うどんの栄養と効能

うどん

うどんの原料は、小麦粉と強力粉と塩なので、うどんの麺に含まれている栄養分はそこまで多くないようです。
もちろん、小麦粉にはエネルギー源となるタンパク質、炭水化物が含まれているので、お腹が空きにくい成分と言えるでしょう。
特にタンパク質や炭水化物は、筋肉や血液を作るのに欠かせない成分です。
うどんの麺自体にはあまり多くの栄養成分が含まれていない物の、うどんには様々な調理法があるため、それらの具材によっては、かなりたくさんの栄養が摂取出来ます。
煮込みうどんに含まれている野菜や、山菜うどんの山菜、天ぷらの魚介類など、その栄養分も大きく異なるので、うどんはかけよりも何かしら具の入っている物が良いでしょう。