青じそ(大葉)の食べ方

青じそ(大葉)には、特別な食べ方の決まりがあるのでしょうか。
青じそ(大葉)は、生食でも食べられる食材なので、下準備自体は、そこまで必要ないと言われています。
基本的に、青じそ(大葉)は、10枚の束で販売されており、基本的に食べるのは葉っぱの部分だけなので、食べるまえに、茎は切っておいた方が良いでしょう。
ただ、青じそ(大葉)には、小さな虫がついていたり、汚れている場合もあるので、食べる前には、1枚1枚しっかりと水で洗った方が良いそうです。
また、青じそ(大葉)は、刻んで薬味にしてもおいしいですし、そうめんのトッピングとして使う方も多いと言われています。

青じそ(大葉)の栽培

青じそ(大葉)は、家庭菜園で育てられる野菜の中でも、人気が高いと言われています。
青じそ(大葉)の種まきは、4月ごろで、成長が早いため、5月から10月頃までには、収穫出来るそうです。
ただ、湿度が低いと、青じそ(大葉)の葉っぱが乾燥して、しおれてしまうので、あまり長い間放置しておくのは良くないと言われています。
特に、青じそ(大葉)は、葉っぱが大きくなりすぎると、葉っぱ全体の風味が落ちてしまう事も多いので、家庭菜園を始めた場合には、少し小さめでも若いうちに摘み取ってしまった方が良いでしょう。
ちなみに、収穫後は、冷蔵庫に保存して、1週間以内には、食べきった方が良いと言われています。

青じそ(大葉)の簡単な定番レシピ

青じそ(大葉)は、どんな風に料理するのが定番なのでしょうか。
青じそ(大葉)は、基本的に、お刺身のつまや、薬味として使われる事が多いのですが、料理に入れる事がふんわりと香りがつくため、揚げ物や焼き物として使われる事も多いようです。
例えば、ちくわの周りに青じそ(大葉)を巻いて、揚げ物にしたり、刻んでから餃子の具材として入れても、おいしいと言えるでしょう。
また、マリネのトッピングとして加えても、ひと味違った味わいになる為、オススメです。
青じそ(大葉)は、夏前がおいしい時期で、夏バテを解消する効果もありますから、旬の時期には、沢山食べた方が良いと言われています。

青じそ(大葉)のカロリー

青じそ(大葉)には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
青じそ(大葉)は、一枚の重さがほとんど無く、カロリーもとても少ないと言われています。
青じそ(大葉)1枚のカロリーは、0.2カロリーと、ほぼ無いと言って良いですし、スーパーなどで販売されている10枚入りの青じそ(大葉)でも、全部で2カロリーほどです。
しかし、青じそ(大葉)には、タンパク質や、カロチンなどが含まれており、血糖値を下げたり、老化防止にも効果があると言われています。
また、青じそ(大葉)には、食中毒を防止する効果もある為、お刺身などには毎回使うようにした方が良いでしょう。

青じそ(大葉)がわかる!その魅力とは

青じそ(大葉)の魅力とは何でしょうか。
青じそ(大葉)の魅力は、独特の香りだと言えるでしょう。
青じそ(大葉)は、香りが強く、薬味として使われる事が多いのですが、幅広い世代に好かれる香りなので、様々な場面で、料理の応用が利く事だと言われています。
そして、青じそ(大葉)には、タンパク質、ビタミンA、カルシウムなどが豊富に含まれているため、肌や髪、骨の生成を促す効果がありますし、消毒作用もあるので、お刺身などに合わせて食べると、お腹を壊しにくいと言えるでしょう。
刻んでトッピングにしたり、お肉に巻いて焼いたりと、バリエーションを楽しめる為、青じそは、人気が高いと言われています。

青じそ(大葉)の保存方法

青じそ(大葉)は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
青じそ(大葉)は、乾燥しやすい野菜のひとつなので、鮮度を保つ為には、十分な水分量が必要になります。
スーパーなどでは、青じそ(大葉)が束で販売されている為、購入後も冷蔵保存すれば良いのですが、乾燥が気になる場合には、パックから出して、新聞紙に包んでから冷蔵庫に入れると、湿気を保ちやすいと言われています。
ただ、青じそ(大葉)は、日にちが経つとしおれてきたり、シワシワになってくるので、その点では、早めに食べきってしまう事が一番です。
また、トッピングに使う場合には、千切りにして、タッパーで保存するのも良いでしょう。

青じそ(大葉)の種類

青じそには、どんな種類があるのでしょうか。
私達が青じそと呼んでいるのは、青じそ(大葉)の事で、主に刺身のつまや、天ぷら、薬味などに使われています。
そして、他の種類のしそとなると、色が赤くなる事が多く、一般にも有名な赤じそは、梅干や紅ショウガの着色料などに使われる事が多いようです。
また、青じそと大葉の違いが分からないという方もいるのですが、先ほども述べた通り、青じそと大葉は同じ物だと言えるでしょう。
ちなみに、しそは、葉の部分を食べる事も多いのですが、実の部分も加工されて、赤穂しそとして、料理のあしらいとして使われる事が多いと言われています。

青じそ(大葉)の有名産地

青じそ(大葉)の産地と言えば、どこの地方が有名なのでしょうか。
青じそ(大葉)は、元々中国から伝えられた野菜のひとつで、中国での収穫量が多いのですが、国内では、群馬県、愛媛県、高知県、北海道などで収穫される事が多いようです。
特に、群馬県は、青じそ(大葉)だけでなく、赤じその名産地としても有名で、気温差の大きい地域の方が、しそは育ちやすいと言われています。
ただ、最近では、青じそ(大葉)を家庭菜園で栽培する方も増えてきており、簡単に始められるキットも販売されているので、初めて家庭菜園に挑戦する方でも、簡単に青じそ(大葉)の栽培が出来るでしょう。

青じそ(大葉)の価格目安

青じそ(大葉)の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
青じそ(大葉)は、1束80円~100円ほどが目安だと言われています。
もちろん、これは種類によっても異なり、一般的なスーパーでの価格は100円ほどでも、無農薬で育てられた青じそ(大葉)は、一束180円~200円ほどが相場になると言われています。
また、青じそと赤じその価格も異なり、青じそに比べると、赤じその方が、価格も少し高めになると言えるでしょう。
しかし、青じそ(大葉)は、育てるのも簡単なので、最近では家庭菜園で青じそ(大葉)を栽培する方も増えてきていると言われています。

青じそ(大葉)の栄養と効能

青じそ(大葉)には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
青じそ(大葉)には、まず、消毒効果があると言われています。
青じそ(大葉)は、お刺身と一緒に出される事が多いのですが、これは、青じそ(大葉)が、生魚などに含まれる殺菌を、腸内で消毒してくれる為で、青じそを食べる事で、食あたりを起こしにくい効果があるのです。
また、青じそ(大葉)は、血糖値の上昇を防ぎ、血液を下げる効果があると言われています。
さらに、青じそ(大葉)は、老化防止や、肌の改善効果もある為、夏前の時期に食べる事で、つかれにくい体を作り、日焼けに負けない肌になると言えるでしょう。

青じそ(大葉)のおいしい見分け方

青じそ(大葉)は、どこを見れば、おいしさを見分けられるのでしょうか。
青じそ(大葉)は、新鮮なものほどおいしいと言われているため、購入する前には、鮮度が良いかどうかをチェックしましょう。
おいしい青じそ(大葉)は、葉の緑色が濃く、表面がみずみずしいため、色がくすんでいるものや、葉がかさついているものは、購入を控えた方が良いそうです。
また、傷んだ青じそ(大葉)の中には、白い斑点がついている物もあるため、これも注意した方が良いでしょう。
ちなみに、青じそ(大葉)の切り口がみずみずしいと、鮮度も高く、おいしいと言われています。