酢豚がわかる!その魅力とは

酢豚の魅力とは何でしょうか。
酢豚の魅力は、1品でお肉、野菜、果物の栄養を全て摂取出来る事だと言われています。
酢豚は、その名の通り、豚肉や、たまねぎ、人参、パイナップルをお酢で調理する料理で、1品だけで、タンパク質やミネラル、ビタミン類まで、バランスよく摂取出来るそうです。
もちろん、炒め物にパイナップルを入れるのは、ひとによって好き嫌いが別れるため、誰にでも好かれる料理ではありませんが、栄養面ではかなり優れた料理だと言えるでしょう。
そして、酢豚は、自宅でも簡単に作る事が出来るため、あまり料理に慣れていない方でも、手作り酢豚を楽しめるのが、大きな魅力だと言われています。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚の保存方法

酢豚を食べきれなかった時には、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
基本的に、酢豚は、しっかりと火が通っている料理なので、3日以内に食べられるのであれば、冷蔵保存でも問題はありません。
ただ、夏場の時期や、次に酢豚を食べるのが1週間以上先になる場合には、タッパーなどに入れて冷凍保存するのがオススメです。
そして、コンビニや、お弁当屋さんで購入した酢豚の場合は、やはりすぐに食べきった方が良いと言われています。
市販されている酢豚は、調理してから日が経っていないものの、冷蔵で保存されるのが一般的なので、食べきれなかった場合にも、2日以内に全て食べきってしまった方が良いでしょう。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚の種類

酢豚には、種類の違いがあるのでしょうか。
酢豚は、料理のひとつなので、調理法に違いはほとんどありませんが、豚肉のどの部位を使うかによって、味にも違いが出てくると言われています。
まず、酢豚には、豚の赤身が使われている場合も多いのですが、赤身を使うと、豚肉を揚げた時に、お肉が硬くなってしまう事が多いため、少し脂の多い肩ロースや、モモ肉を使うのがいいそうです。
そして、ブロック肉を使うのも良いのですが、ブロック肉だと、お子様や、お年寄りが食べにくい事が多いと言われています。
そして、酢豚にパイナップルを入れたり、ケチャップ風味にするかなども、家庭によって異なるそうです。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚の有名産地

酢豚の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
酢豚は、元々中華料理の1つで、現在でも中国で幅広く食べられていると言われています。
ただ、日本国内では、やはり豚肉とお酢がおいしい地域が、酢豚の産地としても知られており、その中でも1番有名なのが鹿児島県です。
鹿児島県は、黒豚の産地として有名なだけでなく、健康にも効果が高い黒酢も全国に販売している為、酢豚を調理するには、おいしい材料が整っている地域だと言えるでしょう。
もちろん、材料があれば、酢豚は、どこでも調理する事が出来ますが、やはり素材がおいしければ、その分、酢豚のおいしさも広がると言われています。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚の価格目安

酢豚の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、酢豚を食べるお店によって異なります。
まず、一般的なファミリーレストランや、リーズナブルな中華料理店での酢豚の値段は、1人前1300円~2000円ほどと言われており、ご飯なども付いている分、1品でお腹いっぱいになるでしょう。
そして、コンビニや、持ち帰りのお弁当屋さんでは、酢豚のお弁当も500円~700円ほどで販売されている事が多いようです。
もちろん、高級な中華料理店などで、酢豚を食べる場合には、1人前3000円ほどする事が多いのですが、中華料理は数人前まとめて頼むのが一般的なので、さらに値段が高くなると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚の栄養と効能

酢豚には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
まず、酢豚に使われているお酢は、血液をサラサラにして、疲れを取ってくれる効果があると言われています。
そして、酢豚に使う豚肉は、少し脂の多いロース肉やモモ肉を選ぶのがオススメで、コレステロール値を下げる効果のある豚の脂と、たまねぎを合わせる事で、さらにビタミン類の吸収に効果があると言われています。
そして、ピーマンや人参には、滋養強壮に有効なビタミンAが豊富に含まれており、たけのこには、お腹の調子を整える食物繊維が沢山含まれているので、便秘気味の方にも、効能があると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー 酢豚

酢豚のおいしい見分け方

酢豚には、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
基本的に、酢豚は、中華料理の中でもポピュラーな料理のひとつなので、外で酢豚を食べる場合に、あまりハズレに当たる事は無いと言われています。
もちろん、酢豚は、コンビニのお弁当から、ファミレス、本格的な中華料理店まで、様々な飲食店で出されているメニューですから、基本的には、中華料理店で食べた方がおいしい酢豚を味わえると言えるでしょう。
そして、自宅で酢豚を作る場合には、赤身の豚肉よりも、少し脂肪分の多いモモ肉や肩バラ肉などを使うと、揚げた時にも、お肉が柔らかく仕上がるので、試してみるのがオススメです。

投稿日: カテゴリー 酢豚