鮭の食べ方

生の鮭と言えば、塩焼きやホイル焼き、煮物などにも使われる事が多いのですが、鮭の干物の場合には、どんな風に食べたら良いのでしょうか。

鮭の干物は、かなり固いので、包丁などで切るのが難しく、出来るなら、業者に頼んで厚さ2ミリ~4ミリほどにスライスしてもらうのが良いでしょう。

出刃包丁があれば、2センチほどにスライスする事も出来ますが、かなり力が必要になるので、男性でないと難しいと言われています。

そして、鮭のスライスが出来たら、グリルで焼き色を付けてから食べるとおいしく、日本酒に浸して食べるのも、お酒のおつまみに最適だと言えるでしょう。

なかなか食べる事の無い鮭の干物ですが、かなり味わい深い一品だと言われています。

投稿日: カテゴリー

鮭の漁

鮭の漁は、どのように行われるのでしょうか。

これは、地域によっても異なりますが、北海道の根室地方では、立網漁や地曳き網漁などが一般的です。
立網漁とは1時間ほど海の中に網を張っておいて、魚のエラやヒレがそこに絡まり着く事で、漁を行う方法で、地曵き漁とは、300メートルほどの細長い網を海に沈めた状態で船を動かし、網にかかった魚を獲るという漁法です。

そして、十勝地方の場合には、立て網漁、流し網漁を海で行う事が一般的で、その地域によっても両方は大きく異なると言えるでしょう。

ちなみに、北海道の原住民であるアイヌは、マレクというカギモリを使って、鮭漁を行っていたと言われています。

投稿日: カテゴリー

鮭の簡単な定番レシピ

鮭の定番レシピと言えば、「鮭のホイル焼き」です。

2人前に必要な材料は、生鮭4切れ、しめじ60g、しいたけ4枚、エリンギ4本、にんにく4分の1片、ブイヨン大さじ6、マヨネーズ大さじ4、たまねぎ1個、バター60g、塩こしょう少々、みじん切りパセリ大さじ1です。

調理法は簡単で、ホイルの中に、鮭、キノコ類、にんにく、タマネギ、バター、調味料類の順番で入れていき、オーブンで20分ほど加熱するだけです。

特に、脂の乗っている秋鮭は、ホイル焼きにするとおいしいと言われており、調理法もすごく簡単なので、すぐに実践できるのも大きな魅力だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鮭のカロリー

鮭のカロリーは、どのくらいなのでしょうか。

鮭のカロリーは、100gあたり、130カロリーから、200カロリーほどだと言われています。

鮭の塩焼きの場合には、1切れが100gほどの重さになり、白鮭は比較的カロリーが低く、脂の乗った銀鮭は、カロリーも高くなると言えるでしょう。

ただ、カロリーが高くても、鮭に含まれる脂は、体のコレステロールを分解する効果のある良い脂身ですから、ダイエット中の方でも、気にせずに食べる事が出来ます。

ちなみに、健康的な食材である鮭ですが、塩焼きの場合には、塩分が強くなりすぎる事もあるので、カロリーだけでなく、塩分にも注意が必要だと言われています。

投稿日: カテゴリー

鮭がわかる!その魅力とは

鮭の魅力とは何でしょうか。

鮭の魅力は、まずその料理のバリエーションの多さです。
朝食に出される鮭と言えば、鮭の塩焼きですが、鮭の煮物や、揚げ物、そして、鮭フレークなど、鮭1匹で、様々な味が楽しめるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

さらに、鮭は、身だけでは無く、筋子やいくらなど、内蔵系の味も楽しめるのが大きなポイントです。

そして、鮭には、豊富な栄養分が含まれているため、日常的に食べる事で、生活習慣病の予防や、ボケ防止などの効果もあるのが魅力だと言えるでしょう。

ちなみに、成長して海を渡ってからも、生まれた川に帰ってくる鮭の生き方は、子供たちの自然学習の教材にもなっています。

投稿日: カテゴリー

鮭の保存方法

鮭は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。

まず、新鮮な鮭を購入から2日以内に食べきれる場合には、鮭の水気を良く拭き取って、冷蔵庫で表面が乾燥しないようにペーパータオルをかけて保存します。

また、食べるのが1週間以上先になる場合には、1切れづつ切った状態でラップなどに包み、密閉してから冷凍庫に保存するのが良いでしょう。
解凍する時は、冷蔵庫で自然解凍すると、魚の繊維が崩れにくく、風味が落ちにくいと言われています。

さらに、長期で保存する場合には、鮭の味噌漬けにするという方法があり、味噌漬けにした場合には、冷蔵庫で10日ほど、冷凍庫で1ヶ月半ほどの長期保存が出来るそうです。

投稿日: カテゴリー

鮭の種類

鮭には、どんな種類があるのでしょうか。

日本国内で、一番多く獲れる鮭は、「白鮭」という種類です。
この白鮭は、日本の河川からオホーツク海、カムチャッカ、ベーリング海、アラスカ湾などを渡って、また日本に戻ってくる種類で、特に北海道や東北で多く獲られている種類だと言われています。

そして、キングサーモンも有名な種類で、サケ科の中でも、かなり大型で体調は1メートルほどになると言われています。
キングサーモンは、特にアラスカやカナダなどで獲られる事が多く、価格も比較的安いので、食卓に並ぶ事も多いと言えるでしょう。

ちなみに、マスやヤマメもサケ科の魚で、食べられる事の多い種類だと言われています。

投稿日: カテゴリー

鮭の価格目安

鮭の価格は、どのくらいが目安になるのでしょうか。

鮭の価格は、産地や時期などによって大きく異なります。
一般的に、値段が高いと言われているのが、国産の鮭の中でも、北海道産の鮭で、1キロあたりの値段は、2000円~3000円ほどだと言われています。

特に、脂の乗っている冬の鮭の価格は、他の時期のものに比べると高いと言えるでしょう。

そして、比較的スーパーなどでも安価で販売されているのが、チリ産、アラスカ産などの鮭で、1キロあたりの値段は1000円ほどだと言えるでしょう。

もちろん、産地によっても鮭の味は大きく異なるので、色々な地域原産の鮭を楽しんでみるのがオススメです。

投稿日: カテゴリー

鮭の栄養と効能

鮭には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。

鮭は、魚の種類の中でも、特に消化に良い種類で、豊富なタンパク質やDHAを含んでいると言われています。

タンパク質は、筋肉や皮膚を強くするのに欠かせない栄養分ですし、DHAは、血中コレステロールを抑えて、動脈硬化や高血圧を予防する効果があります。
さらに、DHAには、脳の細胞を活性化させる効果もあるため、ボケ防止の効果も期待できるそうです。

そして、鮭に含まれる天然色素には、がん予防などの効果があり、生活習慣病の予防にも重要だと言われています。

朝食に1切れの鮭を食べるだけでも、たくさんの健康効果が得られるようになると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鮭のおいしい見分け方

おいしい鮭は、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。

まず、鮭を一匹で購入する時には、目の色が透き通っている物を選ぶのが良いと言われています。
鮮度が落ちると、鮭の目はどんどんくすんでくるので、初めての人でも見分けやすいポイントだと言えるでしょう。

そして、切り身で購入する場合には、身の色がきれいな物、みずみずしい物を選ぶのが良いそうです。
ピンクとオレンジが混ざったようなキレイな色をしている身は、鮮度が高くおいしいと言われていますし、身が乾燥していないと言う事も選ぶ上では重要だと言えるでしょう。

ただ、鮮度が落ちてくると、パックの中に血が溜まる事があるので、それは購入を控えた方が良いそうです。

投稿日: カテゴリー