行者にんにくの食べ方

行者にんにくを食べる前には、どんな下準備が必要なのでしょうか。
行者にんにくの下準備は、とても簡単で、そこまで手間もかからないと言われています。
行者にんにくの茎には、赤い薄皮がかかっているので、指でその薄皮を剥きます。
赤っぽい薄皮の中には、土や虫が入っている事がよくあるので、しっかりと全て取り除いてから、水でよく洗うのが良いでしょう。
その後は、行者にんにくをしょうゆ漬けにしたり、炒め物に入れたり、生のままでかじっても良いのですが、保存する場合には、冷蔵庫ではなく、冷凍庫に入れた方が、行者にんにくが傷みにくいと言われています。

行者にんにくの栽培

行者にんにくは、自分でも栽培できるのでしょうか。
行者にんにくの栽培用の苗は、販売されているので、家庭菜園でも栽培を始める事は可能です。
行者にんにくは、涼しい地域の方が良く育つので、あまり温暖な土地での栽培は向きませんが、植え付けの際に10センチほどに深植えをすれば、ある程度は対丈夫だと言えるでしょう。
また、行者にんにくは、1度収穫した土地だと、続けて育てる事が出来ないので、収穫から3年は、同じ土地で育てないと言う事が大切です。
ちなみに、行者にんにくの栽培用の苗は、1000円ほどで購入する事が出来ると言われています。

行者にんにくの簡単な定番レシピ

行者にんにくの簡単なレシピはなんでしょうか。
行者にんにくは、生のままでも食べる事が出来るので、一番簡単なのは、生の行者にんにくに味噌やマヨネーズを漬けて食べる事ですが、少し行者にんにくの香りを活かすなら、炒め物にするのもオススメです。
行者にんにくの葉っぱと茎を5センチほどに切って、豚のバラ肉をフライパンで炒め、焼き色がついてから、行者にんにくを加えます。
行者にんにくが少し柔らかくなったら、醤油、塩を加えて出来上がりです。
好みで胡椒をいれる方もいますが、行者にんにく本来の甘みや香りを活かすなら、胡椒は入れない方が良いでしょう。

行者にんにくのカロリー

行者にんにくには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
行者にんにくは、100gあたり、34カロリーほどが含まれています。
行者にんにくの束は、1束50gあたりなのですが、その場合には、カロリー数も17カロリーと少ないので、ダイエット中の方にもオススメです。
また、行者にんにくの調理法も、焼いたり、漬けたり、生食も出来ますから、その点では、色々なバリエーションが楽しめると言えるでしょう。
ちなみに、行者にんにくは、ビタミンCの量がとても多く、疲労回復にも効果があるので、最近すこし疲れ気味の方にも、オススメの食材です。

行者にんにくがわかる!その魅力とは

行者にんにくの魅力とはなんでしょうか。
行者にんにくの魅力は、栄養素が多く、場所によっては、自然の物を収穫出来る事だと言われています。
行者にんにくは、昔から北海道などで食べられていた山菜のひとつで、強いにんにく臭がするだけでなく、にんにくに負けないぐらいの豊富な栄養素を含んでいる食材です。
この行者にんにくには、ビタミンB1やアリシンなどを豊富に含んでおり、食べる事で、血圧の上昇を抑えたり、視力の低下を予防する効果があると言われています。
また、北海道では、野生の行者にんにくが群生している地域もあるので、自分で山菜採りが出来るのも、行者にんにくの魅力だと言えるでしょう。

行者にんにくの保存方法

行者にんにくは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
行者にんにくは、収穫後に漬け物にするのが良いと言われています。
行者にんにくの瓶詰めは、漬け物の中でも比較的簡単ですし、長持ちするため、一人暮らしの方でも、使いやすいのです。
ただ、さらに長期保存をする場合には、一度、行者にんにくを茹でてから、袋などに入れて保存すれば、必要な時に取り出して使うのに便利だと言われています。
行者にんにくは、野菜の中でも、保存が利くのですが、出来るだけ新鮮なうちに調理や加工をした方が、香りや栄養分も強く残るため、おいしいと言われています。

行者にんにくの種類

行者にんにくは、にんにくの仲間なのでしょうか。
行者にんにくは、山菜の一種で、にんにくよりも、ネギ科の野菜だと言えるでしょう。
この行者にんにくは、昔から北海道のアイヌ民族の中で、多く食べられていた食材なので、現在でも、「アイヌネギ」と呼ばれる事があるようです。
ただ、行者にんにくには、強いにんにく臭があり、実の部分は、らっきょうに似ていますから、どの部類に位置づけるかは難しいと言えるでしょう。
そして、行者にんにくは、海外でも生息していますが、香りがあまりにも強い為、食用とされる事は少なく、ヨーロッパに至っては、おまじないに使われる事が多いと言われています。

行者にんにくの有名産地

行者にんにくの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
行者にんにくは、昔から北海道などで食べられていた山菜のひとつですが、現在では、北海道だけでなく、岩手や福島などの東北で収穫される事が多いと言われています。
行者にんにくは、4月~5月頃が、特においしい時期なので、その時期には、ネットなどでも、行者にんにくの通信販売が盛んに行われていると言えるでしょう。
ちなみに、行者にんにくの食べ方も地方によって異なり、漬け物にする場合もありますし、生の行者にんにくを味噌に付けてそのままかじったり、ジンギスカンに焼いた行者にんにくを合わせる地域もあると言われています。

行者にんにくの価格目安

行者にんにくの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、行者にんにくの本体か、栽培用の苗かによって異なります。
まず、行者にんにくは、山菜のひとつですが、食用の物になると、100gあたり800円ほどすると言われています。
行者にんにくは、自生している物を収穫する事も出来るのですが、場所によっては、あまり収穫出来ないため、価格も高めになっているそうです。
また、行者にんにくの苗の価格は、1鉢分で1000円ですが、こちらは手がかかる分、大きな行者にんにくが、いくつか収穫出来る事が多いと言われています。
家庭菜園をやっている方には、行者にんにくの栽培もオススメです。

行者にんにくの栄養と効能

行者にんにくには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
行者にんにくには、硫化アリルが豊富に含まれています。
硫化アリルというのは、たまねぎにも含まれている成分で、たまねぎを切った時に、目を痛くさせる成分としても知られているようです。
この硫化アリルを摂取すると、血液に含まれる脂肪の酸化を防止してくれるため、血液がキレイになり、内蔵脂肪を燃やしてくれるという効果もあるのです。
さらに、行者にんにくには、抗酸化作用のあるカロチンや、便秘解消に有効な食物繊維、美肌や疲労回復に役立つビタミンCも、他の野菜類よりも沢山含まれている食材だと言われています。

行者にんにくのおいしい見分け方

行者にんにくは、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
行者にんにくは、野生でも群生している場合がありますが、あまり山菜採りになれていないなら、収穫を控えた方が良いと言われています。
というのも、行者にんにくには、毒が無いのですが、葉っぱのみが生えている場合には、毒性の強いバイケイソウ、イヌサフランなどとの見分けがとても難しいのです。
花が咲いている場合には、行者にんにくの見分けがつきやすいのですが、実際にバイケイソウや、イヌサフランなどを間違って食べて、中毒症状が出る方も多くいるので、山菜採りの場合にも、十分注意した方が良いでしょう。