野沢菜の食べ方

野沢菜には、どんな食べ方があるのでしょうか。
野沢菜の食べ方は様々で、野沢菜の本場である長野県では、野沢菜漬けを炒め物にする事もよくあるそうです。
野沢菜は、塩分だけでなく、酸味もある為、そのままごま油とフライパンで軽く炒めるだけで、香ばしさが増して、おかずとしても、おつまみとしても食べやすくなると言われています。
もちろん、野沢菜の栽培が盛んな地域では、生の野沢菜を買ってきて、自宅で野沢菜漬けを作る事もよくある為、作る家庭によって、野沢菜漬けの味わいも異なると言えるでしょう。
野沢菜漬けが好きな方なら、自宅で作ってみるのもオススメです。

野沢菜の栽培

野沢菜は、自分でも栽培出来るのでしょうか。
野沢菜は、低温に強い野菜なので、比較的、霜が立つような寒冷地の方が、栽培に向いていると言われています。
野沢菜の種まきのシーズンは、10月頃行い、霜が3回ほど立ってから、3~4センチ間隔で、種をまき、肥料も少しまく事で成長を助ける効果があるそうです。
野沢菜は、元々カブの仲間なので、育ってくると、カブのような野沢菜の白い身がつき始めます。
しかし、この身の部分は、食べないため、常に葉と茎を育てる事に集中しましょう。
野沢菜の収穫時期は、3月頃で、冷え込んだ年の方が、おいしい野沢菜が出来ると言われています。

野沢菜の簡単な定番レシピ

野沢菜は、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
野沢菜は、野沢菜漬けとして加工されている事が多いので、普段は漬け物として食べるのが一般的です。
しかし、野沢菜漬けの種類によっては、塩分が強く感じる事もあるので、その場合には、一度、野沢菜を塩抜きして、みりん、砂糖、ダシ、醤油で煮詰めると、おかずとしてもおいしく食べられるそうです。
また、塩抜きした野沢菜を、和風パスタの具材として使うと、シャキシャキ感が新鮮で、おいしく仕上がると言えるでしょう。
さらに、野沢菜を細かく刻んでチャーハンにすると、塩抜きしなくても、塩分がちょうど良く感じられると言われています。

野沢菜のカロリー

野沢菜には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
野沢菜は、100gあたり、18カロリーが含まれています。
もともと水分の多い野菜ですから、カロリー自体も低めだと言えるでしょう。
ただ、野沢菜は、漬け物として食べる事が多い分、カロリーよりも塩分に注意が必要です。
小さな小皿に一杯くらいの量なら問題ないのですが、野沢菜は、ご飯とも良く合いますし、お酒のおつまみにすると、けっこうな量を知らないうちに食べてしまうので、注意した方が良いでしょう。
もちろん、野沢菜には、ビタミンCや葉酸などが含まれていますから、女性の体には優しい食品だと言われています。

野沢菜がわかる!その魅力とは

野沢菜には、どんな魅力があるのでしょうか。
野沢菜の魅力は、同じ漬け物でも、漬け方の違いで、沢山のバリエーションを楽しめるだけでなく、栄養分も高い事だと言われています。
まず、野沢菜は、長野県を中心に栽培されている野菜で、特に野沢菜漬けの材料として使われています。
この野沢菜漬けには、浅漬け、本漬け、時漬けなど、いくつかの種類があり、この漬け方の違いによって、味わいが異なり、食べやすさも変わるのが特徴です。
また、野沢菜には、ビタミンCやカルシウム、食物繊維なども含まれている為、疲労回復、美肌効果、イライラ解消、骨の強化、整腸効果など、様々な効能があると言われています。

野沢菜の保存方法

野沢菜は、どんな風に保存するのがいいのでしょう。
市販されている野沢菜は、すでに漬け物として加工されている為、冷蔵保存していれば、基本的にも問題はありません。
ただ、未開封の場合には、3ヶ月ほどは保存が可能な野沢菜ですが、開封後は、早めに使いきった方が良いと言われています。
野沢菜を開封したら、タッパーなどに移して、空気に触れる時間を短くする必要があります。
開封後は、出来れば10日以内に食べきった方が良いと言われており、口に付けたお箸を付けると、さらに悪くなりやすいので注意が必要です。
ちなみに、自宅で作った野沢菜漬けは、1ヶ月以内には食べきった方が良いでしょう。

野沢菜の種類

野沢菜には、どんな種類があるのでしょうか。
野沢菜は、国内でも、そこまで沢山の品種があるわけではありませんが、加工方法は、いくつかに別れていると言われています。
一番、野沢菜漬けの中で一般的なのが、野沢菜の浅漬けで、緑色が濃く、味がさっぱりしているのが特徴です。
そして、冬の時期になると、野沢菜の本漬けが出される事が多く、色も茶色で、味がしっかりとしみているのが、ポイントだと言えるでしょう。
また、自宅で作るなら、野沢菜の時漬けが簡単で、野沢菜と塩昆布、唐辛子、調味料などがあれば、すぐに出来るのが特徴です。
長野県では、自宅で野沢菜を加工する家庭も多いと言われています。

野沢菜の有名産地

野沢菜の産地は、どこが有名なのでしょうか。
野沢菜は、主に長野県の野菜です。
長野県では、野沢菜の栽培だけでなく、野沢菜漬けも物産品として、とても重要ですし、信州菜と呼ばれるほど、長野県の野菜として親しまれています。
元々、野沢菜は、株の一種で、中国から伝わった野菜なのですが、気温差の激しい長野県は、野沢菜の栽培にとても合っていると言えるでしょう。
長野県の食堂では、野沢菜がお通しに出される事も多いですし、東京でも販売はされている物の、そのほとんどが長野県産だと言われています。
ちなみに、同じ長野県の野沢菜でも、浅漬け、本漬け、時漬けなどの種類があるそうです。

野沢菜の価格目安

野沢菜は、いくらぐらいが、価格目安になるのでしょうか。
これは、商品によっても異なりますが、一般的に袋に入って売られている野沢菜は、300gで250円ほどだと言われています。
もちろん、一般のスーパーでは、もっと安く販売している場合もあるのですが、長野の野沢菜など、人気の地方の場合には、300gで300円弱になるのが一般的でしょう。
野沢菜は、長野県のお土産としても人気で、販売元によって、あじわいも大きく異なるため、奥深い漬け物だと言われています。
ちなみに、野沢菜には、浅漬け、本漬け、時漬けなど、いくつかの種類が販売されているそうです。

野沢菜の栄養と効能

野沢菜には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
野沢菜は、ビタミンK、ビタミンCが豊富に含まれていると言われています。
ビタミンKは、免疫力を上げる効果があるため、風邪予防、がん予防にも効果的です。
また、野沢菜に含まれるビタミンCも、疲労回復、美肌効果があるため、日常的に摂取する事で、美容効果も高くなると言われています。
さらに、野沢菜には、カリウムなども含まれているため、筋肉の動きをスムーズにしたり、内蔵の機能を高めると言えるでしょう。
ただ、野沢菜は、漬け物で食べる分、塩分も強いので、食べ過ぎには、注意が必要だと言われています。

野沢菜のおいしい見分け方

野沢菜には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
長野県を中心に栽培されている野沢菜ですが、生の加工をしていない状態の野沢菜は、茎がしっかりしていて、葉の色も濃い物を選ぶのが良いと言われています。
野沢菜漬けは、茎のシャキシャキ感が命ですから、茎がフニャッとしている物は、漬け物にしても、歯ごたえが少ないと言えるでしょう。
ただ、市販されている野沢菜は、すでに漬け物として加工されている事が多く、メーカーによって、味わいも異なるので、その点では、人の好みによって別れると言われています。
どこの野沢菜が口に合うかどうかも、色々な種類を試してみないと分からないのです。