豚の角煮がわかる!その魅力とは

豚の角煮の魅力とは何でしょうか。
豚の角煮の魅力は、ちょっとしたおかずや、おつまみとしても応用が効き、割と安い食材を使って、料理が出来る事だと言われています。
豚の角煮の角煮に使われる豚肉は、脂が多く、しっかりと調理しないとお肉が固い分、価格が安いというメリットがあります。
その為、安い豚肉をまとめ買いして、1回にたくさんの豚の角煮を作ってしまうのもオススメです。
ただ、豚の角煮は、お肉が柔らかくなるまでに、かなりの時間がかかるため、昔から「手間のかかるごちそう」と言われてきた料理です。
その為、すぐに作れるお手軽料理ではないのが、豚の角煮のデメリットだと言えるでしょう。

豚の角煮の保存方法

豚の角煮を作り過ぎてしまった場合には、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
豚の角煮の保存方法は様々ですが、豚の角煮を保存する場合には、お肉と汁を一緒に保存する方と、お肉と汁をわけて保存する方に別れるようです。
お肉と汁を一緒に保存する事で、お肉の乾燥を防ぐ事が出来るというメリットがありますが、温め直した時に汁が減ってしまうというデメリットもあります。
逆に、汁とお肉をわけて保存すると、汁が減ったり、お肉が悪くなりにくいというメリットがありますが、解凍時にお肉がパサついて感じる方も居るようです。
豚の角煮は、すぐに食べるなら冷蔵保存でも問題ありませんが、1週間以上先になるなら、冷凍保存がオススメです。

豚の角煮の種類

豚の角煮には、他にも種類があるのでしょうか。
一般的に、豚の角煮には、中国のものと、日本のもの、そして、沖縄のものの3種類があります。
中国の豚の角煮は、日本で一般的に食べられている豚の角煮に比べると、更新料などを加える事が多く、使う醤油の種類も、味の濃い中国醤油が多いと言われています。
そして、沖縄の豚の角煮は、「ラフテー」と呼ばれている沖縄郷土料理の1つで、皮付きの三枚肉を使って調理され、味付けも、一般的な豚の角煮よりも甘い事が多い事が多いようです。
さらに、他の種類の角煮では、牛肉の角煮や、マグロの角煮もあるのですが、脂身の多さや、材料費の安さを比較すると、豚の角煮の人気が1番だと言われています。

豚の角煮の有名産地

豚の角煮には、有名な産地などがあるのでしょうか。
豚の角煮という料理自体は、中国で生まれたものだと言われていますが、日本国内でも、沖縄の郷土料理「ラフテー」として、豚の角煮が有名です。
しかし、ラフテーは、一般的な豚の角煮と比べると、材料も、味付けも異なる為、国内本土の豚の角煮の産地としては、鹿児島の方が有名だと言われています。
鹿児島は、豚肉の産地としても有名ですし、現地の黒豚を使った豚の角煮は、ネットなどで通信販売されているほどの人気があります。
もちろん、豚の角煮に必要な材料は、全国どこでも手に入るのですが、時には、豚の角煮に使う豚肉の種類を変える事で、また違った味が楽しめるでしょう。

豚の角煮の価格目安

豚の角煮の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
一般的に、豚の角煮は、各家庭で作られる事が多いのですが、居酒屋などで豚の角煮を注文した場合の価格は、1人前500円~600円ほどだと言われています。
1人前といっても、小皿に豚の角煮が2つほど乗っているくらいなので、お腹がいっぱいになるような量ではありませんが、豚の角煮は、脂身が強い分、このくらいの量が、外で食べるにはちょうどいいと言えるでしょう。
そして、通販などで豚の角煮を購入する場合の価格は、500g2500円~3500円ほどで、家族4人で食べても、1回半ほどの食事の量になるそうです。

豚の角煮の栄養と効能

豚の角煮には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
まず、豚の角煮に使われる豚肉には、スタミナを付けたり、疲労回復に有効なビタミンB1が豊富に含まれています。
そして、ネギやたまねぎなどと一緒に摂取する事で、ビタミンB1の吸収を助ける事が出来るため、角煮の具にネギを使うのをオススメします。
ただ、豚の角煮には、沢山の脂身が含まれているため、たまに食べる分には良いのですが、あまり食べ過ぎると肥満の原因になるので注意が必要です。
豚肉の脂は、コレステロールに影響する事がないのですが、身体に蓄えられる脂肪分としては同じなので、たまに食べるくらいがちょうどいいのです。

豚の角煮のおいしい見分け方 

自分でおいしい豚の角煮を作る場合には、どんな事に注意したら良いのでしょうか。
まず、豚の角煮は、安い豚のバラ肉を使うのですが、このバラ肉を選ぶ時には、ただ安いものではなく、お肉と脂がキレイに乗っているものを選ぶのが良いと言われています。
そして、豚の角煮は、最初の味付けを薄めにした方が良いと言われています。
豚肉は、長時間煮込む内に、お肉や野菜にじっくりと味がしみて行くものですから、最初から濃い味付けにしてしまうと、出来上がりにかなり塩辛くなってしまうのです。
さらに、豚の角煮は、調理に時間がかかる料理なので、圧力鍋を使う事で、ガス代の節約になると言われています。