茶油がわかる!その魅力とは

茶油の魅力とは何でしょうか。
茶油の魅力は、お茶の種子から作られている分、ヘルシーで、生で飲んでも良し、ドレッシングにしても良し、揚げ物や炒め物に使っても良いのが魅力だと言われています。
茶油には、油の分解を助けるオレイン酸、リノール酸が豊富に含まれているだけでなく、ホルモンバランスを整え、老化防止にも効果のあるビタミンEが豊富に含まれているそうです。
そして、茶油は、酸化しにくいという特徴があるため、料理用の油として使っても、油が傷みにくく、どんな料理にも使えるのが大きな魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、茶油はクセが少なく、油自体もサラサラしているのも、料理の味を引き立てるポイントだと言われています。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油の保存方法

茶油にも、保存方法のコツがあるのでしょうか。
「油は湿気や熱に弱いので、保存にも注意が必要!」と言われる事もあるのですが、茶油は、数ある油の中でも、酸化しにくい油だと言われています。
酸化しにくいと言う事は、開封から数ヶ月たっても、そこまで鮮度が変わらないという事ですし、揚げ油としても、数回使う事が出来るそうです。
また、サラダのドレッシングなど、生食として使う場合にも、常温で保存して問題ありませんし、冷蔵庫などで冷やすと、冷蔵庫内の湿気が茶油を傷めてしまうという事もあると言われています。
その為、茶油は常温で保存するのが基本で、開封から半年以内に使い切るのが良いそうです。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油の種類

茶油には、どんな種類があるのでしょうか。
お茶の葉なら、葉っぱの種類だけでも、かなりの数のお茶に分類されるのですが、茶油の場合は、お茶の種子を使って作られている油なので、お茶の種類によって、茶油が分けられる事はほとんど無いと言われています。
実際に、茶油に使われているお茶の種子のほとんどは、海外から輸入した物で、静岡県など、お茶の産地と言われる地域のお茶の種子は、数が少なく、茶油を作るだけの量が確保出来ないそうです。
ごく一部では、国内産のお茶の種子だけを使った、茶油も販売されているようですが、国内産のお茶の生産量自体が少ないため、大きなメーカーでは販売されていないと言われています。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油の有名産地

茶油の産地では、どこが有名なのでしょうか。
国内でもあまり販売されていない茶油ですが、そんな茶油の産地として有名なのは、中国だと言われています。
中国には、様々なお茶の種類があるだけでなく、その生産量も多いため、日本の企業が中国に工場を造り、現地で加工した茶油を日本で販売する事が多いそうです。
国内でも、お茶は栽培されていますが、国内産のお茶は、生産量が少なく、質が高い分、価格も上がってしまうので、純正の茶油を作るなら、やはり中国で作った方が、効率が良いと言われています。
しかし、中国茶の評価は世界的にも高いので、メーカーよっては、かなり上質の茶油を入手出来るでしょう。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油の価格目安

茶油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
お茶の実から絞った油で作られる茶油は、国内でも一部でかなりの人気があると言われていますが、価格は、普通の油と比べると、比較的高めだと言われています。
茶油の価格は、1リットルで2000円~3500円ほどで、サラダ油などに比べると、3倍~4倍高いのですが、その分、油に含まれている健康成分が多く、健康的な油と言われることもあるそうです。
ただ、茶油は、調理油としてというよりも、健康の為に生のまま飲むのが一般的で、最近では、茶油を使ったサプリメントも販売されていると言われています。
価格は高くても、茶油を使う価値は高いそうです。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油の栄養と効能

茶油には、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
茶油は、お茶の種子から絞った油と言う事もあり、健康的な栄養成分が豊富に含まれている事だと言われています。
茶油には、オレイン酸やリノール酸が多く含まれているため、ある程度の量を摂取しても、油の分解を助けてくれる効果があるそうです。
そして、茶油には、一般の油以上にビタミンEが多く含まれていると言われています。
ビタミンEは、気持ちをリラックスさせるだけでなく、身体の筋肉の緊張を緩める効果がありますから、肩こりや腰痛などにも、効果があるそうです。
大量に油を摂取するのは肥満の元になりますが、茶油の場合には、適量を日常的に摂取する事が健康につながると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 茶油

茶油のおいしい見分け方

茶油というと、お茶の葉から作られている油だと考える方も居るようですが、実際には、お茶の種子から作られている油です。
その為、お茶の葉なら、どんな地方のお茶の葉かによって、おいしさを判断出来る事も多いのですが、茶油という商品でおいしさを見分けるのは難しいと言われています。
茶油自体、ネットなどでもあまり出回っていませんし、紅茶の入れ方のように、「正しい茶油の使い方」というのもありません。
というのも、茶油は、酸化しにくい油なので、生食でも調理用として使っても、料理に合いやすく、用途を選ばないのが、茶油の魅力だと言われる事もあります。
ただ、国内産のお茶の種子にこだわった茶油は、香りも良く、おいしいそうです。

投稿日: カテゴリー 茶油