80円ほどが価格の目安だと言えるでしょう。
そして、しゃぶしゃぶやお鍋の具材として、専門店で肉団子を注文すると、1人前350円~500円ほどになると言われています。
もちろん、和牛や黒豚、地鶏など、高級なお肉の種類では、肉団子の価格もさらに高くなりますが、一般的には、このくらいの値段が相場です。

肉団子の栄養と効能

肉団子には、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
これは、肉団子の材料になるお肉の種類によって異なります。
まず、牛肉の肉団子は、豚肉の2倍以上の鉄分を含んでおり、タンパク質も多い為、貧血気味の方には効能があると言われています。
そして、豚肉の肉団子には、疲労回復に効果のあるビタミンB1が豊富に含まれており、ネギと合わせて摂取する事で、ビタミンB1の吸収率を上げる効果があるそうです。
さらに、鶏肉の肉団子は、消化吸収に優れている上、カロリーが少ない為、ダイエット中の女性でもヘルシーに、高タンパク質を摂取出来ると言われています。

肉団子のおいしい見分け方

肉団子は、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
自宅で肉団子を作る場合には、肉団子の材料になる牛肉、豚肉、もしくは鶏肉を購入する必要がありますが、いずれのお肉も新鮮さが重要だと言われています。
すでに挽肉になっている牛肉は、酸化して少し黒ずんでいるものも多いのですが、出来るだけ、赤みが強いお肉を選んだ方が良いそうです。
豚肉や鶏肉の場合も、ピンク色がキレイに出ているお肉を選ぶのがオススメで、鮮度の悪いお肉は、若干白っぽくなってくるので、注意が必要です。
そして、挽肉の中には、牛肉のスジや、固い骨の部分が入っている事も、たまにあるので、あまりお肉全体がごつごつしているものは、購入を避けた方が良いでしょう。