鯨の栄養と効能

鯨肉には、どんな効能があるのでしょうか。

鯨肉には、動脈硬化を防ぐ効果が普通の魚の10倍あると言われているだけでなく、牛肉や鶏肉よりも低カロリーで高タンパクなのが大きな魅力だと言われています。

鯨肉には、脂分がたくさん含まれていますが、これはコレステロールや血圧を下げる体に良い脂で、たくさん食べても胸やけしにくいと言えるでしょう。

また、鯨肉に含まれるDHAは頭が良くなる栄養素としても知られており、ボケ防止の効果も高いと言われています。

現在では、食べられる事が少なくなった鯨肉ですが、鯨肉は健康的でエネルギーを与えてくれる食材だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の保存方法

鯨肉は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。

鯨肉は、テーブルの上に長時間出しているだけでも、表面が乾燥して鮮度が落ちてしまう食材なので、食べきれない場合には、ジップロックなど密封できる袋に入れて冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。

冷蔵保存の場合には、最長でも3日以内に食べきるようにしましょう。

すぐに食べきれないと言う時には、冷凍保存する方法もありますが、その場合は自然解凍するだけでなく、再冷凍はしない方が良いそうです。

また、すでにスライスしてある鯨肉の場合には、風味を落とさないためにも、カットした日に食べきるのが良いでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨のおいしい見分け方

鯨肉は、どこでおいしさを見分けられるのでしょうか。

おいしい鯨肉は、スジが少なく、キメが細かいのがポイントで、表面にもツヤがあると言われています。

キメが細かい鯨肉は、食べた時の食感が良く、お刺身でも食べやすいと言えるでしょう。

また、鯨肉の部位も重要で、鯨肉の舌の部分にあたりサエズリは、高級食材として扱われており、脂肪が多く、口の中で溶けるほどだと言われています。

さらに、鯨肉の尾びれの付け根の部分であるオノミも、霜降りの高級部位として扱われており、刺身だけでなく、ステーキにしてもおいしいそうです。

ちなみに、表面がパサパサしているものは、鮮度が落ちているので避けた方が良いでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の魅力

鯨肉の魅力とはなんでしょうか。

鯨の魅力は、栄養分が豊富でダイエットにも効果が高い事だと言われています。

鯨肉には、豊富なタンパク質、コラーゲン、DHAなどが含まれており、強い筋肉、美しい肌を作るだけでなく、ボケ防止、集中力アップなどの効果が期待できると言われています。

ただ、鯨の販売量、購入量が落ちている分、鯨肉をスーパーで見かける事も少ないのが現状で、日常暮らしていて鯨肉を口にする機会がほとんどありません。

昔は、普通の魚よりも鯨肉が安かったのですが、これは鯨の乱獲を行っていたためで、捕鯨に対する反発も多い現在では、鯨肉の魅力を広めるのも難しいと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の価格目安

鯨の価格はいくらぐらいが目安になるのでしょうか。

鯨の価格は、昔に比べるとかなり高くなっていると言われており、鯨ベーコンの価格も100gあたり1000円から、と言われており、小さな鯨の缶詰も、160gあたり500円ほどと加工品でも価格は高いと言えるでしょう。

これは、鯨の捕獲量自体が少ないだけでなく、遠くの海まで捕鯨しにいくコストがカバーできない、また鯨油など、昔は売れていた物が、今では売れないなどが理由に挙げられます。

鯨料理専門店のコースも1人前1万円からですから、鯨料理を食べる機会もほとんどないと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の獲り方

捕鯨は、どのように行われているのでしょうか。

捕鯨は日本で歴史の長い漁の1つで、江戸時代には、湾に鯨を追い込んで小舟から鯨に向かって複数のモリを投げて、それによる出血で鯨が衰弱するのを待つと言うのが、一般的な捕鯨法でした。

海外でも、十分な捕鯨の設備がなかった時代には、追い込み漁でモリを使って、鯨を捕らえる事が多く、大きなクジラの血で海岸線が赤く染まるという光景が普通だったようです。

ただ、一部の国を除いて、世界全体が捕鯨に反対する流れが強く、日本に関していえば、調査を目的とした捕鯨が今でも続けられています。

昔に比べると、鯨が食肉として出回る事が少なくなったのも、捕鯨に関する海外からの批判や全体数の減少が理由に挙げられるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨な食べ方

鯨には、どんな食べ方があるのでしょうか。

鯨と言えば、竜田揚げが有名ですが、新鮮な鯨肉はお刺身で食べる事も出来ますし、海外では、鯨をステーキにして食べる事もあるようです。

鯨肉は、火が通りやすいので、バターでさっと炒めても良いですし、鯨肉を使った「ハリハリ鍋」も、クジラのうま味がしみ出るのでオススメです。

また、鯨のベーコンやジャーキー、塩クジラなども販売されており、加工法も幅広いと言われています。

昔は、鯨の竜田揚げが給食で出る事もありましたが、今では、鯨の食べ方を知らない、鯨を食べた事がないという人も多いと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の簡単な定番レシピ

鯨の定番レシピと言えば、鯨の竜田あげです。

4人分の材料は、鯨の赤身300g、リンゴ4分の1、タマネギ4分の1、生姜1片、にんにく1片、漬け汁(濃口醤油65cc、みりん50cc、日本酒15cc、砂糖小さじ1)、片栗粉とレモン少々です。

まず、鯨肉を厚さ3ミリほどに切って、タマネギ、リンゴ、生姜、にんにくをすり下ろして、1の調味汁を合わせます。

そこに鯨肉を40分ほど漬け込んでからザルにあげて水気を取り、キッチンペーパーで抑えてから片栗粉をまぶして、中温の油で30秒~1分ほどさっと揚げて、お皿に盛りつけてレモンをかけたら出来上がりです。

投稿日: カテゴリー

鯨のカロリー

鯨肉には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。

鯨肉には100gあたり、106カロリーほどが含まれています。

牛肉のカロリーが100g300カロリー、鶏のささみでさえ100gあたり240カロリーほどになりますから、どれだけ鯨肉が低カロリーな食材かがよくわかるでしょう。

実際に、鯨肉は、牛肉、鶏肉、豚肉よりも高タンパクの低カロリーで、動脈硬化を防ぐ効果のある鯨肉独特の油には、普通の魚の約10倍の効果があると言われています。

現在では、なかなか手に入らない鯨肉ですが、お肉本来の栄養バランスは非常に高いと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー

鯨の有名産地

鯨の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。

国内の鯨の産地と言えば、宮城、房総、高知県などが有名です。

房総というと都心からも近い千葉県で、鯨が捕れると言うのを知らない人も多いのですが、房総半島では鯨料理を振る舞うレストランも多く、鯨に関するお土産物などもたくさん販売されているそうです。

また、高知県では、カツオが有名ですが、鯨も比較的たくさん捕られている地域で、鯨ベーコンの加工も盛んだと言えるでしょう。

ちなみに、海外では、ノルウェーやアイスランドで鯨が多く獲られており、鯨の消費量も、ノルウェーが世界一だと言われています。

投稿日: カテゴリー

鯨の種類

鯨には、どんな種類がいるのでしょうか。

鯨には、大きく分けてヒゲクジラとハクジラの2種類に別れます。

まず、ヒゲクジラとは、小魚やプランクトンを大きな口を開けて捉えた後、口にあるヒゲで海水を外に放出し、残った魚を食べる種類です。

一般に、潮を吹くクジラは、この食べ方で海水だけを外に出している時の状態だと言えるでしょう。

そして、もう一方のハクジラは、魚(イカなど)を鋭い歯で噛んで食べるタイプの鯨で、大型の鯨も、ヒゲクジラが10種類、ハクジラが3種類見つかっています。

ちなみに、アザラシなどを食べるシャチも、ハクジラの一種だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー