鯛の栄養と効能

鯛には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。

鯛には、豊富なタンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、D、E、カリウム、亜鉛などが含まれています。

その為、体力、筋力、免疫力向上効果だけでなく、血液サラサラ効果や貧血予防、胃腸を守る効果も高いため、お酒のおつまみにするのもオススメで、食べ過ぎ、飲みすぎにも効果があると言えるでしょう。

さらに、ボケ防止や、動脈硬化防止など、生活習慣病の防止にも効果があるそうです。

鯛は毎日食べられる魚ではありませんが、時々食べるだけでも、体には健康効果を期待できる食材だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯛の保存方法

鯛は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。

鯛を1匹丸ごと保存する場合には、エラと内蔵、ウロコを取ってから水気を拭き取り、ラップで包んでから冷凍すれば1ヶ月ほどは持つと言われています。

ウロコは取らなくても良いのですが、先に取ってから冷凍した方が解凍して調理する時に楽なようです。

また、生のまま冷凍すると、その後、焼き魚にした時に身が乾燥してしまうため、塩焼きにしてから冷凍するのも1つの方法だと言えるでしょう。

ちなみに、冷蔵保存の場合には、長くても購入から3日以内には食べきった方が良いと言われています。

投稿日: カテゴリー

鯛のおいしい見分け方

鯛のおいしさはどこで見分けたら良いのでしょうか。

まず、鯛といえば、30センチ~1メートル以上になるものまで、サイズにも幅があるのですが、一番身が締まっていて風味のバランスが良いのが40センチぐらいのサイズだと言われています。

そして、鮮度の高い鯛の目は、濃い青紫色に澄んでいて、鮮度が落ちてくるに連れて輝きが無くなり、目がくぼんでくると言えるでしょう。

また、傷がなく、嫌な臭いがしないと言うのもポイントで、養殖のものの場合には、ヒレに傷がついている場合もあるので、出来るだけ傷の少ない物を選ぶのが良いそうです。

投稿日: カテゴリー

鯛の魅力

鯛の魅力とは何でしょうか。

鯛の魅力は、幅広い料理に使う事が出来るだけでなく、風味がさっぱりしている事だと言われています。

鯛は、刺身、焼き魚、煮物、鍋物、カルパッチョなど様々な料理に使う事が出来るため、1匹の鯛料理が2、3品出来るのが大きな魅力です。

また、鯛はサッパリとした味わいなので、初めての方でも食べやすく、カロリーが低いため、ダイエット中の方にもオススメで、釣り人にとっても色々な釣り方が出来る鯛釣りの世界は奥深いと言えるでしょう。

さらに、鯛には、免疫力向上、動脈硬化防止、ボケ防止、血液サラサラ効果なども期待できるため、体にも優しい食材だと言われています。

投稿日: カテゴリー

鯛の価格目安

鯛の価格はいくらぐらいが目安になるのでしょうか。

尾頭付きの鯛一匹の値段は大きさによって異なり、小さな物(1人~2人前(だと3000円~、中くらいの物(4~5人前(で5000円~、大きな物(6~7人前)になると7000円~が目安になるようです。

ただ、鯛は身の部分をお刺身にした後も、頭と骨の部分を鍋料理や汁物、鯛飯に使う事も出来ますから、その点でも、料理に使える量は多いと言えるでしょう。

ちなみに、サイズが50cm越えの特大サイズは1万円~と言われていますが、親戚で集まる時には、見た目にも豪華なのでオススメです。

投稿日: カテゴリー

鯛のウロコを取る方法

鯛は、下準備としてウロコを取り除く必要がありますが、あまり慣れていない方だと、うまくウロコが取れない場合もあるそうです。

生の鯛の場合には、熱湯に通してから、冷水で熱を取り、ウロコを魚でするように取ると、生の状態でやるよりも簡単にウロコが取れるのでオススメです。

また、ウロコをバーナーで軽く焼くという方法もありますが、一般家庭では少し難しいので、熱湯に通すやり方の方が簡単だと言えるでしょう。

ちなみに、大根の切れ端で鯛のウロコを取るという方法もあり、魚料理を多くする人の場合には、色々なポイントを知っている事が多いようです。

投稿日: カテゴリー

鯛の食べ方

鯛には、どんな食べ方があるのでしょうか。

これは、鯛の種類によって異なりますが、一般的には、刺身、焼き魚、酒蒸し、煮物、カルパッチョ、鍋、鯛飯など、幅広いメニューに使える食材です。

鯛の魅力は、骨が大きいため、身と骨を分けやすいだけなく、身が柔らかく風味が強いのが特徴で、サッパリとしたお刺身から、煮物までどんな調理法にも相性が良いといえるでしょう。

また、味わいがシンプルな分、調理方法も簡単で、身は刺身、頭と骨は味噌汁や鍋物に使うなど、1匹で2度3度楽しめる味わいが魅力です。

ちなみに、鯛には、豊富なビタミン群、亜鉛、カルシウムなども含まれているため、幅広い世代にオススメの食材だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯛のカロリー

鯛には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。

これは、鯛の種類、天然、養殖かによっても異なります。

まず、天然の真鯛の場合には、100gあたり142カロリーが含まれており、養殖の真鯛の場合には、194カロリーが含まれています。

黒鯛の場合には、100gあたり150カロリーが含まれており、いずれの場合にも、調理するとさらにカロリーが上がると言えるでしょう。

ヘルシーに鯛を食べるなら、お刺身が一番かもしれませんが、身の部分はお刺身にして、他の部分をお味噌汁や鍋のだしに使うと、栄養分も漏れなく摂取できるのでオススメです。

投稿日: カテゴリー

鯛の有名産地

鯛の産地は、どこが有名なのでしょうか。

鯛の産地としては、瀬戸内海が有名で、石川県の漁獲量が多いと言われています。
また、愛知県、長崎県、福岡県でも、鯛の漁獲量は多く、養殖ものの場合には、三重県も多いと言えるでしょう。

養殖の鯛は、脂が乗っていて柔らかいのですが、天然物は身が締まっていて風味が強いのが魅力なのだそうです。

鯛には、色々な種類があり、種類によって釣り方なども異なるため、釣り人にとっては奥深い魚だと言われています。

季節によっても、流通する種類が異なるので、料理のレパートリーの多さも、鯛の大きな魅力だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯛の簡単な定番レシピ

子供からお年寄りまで幅広い世代に好かれる鯛の定番レシピといえば、鯛飯です。

4人分の材料は、鯛1匹、米3合、粗塩少々、調味料として、水お好み、酒大さじ1、醤油大さじ1、ダシの素大さじ1、炒りごま大さじ1、生姜の千切り少々です。

鯛はウロコを取ってから綺麗に洗い、お米は洗ってから水につけて、そこに調味料を加え、一番上に鯛と生姜を乗せて、炊飯器で炊き上げます。

炊きあがったら、鯛の身をほぐして全体に混ぜ合わせて出来上がりです。

鯛の身をほぐす前に骨を取り除けば、お子様やお年寄りでも安心して食べられるといえるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯛の種類

高級食材として知られている鯛には、24種類あると言われています。

その中でも、特に有名なのが真鯛、黒鯛、金目鯛で、真鯛は一般的な物で、30cm~60cm、大きなもので80cm~120cmにもなる種類で、刺身や焼き魚、煮物、鯛飯、カルパッチョなど、幅広いレシピに使われています。

そして、黒鯛は、地域によって、色々な釣り方があるため、釣り人に人気の高い種類で、刺身として食べるのがおいしいと言われています。

また、金目鯛は脂が多く乗っているため、煮物に使われる事が多い種類で、特に冬の時期には価格が上がると言えるでしょう。

鯛の魅力は、それぞれの種類によっても大きく異なると言われています。

投稿日: カテゴリー