落花生の保存方法

「落花生を大量にもらってしまって困ってる!」と言う方が時々いらっしゃいますが、落花生って、どんな風に保存するのが良いのでしょう。
落花生の保存方法は、生の殻付きのものなら、ジップロックの袋に入れて日の当たらない場所に保存するか、茹でてジップロックで密封してから、冷凍保存するのが良いでしょう。
落花生の風味が落ちてしまう原因としてあげられるのが湿気ですから、湿気が無く涼しい所なら部屋の中で保存しても半年程は食べる事が出来ます。
冷凍保存する場合には、食べる前に、フライパンでから煎りしてから食べると、落花生の香りと食感が増すのでオススメです。
食感が命の落花生ですから、その食感を失わないように保存する事が大切です。

落花生の種類

元々南米から生まれた食材である落花生は、世界で数千もの種類が有るようですが、日本では約9種類ほどが栽培されています。
千葉半立ち(ちばはんだち)という落花生の種類は、その名の通り千葉県で生まれた品種で、国内落花生としてはもっとも古く、歴史のある落花生として知られています。
千葉半立ちは、風味が強く国内産落花生の中では、一番高級な落花生なんだとか。
そして、中手豊(なかてゆたか)という品種も千葉生まれですが、千葉半立ちに比べると、かなりさっぱりした味わいが特徴です。
さらには、茹で落花生用に改良された郷の香(さとのか)、炒り豆用の改良半立ち(かいりょうはんだち)など、その用途によっても種類が異なります。

落花生の有名産地

国内産落花生の産地と言えば、千葉県です。
なんと、国内で収穫される落花生の約80%が、千葉県産の落花生で、その次に落花生の生産量が多いのが、茨城県で、全体の約10%ほど。
そう考えてみると、国内落花生生産量全体の約8割を占める千葉県産の落花生ってすごいですよね。
しかし、近年では、安価で味も悪くない中国産の落花生が市場のほとんどを占めており、国内の落花生生産量は、年々減ってきているようです。
国内で消費される落花生の約9割が、外国からの輸入品というのは、ちょっと悲しいですよね。
海外産の落花生より、国内産の落花生の方が値段は張りますが、風味が強く、食感が良いのが特徴です。

落花生の価格目安

おつまみや、ちょっとしたおかずには欠かせない落花生。
そんな落花生の価格は、落花生の産地によって異なります。
まず、スーパーなどで一番多く出回っている中国産の落花生の場合、200gの袋入りで、約300円~500円ほどです。
しかし、国内産の落花生になると、その値段は倍ほどに跳ね上がり、千葉さんの落花生で、200g700円~1000円ほどです。
「日常のおつまみとして食べる落花生だから、そんなに高いものは買えない!」というのが大方の意見のようで、千葉県民ですら、千葉産の落花生ではなく、中国産の落花生を食べているのが普通です。
国内産の落花生は、地方のお土産として購入する人が大半です。

落花生の栄養と効能

「落花生ってカロリーが多いから、あまり健康には良くなさそう」と思っていませんか。
実はそんな事無いんです。
落花生には、脂肪分が含まれていますが、これは身体に負担を与えない植物性のもの。
むしろ、落花生の脂質に含まれるオレイン酸、リノール酸が、コレステロールを減らす役割をしているのだとか。
そして、落花生に含まれるビタミンEが、がん、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を予防する役割まで果たしているのです。
さらには、落花生には脳の神経細胞を活発にするレシチンという栄養分が含まれているため、痴呆予防、記憶力アップにも効果的です。
昔から、薬剤として使われてきた落花生は、現代人の身体にも役立ってくれる事間違いなしです。

落花生のおいしい見分け方

おいしい落花生を見分ける時には、どんな事をポイントにしたら良いのでしょう。
殻を取ってピーナッツになった状態のものと、落花生は殻付きのもので別れます。
ピーナッツの状態になっているものは、加工する段階で質の悪いものが取り除かれていますが、殻付きのものは開けた時に中が空っぽだったり、中のピーナッツが黒ずんで傷んでいる事もあります。
落花生は殻を割ってみないと、中の状態が分からないため、殻を割った時に色が変色しているものは食べるのを避けましょう。
逆に、ピーナッツの色が綺麗なクリーム色で、形も良く、重みがあるものが、おいしい落花生と言えるでしょう。
ちなみに、形が多少悪くても、味に問題は有りません。

落花生がわかる!その魅力とは

落花生の魅力ってなんでしょうか。
落花生は、ビールのおつまみにするにも超お手軽で有りながら、クセになるシンプルな味が魅力です。
落花生自体、味付けがあっても塩や、七味が普通ですから、なにか特別な味付けをしているわけでもないのに、逆にそのシンプルさが食べているうちに止まらなくなるものです。
さらに、落花生に含まれる栄養分は、老化防止に有効です。
「落花生はカロリーが高い!」ということはよく知られていますが、落花生に含まれる油分は、植物性の油なのでコレステロール値が高い人にも、安心して食べる事が出来るのです。
昔から、栄養が豊富な食べ物として知られている落花生は、現在もそのシンプルさと栄養の多さで人気の高い食材です。